業績

2011年

英文論文

  • Kondo Y, Shiina S, Tateishi R, Arano T, Uchino K, Enooku K, Goto E, Nakagawa H, Masuzaki R, Asaoka Y, Fujie H, Goto T, Omata M, Yoshida H, Koike K. Intrahepatic bile duct dilatation after percutaneous radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma: impact on patient’s prognosis. Liver Int 2011;31:197-205.
  • Masuzaki R, Shiina S, Tateishi R, Yoshida H, Goto E, Sugioka Y, Kondo Y, Goto T, Ikeda H, Omata M, Koike K. Utility of contrast-enhanced ultrasonography with Sonazoid in radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma. J Gastroenterol Hepatol 2011;26:759-64.
  • Kanai F, Yoshida H, Tateishi R, Sato S, Kawabe T, Obi S, Kondo Y, Taniguchi M, Tagawa K, Ikeda M, Morizane C, Okusaka T, Arioka H, Shiina S, Omata M. A phase I/II trial of the oral antiangiogenic agent TSU-68 in patients with advanced hepatocellular carcinoma. Cancer Chemother Pharmacol 2011;67:315-24.
  • Yoshida H, Shiratori Y, Kudo M, Shiina S, Mizuta T, Kojiro M, Yamamoto K, Koike Y, Saito K, Koyanagi N, Kawabe T, Kawazoe S, Kobashi H, Kasugai H, Osaki Y, Araki Y, Izumi N, Oka H, Tsuji K, Toyota J, Seki T, Osawa T, Masaki N, Ichinose M, Seike M, Ishikawa A, Ueno Y, Tagawa K, Kuromatsu R, Sakisaka S, Ikeda H, Kuroda H, Kokuryu H, Yamashita T, Sakaida I, Katamoto T, Kikuchi K, Nomoto M, Omata M. Effect of vitamin K2 on the recurrence of hepatocellular carcinoma. Hepatology 2011;54:532-40.
  • Ikeda H, Tateishi R, Enooku K, Yoshida H, Nakagawa H, Masuzaki R, Kondo Y, Goto T, Shiina S, Kume Y, Tomiya T, Inoue Y, Nishikawa T, Ohtomo N, Tanoue Y, Ono T, Koike K, Yatomi Y. Prediction of hepatocellular carcinoma development by plasma ADAMTS13 in chronic hepatitis B and C. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2011;20:2204-11.
  • Kudo Y, Tanaka Y, Tateishi K, Yamamoto K, Yamamoto S, Mohri D, Isomura Y, Seto M, Nakagawa H, Asaoka Y, Tada M, Ohta M, Ijichi H, Hirata Y, Otsuka M, Ikenoue T, Maeda S, Shiina S, Yoshida H, Nakajima O, Kanai F, Omata M, Koike K. Altered composition of fatty acids exacerbates hepatotumorigenesis during activation of the phosphatidylinositol 3-kinase pathway. J Hepatol 2011;55:1400-8.
  • Goto T, Yoshida H, Tateishi R, Enooku K, Goto E, Sato T, Ohki T, Masuzaki R, Imamura J, Shiina S, Koike K, Omata M. Influence of serum HBV DNA load on recurrence of hepatocellular carcinoma after treatment with percutaneous radiofrequency ablation. Hepatol Int 2011;5:767-73.
  • Uchino K, Tateishi R, Shiina S, Kanda M, Masuzaki R, Kondo Y, Goto T, Omata M, Yoshida H, Koike K. Hepatocellular carcinoma with extrahepatic metastasis: Clinical features and prognostic factors. Cancer 2011;117:4475-83.
