業績

2012年

英文論文

  • Shiina S, Tateishi R, Arano T, Uchino K, Enooku K, Nakagawa H, Asaoka Y, Sato T, Masuzaki R, Kondo Y, Goto T, Yoshida H, Omata M, Koike K. Radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma: 10-year outcome and prognostic factors. Am J Gastroenterol 2012;107:569-77.
  • Masuzaki R, Tateishi R, Yoshida H, Arano T, Uchino K, Enooku K, Goto E, Nakagawa H, Asaoka Y, Kondo Y, Goto T, Ikeda H, Shiina S, Omata M, Koike K. Assessment of disease progression in patients with transfusion-associated chronic hepatitis C using transient elastography. World J Gastroenterol 2012;18:1385-90.
  • Goto E, Masuzaki R, Tateishi R, Kondo Y, Imamura J, Goto T, Ikeda H, Akahane M, Shiina S, Omata M, Yoshida H, Koike K. Value of post-vascular phase (Kupffer imaging) by contrast-enhanced ultrasonography using Sonazoid in the detection of hepatocellular carcinoma. J Gastroenterol 2012;47:477-85.
  • Enooku K, Tateishi R, Kanai F, Kondo Y, Masuzaki R, Goto T, Shiina S, Yoshida H, Omata M, Koike K. Evaluation of molecular targeted cancer drug by changes in tumor marker doubling times. J Gastroenterol 2012;47:71-8.
  • Uchino K, Obi S, Tateishi R, Sato S, Kanda M, Sato T, Arano T, Enooku K, Goto E, Masuzaki R, Nakagawa H, Asaoka Y, Kondo Y, Yamashiki N, Goto T, Shiina S, Omata M, Yoshida H, Koike K. Systemic combination therapy of intravenous continuous 5-fluorouracil and subcutaneous pegylated interferon alfa-2a for advanced hepatocellular carcinoma. J Gastroenterol 2012;47:1152-9.
  • Shiina S, Tateishi R, Yoshida H. Response to Giannini et al. Am J Gastroenterol 2012;107:1590.
  • Soroida Y, Ohkawa R, Nakagawa H, Satoh Y, Yoshida H, Kinoshita H, Tateishi R, Masuzaki R, Enooku K, Shiina S, Sato T, Obi S, Hoshino T, Nagatomo R, Okubo S, Yokota H, Koike K, Yatomi Y, Ikeda H. Increased activity of serum mitochondrial isoenzyme of creatine kinase in hepatocellular carcinoma patients predominantly with recurrence. J Hepatol 2012;57:330-6.
  • Shiina S, Tateishi R, Imamura M, Teratani T, Koike Y, Sato S, Obi S, Kanai F, Kato N, Yoshida H, Omata M, Koike K. Percutaneous ethanol injection for hepatocellular carcinoma: 20-year outcome and prognostic factors. Liver International 2012;32:1434-42.
  • Ogura K, Miyake R, Shiina S, Shinoda Y, Okuma T, Kobayashi H, Goto T, Nakamura K, Kawano H. Bone radiofrequency ablation combined with prophylactic internal fixation for metastatic bone tumor of the femur from hepatocellular carcinoma. Int J Clin Oncol 2012;17:417-21.
  • Mikami S, Tateishi R, Akahane M, Asaoka Y, Kondo Y, Goto T, Shiina S, Yoshida H, Koike K. Computed tomography follow-up for the detection of hepatocellular carcinoma recurrence after initial radiofrequency ablation: a single-center experience. J Vasc Interv Radiol 2012;23:1269-75.
  • Okushin K, Asaoka Y, Fukuda I, Fujiwara N, Minami T, Sato M, Mikami S, Uchino K, Enooku K, Kondo Y, Tateishi R, Goto T, Shiina S, Yoshida H, Koike K. IGF-II producing hepatocellular carcinoma treated with sorafenib: Metabolic complications and a foresight to molecular targeting therapy to the IGF signal. Case Rep Gastroenterol 2012;6:784-9.

