業績

2010年

英文論文

  • Ohki T, Tateishi R, Goto E, Sato T, Masuzaki R, Imamura J, Goto T, Kanai F, Kato N, Shiina S, Yoshida H, Kawabe T, Omata M. Influence of anti-HBc seropositivity on the risk of hepatocellular carcinoma in HCV-infected patients after adjusting for confounding factors. J Viral Hepat 2010;17:91-7.
  • Hasegawa K, Kokudo N, Shiina S, Tateishi R, Makuuchi M. Surgery vers radiofrequency ablation for small hepatocellular carcinoma: Start of a randomized controlled trial (SURF trial). Hepatol Res 2010;40:851-2.
  • Arii S, Sata M, Sakamoto M, Shimada M, Kumada T, Shiina S, Yamashita T, Kokudo N, Tanaka M, Takayama T, Kudo M. Management of hepatocellular carcinoma: Report of Consensus Meeting in the 45th Annual Meeting of the Japan Society of Hepatology (2009). Hepatol Res 2010;40:667-85.
  • Omata M, Lesmana LA, Tateishi R, Chen PJ, Lin SM, Yoshida H, Kudo M, Lee JM, Choi BI, Poon RT, Shiina S, Cheng AL, Jia JD, Obi S, Han KH, Jafri W, Chow P, Lim SG, Chawla YK, Budihusodo U, Gani RA, Lesmana CR, Putranto TA, Liaw YF, Sarin SK. Asian Pacific Association for the Study of the Liver consensus recommendations on hepatocellular carcinoma. Hepatol Int 2010;4:439-74.
  • Tsujino T, Sasahira N, Hirano K, Tateishi R, Isayama H, Tada M, Shiina S, Yoshida H, Kawabe T, Omata M. Endoscopic management of biliocutaneous fistula after percutaneous radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma. Dig Endosc 2010;22:53-5.
  • Goto E, Tateishi R, Shiina S, Masuzaki R, Enooku K, Sato T, Ohki T, Kondo Y, Goto T, Yoshida H, Omata M. Hemorrhagic complications of percutaneous radiofrequency ablation for liver tumors. J Clin Gastroenterol 2010;44:374-80.
  • Sai JK, Suyama M, Kubokawa Y, Matsumura Y, Inami, Watanabe S. Efficacy of camostat mesilate against dyspepsia associated with non-alcoholic mild pancreatic disease J. Gastroenterol 2010;45:335-41.
  • Inami K, Abe M, Takeda K, Hagiwara Y, Maeda M, Segawa T, Suyama M, Watanabe S, Hino O. Antitumor activity of nati-C-ERC/mesothejin monoclonal antibody in vivo. Cancer Sci 2010;101:969-74.
  • Sai JK, Suyama M, Kubokawa Y, Matsumura Y, Inami K, Watanabe S, Kirino E. Identification of cerebral response to balloon distention of the bile duct. WJG 2010;16:1772-5.