  • Kudo M, Izumi N, Kokudo N, Matsui O, Sakamoto M, Nakashima O, Kojiro M, Makuuchi M. Collaborators: Hayashi N, Hiramatsu N, Ichida T, Ido A, Ikeda K, Inoue T, Iwasaki T, Izumi N, Kaneko S, Kasahara A, Koike K, Kudo M, Kumada T, Matsuzaki Y, Minami M, Minami Y, Okanoue T, Omata N, Osaki Y, Shiina S, Tanaka M, Toyoda H, Ueda Y, Yamashita T, Arii S, Egawa H, Fukumoto T, Hasegawa K, Kaido T, Kawasaki S, Kokudo N, Ku Y, Makuuchi M, Monden M, Nagano H, Takayama T, Tateishi R, Uemoto S, Yamasaki S, Kojiro M, Nakashima O, Sakamoto M, Matsui O, Murakami T, Takayasu K, Yoshimura K. Management of hepatocellular carcinoma in Japan: Consensus-Based Clinical Practice Guidelines proposed by the Japan Society of Hepatology (JSH) 2010 updated version. Dig Dis 2011;29:339-64.
  • Arano T, Nakagawa H, Tateishi R, Ikeda H, Uchino K, Enooku K, Goto E, Masuzaki R, Asaoka Y, Kondo Y, Goto T, Shiina S, Omata M, Yoshida H, Koike K. Serum level of adiponectin and the risk of liver cancer development in chronic hepatitis C patients. Int J Cancer 2011;129:2226-35.
  • Takata A, Otsuka M, Kogiso T, Kojima K, Yoshikawa T, Tateishi R, Kato N, Shiina S, Yoshida H, Omata M, Koike K. Direct differentiation of hepatic cells from human induced pluripotent stem cells using a limited number of cytokines. Hepatol Int 2011;5:890-8.
  • Ohki T, Tateishi R, Akahane M, Shiina S, Yamashiki N, Mikami S, Enooku K, Goto E, Masuzaki R, Kondo Y, Goto T, Inoo S, Ohtomo K, Omata M, Yoshida H, Koike K. Characteristics of hepatocellular carcinoma nodules newly detected by computed tomography during arteriography and arterial portography: preliminary report of a randomized controlled trial. Hepatol Int 2011;6:639-45.

国際学会発表

  • Tateishi R, Goto T, Shiina S, Uchino k, Arano T, Enooku K, Goto E, Masuzaki R, Nakagawa H, Kondo Y, Fujie H, Omata M, Yoshida H, Koike K. Significantly improved prognosis of hepatitis B-related hepatocellular carcinoma. The 21st Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL), Bangkok, Thailand, 2011/2/20
  • Enooku K, Tateishi R, Yoshida H, Mikami S, Sato M, Arano T, Uchino K, Goto E, Masuzaki R, Nakagawa H, Kondo Y, Goto T, Shiina S, Koike K. Risk factors for hepatocarcinogenesis in non-viral non-alcoholic hepatitis and cirrhosis. 46th Annual meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL), Berlin, Germany, 2011/4/2
  • Tateishi R, Nakagawa H, Shiina S, Enooku K, Mikami S, Sato M, Uchino K, Arano T, Masuzaki R, Goto E, Kondo Y, Goto T, Fujie H, Ikeda H, Omata M, Yoshida H, Koike K. Impact of newly developed high-sensitive alpha-fetoprotein-l3 fraction assay on the diagnosis and treatment evaluation of hepatocellular carcinoma. 46th Annual meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL), Berlin, Germany, 2011/4/2
  • Yoshida H, Sato M, Enooku K, Tateishi R, Masuzaki R, Kondo Y, Goto T, Shiina S, Koike K. Chronological changes in characteristics of HCV-related hepatocellular carcinoma in Japan: old age may facilitate cancer development in less advanced fibrosis. 46th Annual meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL), Berlin, Germany, 2011/4/2
  • Sai JK, Suyama M, Matsumura Y, Takahashi Y, Maruki J, Ishii S, Watanabe S. Attachment of “Anti Food Filament” to the pkastic stent in the pre-operative dranage of malignant distal biliary obstruction. Digestive Disease Week 2011, Chicago, USA, 2011/5/7
  • Ishii S, Sai JK, Suyama M, Matsumura Y, Takahashi Y, Maruki J, Watanabe S. Efficacy of camostat mesilate against dyspepsia associated with non-alcohlic mild pancreatic disease based on the rosemont criteria. Digestive Disease Week 2011, Chicago, USA, 2011/5/8