国際学会発表

  • Tateishi R, Masuzaki R, Enooku K, Kanai Y, Minami T, Sato M, Mikami T, Uchino K, Arano T, Kondo Y, Asaoka Y, Goto T, Ikeda H, Shiina S, Omata M, Yoshida H, Koike K. Liver stiffness measurement can predict overall survival in patients with chronic hepatitis C. The 22nd Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL), Taipei, Taiwan, 2012/2/18
  • Sato T, Sato S, Kajiyama Y, Kawai T, Yashima Y, Sugimoto T, Kanda M, Obi S. Late Evening Snack have an impact on patients undergoing treatment for advanced hepatocellular carcinoma. The 22nd Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL), Taipei, Taiwan, 2012/2/16-19
  • Sato K, Ohki T. The characteristics of patients who developed hepatocellular carcinoma after sustained virological response with interferon therapy. The 22nd Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL), Taipei, Taiwan, 2012/2/16-19
  • Shiina S. Multidisciplinary approach in colorectal cancer conference radiofrequency ablation (RFA) for CRLM: a 10-year experience. Taiwan Society of Coloproctology, Taipei, Taiwan, 2012/4/21
  • Maruki J, Sai JK, Matsumura Y, Watanabe S. Clinical impact of pancreatic duct lavage cytology with cell block method for discriminating benign and malignant intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas. DDW 2012, San Diego, USA, 2012/5/21
  • Shiina S. Radiofrequency ablation (RFA) for hepatocellular carcinoma (HCC): over 10-year experience and further perspectives. The 3rd Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert (APPLE) Meeting, Shanghai, China, 2012/7/7
  • Shiina S. Loco-regional Therapy. The 3rd Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert (APPLE) Meeting, Shanghai, China, 2012/7/8
  • Sato T, Kawai T, Yashima Y, Sugimoto T, Miho K, Kouno T, Sato S, Obi S. 18 cases of brain metastases from hepatocellular carcinoma. ILCA 2012, Berlin, Germany, 2012/9/14-16
  • Fujiwara N, Tateishi R, Shiina S, Enooku K, Minami T, Sato M, Uchino K, Kondo Y, Asaoka Y, Goto T, Yoshida H, Koike K. Predicting disease progression of recurrent tumor after radiofrequency ablation in patients with hepatocellular carcinoma. 63rd Annual Meeting of the American-Association for the Study of Liver Diseases (AASLD), Boston, USA, 2012/11/10
  • Uchino K, Obi S, Asaoka, Y, Tateishi R, Sato S, Kanda M, Sato T, Enooku K, Kondo Y, Yamashiki N, Goto T, Shiina S, Yoshida H, Koike K. Sorafenib for advanced hepatocellular carcinoma: Comparison with systemic combination therapy of intravenous continuous 5-fluorouracil and pegylated interferon as a historical control. 63rd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD), Boston, USA, 2012/11/10
  • Asaoka Y, Tateishi R, Fujiwara N, Minami T, Mikami S, Sato M, Uchino K, Enooku K, Kondo Y, Goto, T, Shiina S, Yoshida H, Koike K. Frequency and predictive factors of vascular invasion after curative treatment for hepatocellular carcinoma by radiofrequency ablation. 63rd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD), Boston, USA, 2012/11/10
  • Sato M, Kato N, Tateishi R, Muroyama R, Kowatari N, Li, WW, Goto K, Otsuka M, Shiina S, Yoshida H, Omata M, Koike K. Patatin-like phospholipase domain-containing 3 I148M polymorphism affects the susceptibility to hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis C virus infection. 63rd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD). Boston, USA, 2012/11/11
  • Fujiwara N, Tateishi R, Minami T, Sato M, Mikami S, Uchino K, Enooku K, Kondo Y, Asaoka Y, Goto T, Shiina S, Yoshida H, Koike K. Accelerated risk of immediate adverse reactions to iodinated contrast media by repeated administrations. 63rd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD), Boston, USA, 2012/11/12
  • Minami T, Tateishi R, Shiina S, Yoshida H, Koike K. Interferon-based therapy for hepatitis C-related hepatocellular carcinoma in real world settings. The 10th JSH Single Topic Conference, Tokyo, Japan, 2012/11/21