国際学会発表

  • Arano T, Nakagawa H, Yoshida H, Tateishi R, Uchino K, Enooku K, Goto E, Masuzaki R, Kondo Y, Goto T, Shiina S, Omata M, Koike K. Association between serum adiponectin level and the risk for hepatocarcinogensis in chronic hepatitis C patients: Is hypoadiponectinemia really a risk factor? American Association for the Study of Liver Diseases Annual Meeting 2010, Boston, USA, 2010
  • Goto T, Tateishi R, Yoshida H, Sato M, Mikami S, Arano T, Uchino K, Enooku K, Goto E, Nakagawa H, Asaoka Y, Kondo Y, Shiina S, Koike K. Prolonged survival in patients with biochemical response to interferon-based therapy after curative treatment of HCV-related hepatocellular carcinoma. 7th Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL) Single Topic Conference, Chiba, Japan, 2010
  • Kojima K, Otsuka M, Takata A, Yoshikawa T, Kato N, Tateishi R, Shiina S, Yoshida H, Omata M, Koike K. MicroRNA-122, a liver-specific microRNA, is a key regulator for bridging the clinical phenomena between alpha-fetoprotein expression and biologically malignant phenotype in hepatocellular carcinoma. American Association for the Study of Liver Diseases Annual Meeting 2010, Boston, USA, 2010
  • Masuzaki R, Tateishi R, Shiina S, Yoshida H, Nakagawa H, Arano T, Uchino K, Enooku K, Goto E, Kondo Y, Goto T, Sugioka Y, Ikeda H, Omata M, Koike K. Prospective risk assessment for hepatocellular carcinoma recurrence by transient elastography after curative radiofrequency ablation. 45th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver, Wien, Austria, 2010
  • Uchino K, Tateishi R, Shiina S, Arano T, Enooku K, Goto E, Masuzaki R, Nakagawa H, Kondo Y, Goto T, Omata M, Yoshida H, Koike K. Clinical features of advanced hepatocellular carcinoma with extrahepatic metastasis. 45th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver, Wien, Austria, 2010
  • Shiina S (Chairman). Luncheon Seminar. How should we use Sonazoid-enhanced sonography for liver cancer treatment? 12th International Symposium on Ultrasound Contrast Imaging, Tokyo, Japan, 2010
  • Sai JK, Suyama M, Matsumura Y, Inami K, Takahashi Y, Maruki J, Ishii S. Efficacy of camostat mesilate against dyspepsia associated with non-alcoholic mild pancreatic disease based on the rosemont criteria. Joint Meeting of the International Association of Pancreatology and the Japan Pancreas Society 2010, Fukuoka, Japan, 2010/7/13
  • Shiina S. Radiofrequency ablation (RFA) for hepatocellular carcinoma (HCC). 9th International Conference of the Asian Clinical Oncology Society (ACOS), Gifu, Japan, 2010/08/25

和文論文

  • 増崎亮太、後藤絵理子、建石良介、椎名秀一朗、小池和彦、小俣政男:【内科治療ピットフォール】 肝胆膵 肝癌 ラジオ波療法 経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)に伴う出血性合併症に注意する 内科 2010;106;1110-2.
  • 増崎亮太、後藤絵理子、建石良介、椎名秀一朗、小池和彦、小俣政男:【内科治療ピットフォール】肝胆膵 肝癌 ラジオ波療法 RFA後の再発では乏血性腫瘍の多血化に注意する 内科 2010;106:1113-4.
  • 後藤絵理子、椎名秀一朗、小俣政男、小池和彦:【肝癌治療とDPC】DPC導入後のラジオ波焼灼療法(RFA)における治療戦略 消化器内科 2010;51:282-6.
  • 増崎亮太、建石良介、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、後藤絵理子、中川勇人、近藤祐嗣、五藤忠、杉岡陽介、池田均、椎名秀一朗、吉田晴彦、小俣政男、小池和彦:【非侵襲的肝病態評価法の進歩】C型肝炎患者におけるファイブロスキャンを用いた肝発癌予測 消化器内科 2010;50:462-7.
  • 長谷川潔、國土典宏、建石良介、椎名秀一朗、幕内雅敏:肝癌の局所治療 手術とRFAは本当に同等か? 優劣の実証 SURF trialの構想 The Liver Cancer Journal 2010;2:33-40.
  • 椎名秀一朗、建石良介、後藤絵理子、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、中川勇人、増崎亮太、近藤祐嗣、五藤忠、吉田晴彦、小池和彦、金井文彦:肝癌の局所治療 手術とRFAは本当に同等か? 同等の傍証 自験例と全国データ The Liver Cancer Journal 2010;2:26-31.
  • 椎名秀一朗、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、後藤絵理子、中川勇人、増崎亮太、近藤祐嗣、建石良介、五藤忠、吉田晴彦、小池和彦:【多様化する転移性肝癌の治療選択】 大腸癌肝転移に対するラジオ波焼灼術(RFA) 消化器内科 2010;50:64-71.