  • Sai JK, Suyama M, Matsumura Y, Takahashi Y, Maruki J, Ishii S, Watanabe S. Efficacy of low fat diet against dyapepsia associated with non-alcohlic mild pancreatic disease. Digestive Disease Week 2011, Chicago, USA, 2011/5/8
  • Sai JK, Suyama M, Matsumura Y, Takahashi Y, Maruki J, Ishii S, Watanabe S. Pancreatic duct lavage cytology in candidates for surgical resection of branch duct intraductal payillary mucinous neoplasm of the international consensus guidelines be revised? Digestive Disease Week 2011, Chicago, USA, 2011/5/8
  • Sai JK, Suyama M, Watanabe S. Impact of pancreatic duct lavage cytology with cell block method in the diagnosis of branch duct intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas. Digestive Disease Week 2011, Chicago, USA, 2011/5/8
  • Shiina S. Radiofrequency ablation (RFA) for hepatocellular carcinoma (HCC) in Japan. 2nd Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE), Osaka, Japan, 2011/07/01
  • Shiina S. Treatment of HCC in Japan. Samsung Medical Center Seminar, Seoul, Korea, 2011/09/23
  • Shiina S. RFA of HCC: Japan Experience. The International SMC Radiofrequency Ablation Symposium, Seoul, Korea, 2011/09/24
  • Sato M, Kato N, Tateish R, Muroyama R, Kowatari N, Li WW, Goto K, Otsuka M, Shiina S, Yoshida H, Koike K. Il28b minor allele is an independent risk factor for early-age onset of hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis C. 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, San Francisco, USA, 2011/11/5
  • Otsuka M, Takata A, Kojima K, Yoshikawa T, Kishikawa T, Tateishi R, Shiina S, Yoshida H, Omata M, Koike K. Receptor for activated protein kinase c: requirement for efficient microrna function and reduced expression in hepatocellular carcinoma. 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, San Francisco, USA, 2011/11/5
  • Ohki T, Tateishi R, Akahane M, Mikami S, Sato M, Arano T, Enooku K, Kondo Y, Yamashiki N, Goto T, Shiina S, Yoshida H, Omata M, Otomo K, Koike K. Computed tomography with hepatic arteriography and arterial portography (ctha/ctap) as a pre-treatment examination for patients with hepatocellular carcinoma: a randomized controlled trial.62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, San Francisco, USA, 2011/11/4-8
  • Tateishi R, Shiina S, Enooku K, Minami T, Sato M, Mikami S, Uchino K, Arano T, Nakagawa H, Kondo Y, Asaoka Y, Goto T, Yoshida H, Koike K. Does transarterial chemoembolization prior radiofrequency ablation improve the survival of patients with hepatocellular carcinoma? 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, San Francisco, USA, 2011/11/8
  • Enooku K, Soroida Y, Ohkawa R, Nakagawa H, Satoh Y, Yoshida H, Kinoshita H, Tateishi R, Shiina S, Tadashi H, Okubo S, Hiromitsu Y, Koike K, Yatomi Y, Ikeda H. Mitochondrial isoenzyme of creatine kinase as a novel serum marker of hepatocellular carcinoma. 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, San Francisco, USA, 2011/11/4-8
  • Sato T, Sato S, Kajiyama Y, Kawai T, Sugimoto T, Kanda M and Obi S. Late evening snack have an impact on patients undergoing treatment for advanced hepatocellular carcinoma. 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases, San Francisco, USA, 2011/11/4-8
  • Shiina S. Symposium 6: Loco-regional approaches for HCC. Appraisal of current and novel ablation therapies. APASL Single Topic Conference 2011, Jeju, Korea, 2011/12/03

和文論文

  • 椎名秀一朗、佐藤隆久、近藤祐嗣、建石良介、五藤忠、小池和彦:【転移性肝癌 多様化する治療】 転移性肝癌に対する経皮的ラジオ波焼灼術 10年間の成績と今後の展望 臨床消化器内科 2011;26:405-13.
  • 椎名秀一朗:【患者・家族の相談に応えるがん診療サポートガイド】肝がん 患者、家族からかかりつけ医への質問 ラジオ波治療を勧められたのですが、その方法と成績はどうでしょうか? 治療 2011;93:868-70.