和文論文

  • 金井文彦、椎名秀一朗、長谷川潔、山下竜也:座談会【肝癌診療の最前線-知っておきたい診断・治療の新情報】肝癌撲滅のための新戦略 内科 2012;109:471-82.
  • 椎名秀一朗:肝癌のラジオ波焼灼術-穿刺用プローブ『PVT-350BTP』の有用性 新医療 2012;39:84-7.
  • 内野康志、椎名秀一朗、小池和彦:肝細胞癌局所療法の最新~ラジオ波焼灼術(RFA) 医学のあゆみ 2012;242:448-54.
  • 建石良介、榎奥健一郎、椎名秀一朗、小池和彦:疾患バイオマーカーの臨床研究 がんのバイオマーカー(発がん、診断、治療、予後予測など)肝細胞癌 日本臨床 2012;70:821-7.
  • 椎名秀一朗、近藤真由子、藤原直人、南達也、三神信太郎、佐藤雅哉、榎奥健一郎、内野康志、浅岡良成、佐藤隆久、近藤祐嗣、建石良介、五藤忠、吉田晴彦、上垣佐登子、小俣政男、小池和彦:【肝細胞癌のすべて2012】治療法の進歩 経皮的局所療法 肝・胆・膵 2012;65:1230-4.
  • 矢田豊、竝川昌司、加藤恵理子、畑中健、桑子智人、星恒輝、田中良樹、仁平聡、吉永輝夫、樋口次男、相原龍介、持田泰、細内康男、西田保二:当院における人工胸腹水下および腹腔鏡下ラジオ波焼灼療法 群馬医学 2012;96:25-9.
  • 矢田豊、竝川昌司、神田大輔、畑中健、大山達也、長島多聞、久保田潤、高木均、吉永輝夫:ペグインターフェロン併用5FU全身化学療法が奏功した肝細胞癌破裂の1例 肝臓 2012;53:523-9.