  • 椎名秀一朗、増崎亮太、近藤祐嗣、建石良介、五藤忠、小池和彦:【肝癌診療のアルゴリズム2010】肝癌の治療 肝癌に対するラジオ波焼灼術(RFA) 臨床消化器内科 2010;25:459-64.
  • 増崎亮太、椎名秀一朗、建石良介、後藤絵理子、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、中川勇人、近藤祐嗣、五藤忠、杉岡陽介、池田均、吉田晴彦、小俣政男、小池和彦:【造影超音波は臨床を変えるか】肝臓疾患に対する造影超音波 肝癌治療支援 肝細胞癌ラジオ波焼灼療法におけるソナゾイド造影超音波検査の有用性 肝・胆・膵 2010;60:409-16.
  • 椎名秀一朗、後藤絵理子、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、中川勇人、増崎亮太、近藤祐嗣、建石良介、五藤忠、吉田晴彦、小池和彦:Sonazoid Case Study 造影超音波の臨床動向 ソナゾイドによる治療支援の有用性 肝がんのRFA治療支援 ソナゾイド造影超音波ガイド下穿刺等(VOL.02) 転移性肝腫瘍のRFA治療 ソナゾイド造影超音波による治療支援の有用性の観点から INNERVISION 2010;25:87-90.
  • 松村祐志、須山正文、崔仁煥、窪川良廣、神谷尚則、渡辺純夫:局所進行膵癌に対するGemcitabine(GEM)とS-1同時併用化学放射線療法 -第I相臨床試験- 膵臓 2010;25:109-16.
  • 守慶、窪川良廣、崔仁煥、須山正文、信川文誠:胆嚢腺筋腫症に合併した胆嚢癌の臨床病理学的検討 胆道 2010;24:675-82.
  • 畑中健、蒔田富士雄、大塚敏之、岩科雅範、壁谷建志、小林光伸、東郷望、柏原賢治:初発15cmの巨大HCCおよび術後の副腎転移に対して切除により長期生存が得られた1例 Liver Cancer 2010;16:135-43.
  • 矢田豊、神田大輔、畑中健、家崎桂吾、吉永輝夫、樋口次男:門脈腫瘍栓により繰り返した食道静脈瘤破裂にペグインターフェロン併用5FU動注化学療法が奏功した肝細胞癌の1例 肝臓 2010;51:565-71.
  • 畑中健、蒔田富士雄、大塚敏之、岩科雅範、柏原賢治、小林光伸、萩原聡、大野順弘:肝ダイナミックCTおよび腹部血管造影にて濃染した細胆管細胞癌の1切除例 Liver Cancer 2010;16:26-36.

国内学会発表

  • 椎名秀一朗 スポンサードシンポジウム:「肝臓領域の画像診断」超音波 超音波ガイド下経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)を中心に 第29回日本画像医学会(東京、2010年2月26日)
  • 大塚基之、高田朱弥、小島健太郎、前田愼、立石敬介、池上恒雄、平田善裕、建石良介、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 microRNA machinery構成因子DDX20の発現低下に伴うmicroRNA機能の減弱によって惹起される肝発癌経路の同定 第47回日本臨床分子医学会(東京、2010年4月10日-11日)
  • 椎名秀一朗、建石良介、小池和彦 肝細胞癌 集学的治療の現況と新たな展開 肝細胞癌(HCC)に対する経皮的局所療法を中心とした集学的治療の推移と今後の展開 第96回日本消化器病学会(新潟、2010年4月22日-24日)
  • 今村潤、木村公則、佐伯俊一、林星舟、中川勇人、建石良介、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 特発性血小板減少性紫斑病を合併しピロリ除菌後に著明に縮小した肝細胞癌腹部リンパ節転移の一例 第96回日本消化器病学会(新潟、2010年4月22日-24日)