  • 椎名秀一朗、浅岡良成、中川勇人、近藤祐嗣、建石良介、五藤忠:ソラフェニブは肝癌治療の新しいパラダイムか? 進化した肝癌診療の現場への影響は小さいと考える立場から Frontiers in Gastroenterology 2011;16:25-32.
  • 椎名秀一朗:RFA 肝細胞癌 Surgery Frontier 2011;18:241-5.
  • 椎名秀一朗、建石良介、小池和彦:診療controversy 初発肝細胞癌の治療 ラジオ波焼灼術(RFA)の立場から 内科 2011;108:342-6.
  • 奥新和也、浅岡良成、福田いずみ、建石良介、佐藤雅哉、三神信太郎、新野徹、内野康志、榎奥健一郎、後藤絵理子、中川勇人、近藤祐嗣、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦:ソラフェニブ投与を行ったIGF-2産生性肝細胞癌の1例 The Liver Cancer Journal 2011;3:58-9.
  • 椎名秀一朗、佐藤隆久、近藤祐嗣、建石良介、五藤忠、小池和彦:≪トピックス≫ラジオ波焼灼術(RFA)による肝転移の治療-10年間の成績と今後の展望- 内科 2011;108:869-75.
  • 椎名秀一朗、金井弓美子、南達也、佐藤雅哉、三神信太郎、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、近藤祐嗣、浅岡良成、建石良介、五藤忠、佐藤隆久、佐々木美奈、上垣佐登子、成本壮一、小池和彦:大腸癌肝転移に対する経皮的ラジオ波焼灼術10年の成績 消化器内科 2011;53:660-4.
  • 椎名秀一朗、建石良介、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、後藤絵理子、中川勇人、増崎亮太、近藤祐嗣、五藤忠、吉田晴彦、小池和彦:大腸癌肝転移に対するラジオ波焼灼術(RFA)を中心にした治療戦略 第46回日本肝癌研究会記録集 三鳩堂 2011;86-7.
  • 椎名秀一朗、佐藤隆久、近藤祐嗣、建石良介、五藤忠、小池和彦:「イラストたっぷり 7日間でわかる!肝がんの治療とケア完全マスター」 5日目 局所療法(ラジオ波焼灼術) 消化器外科ナーシング 2011;16:1100-6.
  • 建石良介、椎名秀一朗、小池和彦:【肝細胞がん診療の進歩:Up-To-Date】 診断と病態 本邦における肝細胞がんの病因・病態の変化と局所療法の現況 最新医学 2011;66:1774-81.
  • 高橋靖、須山正文、崔仁煥:胆嚢を究める 検査 胆嚢のCT/MRI 外科 2011;73:491-6.

国内学会発表

  • 奥新和也、浅岡良成、福田いずみ、建石良介、佐藤雅哉、三神信太郎、新野徹、内野康志、榎奥健一郎、後藤絵理子、中川勇人、近藤祐嗣、五藤忠、山敷宣代、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 ソラフェニブ投与を行ったIGF-2産生性肝細胞癌の1例 第3回日本肝がん分子標的治療研究会(下関、2011年1月15日)
  • 石井重登 当院における局所療法不能肝細胞癌に対するシラフェニブの治療効果の検討 第3回日本肝がん分子標的治療研究会 (下関、2011年1月15日)
  • 丸木実子、須山正文、崔仁煥、松村祐志、稲見晃一、高橋靖、金澤亮、小森寛子、川崎誠治、水野智哉、信川文誠 術前診断に苦慮した膵癌の1例 第54回日本消化器画像診断研究会(東京、2011年2月19日)
  • 石井重登 膵癌非切除・術後再発5年生存症例の検討 第5回インターネット症例検討会(東京、2011年3月2日)