国内学会発表

  • 小森寛子、崔仁煥、松村祐志、高橋靖、丸木実子、石井重登、金澤亮、渡辺純夫、須山正文 MR仮想超音波画像下に腫瘍生検を施行した肝結節性病変の1例 第56回日本消化器画像診断研究会(横浜、2012年2月4日)
  • 崔仁煥、松村祐志、渡辺純夫 胆道癌(胆嚢癌、胆管癌)の早期診断法 第98回日本消化器病学会総会(東京、2012年4月20日)
  • 崔仁煥、丸木実子、渡辺純夫 非アルコール性早期慢性膵炎疑診例に対するlow fat dietの有用性 第98回日本消化器病学会総会(東京、2012年4月21日)
  • 丸木実子、崔仁煥、松村祐志、伊藤智康、石井重登、金澤亮、小森寛子、渡辺純夫、須山正文、信川文誠 プレナリーセッション:分枝型IPMNの良悪性の鑑別における膵液洗浄細胞診+セルブロックの有用性 第83回日本消化器内視鏡学会総会(東京、2012年5月12日)
  • 伊藤智康、崔仁煥、松村祐志、丸木実子、渡辺純夫、須山正文、信川文誠 急性化膿性閉塞性胆管炎に対する緊急ERCPの現状と問題点 第83回日本消化器内視鏡学会総会(東京、2012年5月12日)
  • 石井重登、崔仁煥、渡辺純夫、松村祐志、丸木実子、伊藤智康、金澤亮、小森寛子、須山正文、福村由紀、原貴恵子 EUS-FNAで診断しえた8mm大のSPN切除例 第319回日本消化器病学会関東支部例会(東京、2012年5月26日)
  • 佐藤雅哉、加藤直也、建石良介、室山良介、古渡礼恵、LiWenwen、後藤覚、大塚基之、椎名秀一朗、吉田晴彦、小俣政男、小池和彦 C型肝炎基礎 IL28BマイナーアリルはC型慢性肝炎患者における低年齢発癌の危険因子である 第48回日本肝臓学会(金沢、2012年6月2日)
  • 椎名秀一朗、建石良介、小池和彦 転移性肝癌に対する治療の現状と展開 大腸癌肝転移に対するラジオ波焼灼術(RFA)-10年間の治療成績と今後の展望 第48回日本肝臓学会(金沢、2012年6月7日)
  • 五藤忠、建石良介、椎名秀一朗、金井弓美子、南達也、佐藤雅哉、三神信太郎、新野徹、内野康志、榎奥健一郎、浅岡良成、近藤祐嗣、吉田晴彦、小池和彦 肝細胞癌の発症と再発予防を目指した慢性肝炎の治療 核酸アナログ製剤の有無に関わらず高HBV DNA量は、ラジオ波焼灼療法による肝細胞癌治療後の予後不良因子である 第48回日本肝臓学会(金沢、2012年6月7日)
  • 三神信太郎、建石良介、金井弓美子、佐藤雅哉、南達也、新野徹、内野康志、榎奥健一郎、工藤洋太郎、浅岡良成、近藤祐嗣、山敷宣代、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 バイオマーカー 肝癌サーベイランスにおける腫瘍マーカーの意義 第48回日本肝臓学会(金沢、2012年6月7日)
  • 建石良介、椎名秀一朗、新野徹、内野康志、金井弓美子、佐藤雅哉、南達也、三神信太郎、榎奥健一郎、近藤祐嗣、浅岡良成、五藤忠、吉田晴彦、小池和彦 肝癌診療ガイドラインの活用と改訂への提案 3cm 3個を超える肝細胞癌に対する経皮的局所療法の選択状況と予後 第48回日本肝臓学会(金沢、2012年6月7日)
  • 石井重登、崔仁煥、松村祐志、高橋靖、丸木実子、金澤亮、小森寛子、渡辺純夫、須山正文 血管侵襲を有する高度進行肝細胞癌に対するDSMを併用した一時的肝動脈化学塞栓療法(DSM-TACE)の治療成績 第48回日本肝臓学会総会(金沢、2012年6月7日)
  • 近藤祐嗣、金井弓美子、南達也、三神信太郎、佐藤雅哉、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、浅岡良成、建石良介、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 ラジオ波熱凝固治療の標準化と問題点 経皮的ラジオ波焼灼術の安全性と合併症対策 第48回日本肝臓学会(金沢、2012年6月8日)
  • 内野康志、小尾俊太郎、浅岡良成、建石良介、佐藤新平、菅田美保、佐藤隆久、金井弓美子、南達也、三神信太郎、佐藤雅哉、新野徹、榎奥健一郎、近藤祐嗣、山敷宣代、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 進行肝細胞癌に対する化学療法の現状と展開 進行肝細胞癌に対するソラフェニブおよびインターフェロン併用5-FU全身化学療法の比較 第48回日本肝臓学会(金沢、2012年6月8日)