  • 吉田俊太郎、前田愼、平田喜裕、池上恒雄、杉本貴史、磯村好洋、高野範之、梶原晴香、山田篤生、山地裕、建石良介、椎名秀一朗、小池和彦 進行・再発大腸癌症例に対する分子標的薬を含めた集学的治療戦略 第96回日本消化器病学会(新潟、2010年4月22日-24日)
  • 大木隆正、建石良介、小池和彦、椎名秀一朗、垣内美和子、高原楠昊、榎奥健一郎、後藤絵里子、増崎亮太、近藤祐嗣、関道治、五藤忠、戸田信夫、吉田晴彦、田川一海、小俣政男 メタボリックシンドロームの有無が非B非C肝癌治療後の再発に与える影響 第96回日本消化器病学会(新潟、2010年4月22日-24日)
  • 高橋靖、崔仁煥、須山正文、窪川良廣、松村祐志、稲見晃一、守慶、丸木実子、石井重登、渡辺純夫 芍薬甘草湯負荷Pharmaco-dynamic MRCP による乳頭括約筋機能の評価 第96回日本消化器病学会総会(新潟、2010年4月22日)
  • 石井重登、崔仁煥、須山正文、窪川良廣、松村祐志、稲見晃一、高橋靖、守慶、丸木実子、渡辺純夫 非アルコール性早期慢性膵炎疑診例に対するcamostat mesilateの有用性 第96回日本消化器病学会総会(新潟、2010年4月23日)
  • 崔仁煥、高橋靖、須山正文 ワークショップ:分枝型IPMNの良悪性の鑑別における膵液洗浄細胞診の有用性-国際診療ガイドラインによるオーバーサージェリーを回避するために- 第79回日本消化器内視鏡学会総会(東京、2010年5月13日)
  • 椎名秀一朗 シンポジウム10:「進歩するアブレーション」原発性・転移性肝癌に対する経皮的ラジオ波焼灼術 第39回日本IVR学会総会(東京、2010年5月22日)
  • 近藤祐嗣、椎名秀一朗、建石良介、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、後藤絵理子、増崎亮太、五藤忠、藤江肇、吉田晴彦、小池和彦 経皮的ラジオ波焼灼術による肝内胆管拡張合併例の予後の検討 第46回日本肝臓学会(山形、2010年5月27日-28日)
  • 後藤絵理子、増崎亮太、建石良介、新野徹、内野康志、榎奥健一郎、近藤祐嗣、藤江肇、五藤忠、池田均、椎名秀一朗、吉田晴彦、小俣政男、小池和彦 ソナゾイド造影超音波検査の肝細胞癌結節検出能に関する検討 第46回日本肝臓学会(山形、2010年5月27日-28日)
  • 三神信太郎、建石良介、赤羽正章、新野徹、内野康志、榎奥健一郎、後藤絵理子、増崎亮太、中川勇人、近藤祐嗣、山敷宣代、五藤忠、藤江肇、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 根治的ラジオ波焼灼療法後の、肝細胞癌再発時とその直前のCT所見の比較 第46回日本肝臓学会(山形、2010年5月27日-28日)
  • 新野徹、建石良介、椎名秀一朗、内野康志、榎奥健一郎、後藤絵理子、中川勇人、増崎亮太、近藤祐嗣、五藤忠、藤江肇、小俣政男、吉田晴彦、小池和彦 早期肝細胞癌症例の病期進展率の検討 第46回日本肝臓学会(山形、2010年5月27日-28日)
  • 増崎亮太、建石良介、吉田晴彦、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、後藤絵理子、中川勇人、近藤祐嗣、五藤忠、杉岡陽介、池田均、椎名秀一朗、小俣政男、小池和彦 慢性C型肝炎における感染期間と肝弾性値の関係 第46回日本肝臓学会(山形、2010年5月27日-28日)
  • 内野康志、建石良介、椎名秀一朗、新野徹、榎奥健一郎、後藤絵理子、増崎亮太、中川勇人、近藤祐嗣、五藤忠、小俣政男、吉田晴彦、小池和彦 肝外転移を伴う進行肝細胞癌の予後 第46回日本肝臓学会(山形、2010年5月27日-28日)