  • 崔仁煥、高橋靖、須山正文、松村祐志、稲見晃一、丸木実子、石井重登、小森寛子、渡辺純夫 膵液洗浄細胞診の有用性 ‐安全かつ有効な膵液洗浄細胞診コツ‐ 第81回日本消化器内視鏡学会総会(青森、2011年4月21日)
  • 石井重登、崔仁煥、須山正文、松村祐志、稲見晃一、高橋靖、丸木実子、小森寛子、渡辺純夫 ERCP膵炎における最近の動向 第81回日本消化器内視鏡学会総会(青森、2011年4月21日)
  • 崔仁煥、石井重登、須山正文 非アルコール性早期慢性膵炎疑診例に対する camostat mesilateの有用性 第97回日本消化器病学会総会(東京、2011年5月14日)
  • 高橋靖、崔仁煥、須山正文 芍薬甘草湯負荷Pharmaco-dynamic MRCPによる胆摘後胆道痛患者に対する乳頭括約筋機能評価-画像に基づいた漢方のエビデンス- 第97回日本消化器病学会総会(東京、2011年5月14日)
  • 中川勇人、新野徹、建石良介、内野康志、榎奥健一郎、後藤絵理子、増崎亮太、近藤祐嗣、五藤忠、椎名秀一朗、小俣政男、吉田晴彦、小池和彦 血清アディポネクチン濃度と肝発癌リスク 慢性C型肝炎患者における検討 第47回日本肝臓学会(東京、2011年6月2日)
  • 新野徹、中川勇人、建石良介、内野康志、榎奥健一郎、後藤絵理子、増崎亮太、近藤祐嗣、五藤忠、椎名秀一朗、小俣政男、吉田晴彦、小池和彦 血清アディポネクチン濃度は年齢、性別、内臓脂肪とは独立してC型関連発癌患者では有意に高値を示す 第47回日本肝臓学会(東京、2011年6月2日)
  • 佐藤隆久、河井敏宏、菅田美保、佐藤新平、小尾俊太郎 Late Evening Snackは進行肝癌患者の自覚症状を改善する 第47回日本肝臓学会総会(東京、2011年6月2日)
  • 南達也、岸川孝弘、佐藤雅哉、建石良介、三神信太郎、新野徹、内野康志、榎奥健一郎、中川勇人、浅岡良成、近藤祐嗣、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 C型慢性肝炎に対するペグインターフェロン+リバビリン併用療法の死亡率および重篤な合併症についてのシステマティック・レビュー 第47回日本肝臓学会(東京、2011年6月2日)
  • 建石良介、椎名秀一朗、新野徹、内野康志、榎奥健一郎、三神信太郎、後藤絵理子、増崎亮太、中川勇人、浅岡良成、近藤祐嗣、五藤忠、小俣政男、吉田晴彦、小池和彦 NBNC型肝細胞癌 最近の動向と予後 非B非C肝細胞癌の特徴と予後 第47回日本肝臓学会(東京、2011年6月2日)
  • 内野康志、建石良介、中川勇人、新野徹、榎奥健一郎、後藤絵理子、増崎亮太、近藤祐嗣、浅岡良成、五藤忠、椎名秀一朗、池田均、小俣政男、吉田晴彦、小池和彦 代謝・酸化ストレスの場としての肝臓 慢性肝疾患患者における血清フェリチン値と肝発癌との関係 第47回日本肝臓学会(東京、2011年6月2日)
  • 浅岡良成、池上恒雄、多田素久、後藤絵理子、建石良介、伊地知秀明、立石敬介、金井文彦、椎名秀一朗、吉田晴彦、小俣政男、小池和彦 肝発癌研究の新展開 肝細胞癌におけるHippoシグナルの異常に関する検討 第47回日本肝臓学会(東京、2011年6月3日)
  • 吉田晴彦、建石良介、佐藤雅哉、三神信太郎、内野康史、新野徹、榎奥健一郎、後藤絵里子、中川隼人、増崎良太、浅岡良成、大塚基之、山敷宣代、五藤忠、椎名秀一朗、小俣政男、小池和彦 HCV関連肝細胞癌患者の高齢化と非硬変肝からの発癌の増加 第47回日本肝臓学会(東京、2011年6月3日)
  • 池田均、建石良介、榎奥健一郎、吉田晴彦、中川勇人、増崎亮太、近藤祐爾、五藤忠、椎名秀一朗、富谷智明、井上有希子、西川尚子、大友夏子、田上靖、小池和彦 血中ADAMTS13による肝細胞癌発症予測 第47回日本肝臓学会(東京、2011年6月3日)
  • 近藤祐嗣、椎名秀一朗、小池和彦 テーラーメイド医療時代へ向けた肝癌治療 肝細胞癌切除後再発例に対する経皮的ラジオ波焼灼術の意義 第47回日本肝臓学会(東京、2011年6月3日)
  • 椎名秀一朗、建石良介、小池和彦 ワークショップ12:「多様化する転移性肝癌の治療」 大腸癌肝転移に対するラジオ波焼灼術(RFA) 10年間の治療成績と今後の展望 第47回日本肝臓学会(東京、2011年6月3日)
  • 石井重登、崔仁煥、須山正文、松村祐志、稲見晃一、高橋靖、丸木実子、小森寛子、金澤亮、渡辺純夫、信川文誠、高瀬優 肝細胞癌の悪性度診断におけるEOB-MRIの有用性 第47回日本肝臓学会総会(東京、2011年6月3日)
  • 金澤亮、松村祐志、崔仁煥、石井重登、小森寛子、丸木実子、高橋靖、須山正文、浅原新吾、高森繁 化学療法が奏功し治癒切除できた手術不能胆嚢癌の1例 第16回東京胆道懇話会(東京、2011年7月8日)
  • 松村祐志、猪狩功遺、石井浩、須山正文、糸井隆夫、小室泰司、矢野聖二、花田敬士、木村康利、浮田雄生、岡部義信、谷眞至、中島聰總 胆膵癌化学療法の現状と問題点 切除不能膵癌患者に対するGemcitabine単独療法とGemcitabine/TS1併用療法の無作為化比較第II相臨床試験 第8回日本臨床腫瘍学会学術集会(横浜、2011年7月22日)
  • 佐藤隆久、河井敏宏、菅田美保、佐藤新平、小尾俊太郎、三浦世樹、川本潤、飯原久仁子 肝細胞癌皮膚転移の一例 第47回日本肝癌研究会(静岡、2011年7月28日)
  • 佐藤公紀、大木隆正、衣袋健司、戸田信夫、田川一海 肝原発腺扁平上皮癌に対してラジオ波焼灼療法と全身化学療法を施行し長期生存を得た1例 第47回日本肝癌研究 会(静岡、2011年7月28日)
  • 椎名秀一朗 特別発言 ビデオフォーラム「技術を磨こう」5:RFA治療-根治性、低侵襲性、安全性の追求- 第47回日本肝癌研究会(静岡、2011年7月29日)
  • 椎名秀一朗、建石良介、小池和彦 肝細胞癌に対する各種初回治療後、10年以上の無再発症例の集計とその謎を探る 肝細胞癌(HCC)に対するラジオ波焼灼術(RFA)10年間の成績 第47回日本肝癌研究会(静岡、2011年7月29日)
  • 建石良介、椎名秀一朗、新野徹、内野康志、榎奥健一郎、三神信太郎、後藤絵里子、増﨑亮太、中川勇人、浅岡良成、近藤祐嗣、五藤忠、小俣政男、吉田晴彦、小池和彦 原発性胆汁性肝硬変からの肝発癌とその特徴 第47回日本肝癌研究会(静岡、2011年7月29日)
  • 吉田晴彦、建石良介、五藤忠、三神信太郎、佐藤雅哉、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、後藤絵里子、浅岡良成、近藤祐嗣、山敷宣代、椎名秀一朗、小池和彦 B型慢性肝炎、肝硬変において核酸アナログ投与中に肝細胞癌が出現した症例の検討 第47回日本肝癌研究会(静岡、2011年7月29日)
  • 畑中健、佐藤賢、小曽根隆、新井弘隆、鈴木秀行、上野敬史、飯塚圭介、高草木智史、斉藤秀一、星野崇、細沼賢一、橋爪洋明、堀口昇男、豊田満夫、長沼篤、山崎勇一、高山尚、柿崎暁、高木均 肝細胞癌に対するミリプラチンの連続投与の有効性と安全性の検討 第47回日本肝癌研究会(静岡、2011年7月29日)
  • 小森寛子、須山正文、崔仁煥、松村祐志、稲見晃一、高橋靖、丸木実子、石井重登 術前診断が困難であった膵多発神経内分泌腫瘍の1例 第42回日本膵臓学会大会(弘前、2011年7月29日)
  • 松村祐志、須山正文、崔仁煥、高橋靖、丸木実子、石井重登、金澤亮、唐澤久美子 当院における切除不能膵癌に対する集学的治療 第42回日本膵臓学会大会(弘前、2011年7月30日)