  • 椎名秀一朗 肝細胞癌の診断と治療 ラジオ波焼灼術における最近の話題を中心に 平成22年度日本肝臓学会前期教育講演会(山形、2010年5月28日)
  • 椎名秀一朗、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、後藤絵理子、中川勇人、増崎亮太、近藤祐嗣、建石良介、五藤忠、吉田晴彦、小池和彦 ビデオセッションⅠ:「ラジオ波焼灼療法-基礎と工夫」Multimodality Fusion Imagingを用いた経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)の実際 第46回日本肝癌研究会(大阪、2010年7月8日)
  • 石井重登、須山正文、崔仁煥、窪川良廣、松村祐志、稲見晃一、高橋靖、丸木実子、水野智哉、信川文誠、高瀬優 Gd-EOB-DTPAと病理像の比較 Comparison between Gd-EOB-DTPA and Pathology image 第46回日本肝癌研究会(大阪、2010年7月8日)
  • 五藤忠、建石良介、椎名秀一朗、三神信太郎、新野徹、内野康志、榎奥健一郎、後藤絵理子、中川勇人、増崎亮太、近藤祐嗣、藤江肇、吉田晴彦、小池和彦 肝細胞癌根治的治療後のC型肝炎に対するIFN治療の成績と予後 第46回日本肝癌研究会(大阪、2010年7月9日)
  • 椎名秀一朗、建石良介、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、後藤絵理子、中川勇人、増崎亮太、近藤祐嗣、五藤忠、吉田晴彦、小池和彦 パネルディスカッション:大腸癌肝転移に対するラジオ波焼灼術(RFA)を中心にした治療戦略 第46回日本肝癌研究会(大阪、2010年7月9日)
  • 近藤祐嗣、建石良介、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 高齢者消化器がん治療法の選択とQOL、何歳まで治療しますか? 高齢肝細胞癌症例に対する経皮的ラジオ波焼灼術の現状と成績 第13回日本高齢消化器病学会(東京、2010年7月10日)
  • 稲見晃一 ミニレクチャー:急性胆嚢炎・慢性胆嚢炎の画像 第14回東京胆道懇話会(東京、2010年7月23日)
  • 丸木実子 興味深い症例、示唆に富む症例 第13回tokyo Pancreas Club(東京、2010年7月30日)
  • 丸木実子、須山正文、崔仁煥、松村祐志、稲見晃一、高橋靖、金澤亮、小森寛子、川崎誠治、水野智哉、信川文誠 胆管炎を契機に診断された小膵癌の例 第53回日本消化器画像診断研究会(北九州、2010年9月4日)
  • 松村祐志、須山正文、崔仁煥 ワークショップ:進行胆道癌に対するGEM +low dose FP(GFP)療法 第46回日本胆道学会学術集会(広島、2010年9月24日)
  • 高橋靖、丸木実子、稲見晃一、松村祐志、崔仁煥、須山正文 当院におけるRFA適応外症例に対するRFA施行例 第5回肝癌治療シミュレーション研究会(東京、2010年9月25日)
  • 榎奥健一郎、建石良介、新野徹、内野康志、後藤絵理子、中川勇人、増崎亮太、近藤祐嗣、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 肝脂肪の消失は発癌のリスクファクターである JDDW 2010(横浜、2010年10月13日-16日)
  • 近藤祐嗣、椎名秀一朗、建石良介、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、後藤絵理子、中川勇人、増崎亮太、藤江肇、五藤忠、吉田晴彦、小俣政男、小池和彦 経皮的ラジオ波焼灼術に合併する肝内胆管拡張の意義 JDDW 2010(横浜、2010年10月13日-16日)