  • 石井重登、崔仁煥、松村祐志、高橋靖、丸木実子、小森寛子、金澤亮、須山正文、渡辺純夫 分枝型IPMNの良悪性の鑑別における膵液洗浄細胞+セルブロック作成の有用性 第42回日本膵臓学会大会(弘前、2011年7月30日)
  • 金澤亮、崔仁煥、松村祐志、高橋靖、丸木実子、石井重登、渡辺純夫 造影超音波検査が診断に有用であった肝細胞腺腫の1例 第55回日本消化器画像診断研究会(金沢、2011年9月3日)
  • 伊藤智康、崔仁煥、松村祐志、高橋靖、丸木実子、石井重登、金澤亮、信川文誠、須山正文 潜在的膵液胆道逆流症(OPBR)が疑われた胆嚢腺筋症の1例 第34回日本膵・胆管合流異常研究会(山梨、2011年9月10日)
  • 椎名秀一朗、近藤祐嗣、建石良介、五藤忠、小池和彦 「肝癌治療の最前線」 経皮的局所療法-ラジオ波焼灼術(RFA) 10年間の成績と今後の展開 第28回日本医学会総会(2011年9月17-18日)
  • 奥新和也、浅岡良成、建石良介、佐藤雅哉、三神信太郎、新野徹、内野康志、榎奥健一郎、後藤絵理子、中川勇人、近藤祐嗣、五藤忠、山敷宣代、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 sorafenib投与により特異な内分泌異常を呈したIGF2産生性肝細胞癌の1例 第15回日本肝臓学会大会(福岡、2011年10月20日)
  • 浅岡良成、池上恒雄、多田素久、建石良介、伊地知秀明、立石敬介、金井文彦、椎名秀一朗、吉田晴彦、小俣政男、小池和彦 Hippoシグナル異常を伴う肝細胞癌における受容体型チロシンキナーゼに関する検討 第15回日本肝臓学会大会(福岡、2011年10月20日)
  • 建石良介、椎名秀一朗、小池和彦 肝癌局所制御の標準化 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法後の亜区域再発率の検討 第15回日本肝臓学会大会(福岡、2011年10月20日)
  • 建石良介、椎名秀一朗、小池和彦 肝細胞癌の診断および治療の工夫 肝細胞癌局所治療術前検査としてCTHA/CTAPを施行することが無再発生存期間を延長するかどうかのランダム化比較試験 第15回日本肝臓学会大会(福岡、2011年10月20日)
  • 三神信太郎、建石良介、赤羽正章、佐藤雅哉、南達也、新野徹、内野康志、榎奥健一郎、後藤絵理子、中川勇人、浅岡良成、近藤祐嗣、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 肝細胞癌に対する根治的ラジオ波焼灼療法後の適切なCTの撮影間隔の検討 第15回日本肝臓学会大会(福岡、2011年10月21日)
  • 榎奥健一郎、建石良介、金井弓美子、南達也、三神信太郎、佐藤雅哉、内野康志、新野徹、近藤祐嗣、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 当科における非B非C肝硬変の成因および発癌リスク JDDW 2011(福岡、2011年10月21日)
  • 石井重登、崔仁煥、松村祐志、高橋靖、丸木実子、金澤亮、小森寛子、須山正文、渡辺純夫 分枝型IPMNの経過観察を契機とした膵癌の早期診断体系 第53回日本消化器病学会大会(福岡、2011年10月21日)
  • 椎名秀一朗、建石良介、小池和彦 肝転移の治療 大腸癌肝転移に対するラジオ波焼灼術(RFA)10年の成績 JDDW 2011(福岡、2011年10月22日)
  • 佐藤隆久、梶山祐介、河井敏宏、杉本貴史、菅田美保、佐藤新平、小尾俊太郎 Late Evening Snackは進行肝癌患者の肝不全関連イベントの発症を抑制し、肝予備能と自覚症状を改善する JDDW 2011(福岡、2011年10月20日-23日)

ページのトップに戻る