  • 椎名秀一朗、榎奥健一郎、小池和彦 肝細胞癌に対する画像診断の進歩と新たな治療戦略 経皮的ラジオ波焼灼術におけるMultimodality fusion imagingの有用性 JDDW 2010(横浜、2010年10月13日-16日)
  • 椎名秀一朗、建石良介、小池和彦 肝細胞癌治療のこれからの展開 経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)の10年間の成績と今後の展開 JDDW 2010(横浜、2010年10月13日-16日)
  • 椎名秀一朗、建石良介、小池和彦 大腸がん研究の新たな展開と治療戦略 大腸癌肝転移に対するラジオ波焼灼術(RFA)10年の成績 JDDW 2010(横浜、2010年10月13日-16日)
  • 内野康志、小尾俊太郎、建石良介、椎名秀一朗、新野徹、榎奥健一郎、後藤絵理子、増崎亮太、中川勇人、近藤祐嗣、五藤忠、佐藤新平、菅田美保、佐藤隆久、元山天佑、 小俣政男、吉田晴彦、小池和彦 肝外転移症例を含む進行肝細胞癌に対するインターフェロン併用5FU全身化学療法 JDDW 2010(横浜、2010年10月13日-16日)
  • 稲見晃一、石井重登、丸木実子、松村祐志、崔仁煥、須山正文、渡辺純夫 膵癌の診断におけるMRI拡散強調画像の有用性 第52回日本消化器病学会大会(横浜、2010年10月15日)
  • 高橋靖、崔仁煥、須山正文、渡辺純夫 悪性胆道狭窄の術前ドレナージに対するAnti-food filamentチューブステンとの有用性 第80回日本消化器内視鏡学会総会(横浜、2010年10月16日)
  • 吉田俊太郎、岡本朋子、崎谷康佑、小林由佳、木下裕人、山本信三、梶原晴香、杉本貴史、山田篤生、渡部宏嗣、平田喜裕、山地裕、椎名秀一朗、小池和彦 当科における進行再発大腸癌に対するXELOX療法およびXELOX+bevacizumab療法の現状 第48回日本癌治療学会(京都、2010年10月28日-30日)
  • 建石良介、椎名秀一朗、五藤忠、近藤祐嗣、佐藤雅哉、三神信太郎、新野徹、内野康志、榎奥健一郎、後藤絵理子、増崎亮太、中川勇人、浅岡良成、吉田晴彦、小池和彦 小さな肝がんに対する治療 手術vs RFA 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法後の亜区域再発とその予後 第48回日本癌治療学会(京都、2010年10月28日-30日)
  • 小尾俊太郎、佐藤新平、佐藤隆久、近藤祐嗣、建石良介、大木隆正、増崎亮太、菅田美保、山敷宣代、五藤忠、金井文彦、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦、小俣政男 肝細胞がん治療アルゴリズムの再考 薬剤療法の位置づけ 門脈腫瘍浸潤症例に対する薬剤療法の再考 第48回日本癌治療学会(京都、2010年10月28日-30日)
  • 椎名秀一朗 パネルディスカッション24:がんの局所療法 肝腫瘍に対するラジオ波焼灼術 10年間の成績と今後の展開 第48回日本癌治療学会学術集会(京都、2010年10月29日)
  • 吉田剛、浅岡良成、岸川孝弘、三神信太郎、新野徹、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦、安部仁 腎機能低下を伴う高齢者に発症したAFP産生胃癌異時性肝転移に対し経皮的ラジオ波焼灼療法を中心に治療を行った1例 日本内科学会関東地方会575回(東京、2010年10月)
  • 畑中健、小曽根隆、鈴木秀行、堀内克彦、丸橋恭子、猿谷真也、鷲田雄二 スミフェロン+UFTによる全身化学療法により長期生存が得られた多発骨転移を伴う初発8cmの肝細胞癌の一例 第38回肝臓学会東部会(東京、2010年12月2日-3日)

ページのトップに戻る