  • 南達也、五藤忠、建石良介、椎名秀一朗、三神信太郎、佐藤雅哉、新野徹、内野康志、榎奥健一郎、浅岡良成、近藤祐嗣、吉田晴彦、小池和彦 C型肝硬変患者に対する治療の現状と展開 HCV陽性肝細胞癌根治的治療後のIFN治療による再発抑止効果と予後の検討 第48回日本肝臓学会(金沢、2012年6月8日)
  • 新野徹、建石良介、中川勇人、金井弓美子、佐藤雅哉、南達也、三神信太郎、内野康志、榎奥健一郎、浅岡良成、近藤祐嗣、五藤忠、椎名秀一朗、小俣政男、吉田晴彦、小池和彦 慢性C型肝炎患者における血清アディポネクチン濃度と予後 第48回日本肝臓学会(金沢、2012年6月8日)
  • 榎奥健一郎、建石良介、金井弓美子、南達也、三神信太郎、佐藤雅哉、内野康志、新野徹、近藤祐嗣、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 NASH/NAFLDと全身疾患 発症・経過・治療・予後に及ぼす影響 非B非C肝障害患者の死因と予後決定因子の解析 第48回日本肝臓学会(金沢、2012年6月7-8日)
  • 小森寛子、崔仁煥、松村祐志、高橋靖、丸木実子、石井重登、金澤亮、渡辺純夫、須山正文 分枝型IPMNの良悪性の鑑別における膵液洗浄細胞診+セルブロック作成の有用性 第43回日本膵臓学会大会(山形、2012年6月28日)
  • 金澤亮、崔仁煥、松村祐志、高橋靖、丸木実子、石井重登、小森寛子、渡辺純夫、須山正文 ERCP後軽症膵炎を契機に発症したTTPの一例 第43回日本膵臓学会大会(山形、2012年6月28日)
  • 椎名秀一朗、金井弓美子、南達也、佐藤雅哉、三神信太郎、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、近藤祐嗣、浅岡良成、建石良介、五藤忠、吉田晴彦、佐藤隆久、小池和彦 RFA治療の工夫 Multimodality fusion imagingを用いた経皮的ラジオ波焼灼術(RFA) 第48回日本肝癌研究会(金沢、2012年7月20日)
  • 安藤野須子、建石良介、椎名秀一朗、三神信太郎、金井弓美子、南達也、新野徹、内野康志、榎奥健一郎、浅岡良成、近藤祐嗣、五藤忠、小俣政男、吉田晴彦、小池和彦 ラジオ波焼灼療法後の肝膿瘍合併例における発熱時期の検討 第48回日本肝癌研究会(金沢、2012年7月20日)
  • 佐藤隆久、梶山祐介、河井敏宏、八島陽子、杉本貴史、菅田美保、佐藤新平、小尾俊太郎 肝切除後の巨大腹膜播種を伴う再発に対し、血管塞栓術とソラフェニブ内服が有効であった一例 第48回日本肝癌研究会(金沢、2012年7月20日)
  • 南達也、建石良介、椎名秀一朗、金井弓美子、三神信太郎、佐藤雅哉、新野徹、内野康志、榎奥健一郎、近藤祐嗣、浅岡良成、山敷宣代、五藤忠、吉田晴彦、小池和彦 C型肝癌治療経過中にC型肝炎ウイルスが自然消滅した症例についての検討 第48回日本肝癌研究会(金沢、2012年7月21日)
  • 藤原直人、建石良介、赤羽正章、金井弓美子、三神信太郎、南達也、佐藤雅哉、新野徹、内野康志、近藤祐嗣、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 肝細胞癌患者における造影剤副作用の蓄積リスク 第48回日本肝癌研究会(金沢、2012年7月21日)
  • 畑中健、小曽根隆、小川展二、神尾政志、小畑力、鈴木秀行、丸橋恭子、猿谷真也、鷲田雄二 HCCに対してバルーン閉塞下肝動脈化学塞栓術(B-TACE)を施行し、著明な壊死を認めた2切除例 第48回日本肝癌研究会(金沢、2012年7月21日)
  • 佐藤公紀、大木隆正、中塚拓馬、藤原弘明、吉村英子、斎藤圭、近藤真由子、井原総三郎、高木馨、関道治、戸田信夫、田川一海 インターフェロン治療によるC型肝炎 ウィルス駆除療法後に肝細胞癌を発症した患者の特徴 第48回日本肝癌研究会(石川、2012年7月21-22日)
  • 斉藤紘昭、崔仁煥、松村祐志、丸木実子、伊藤智康、石井重登、金澤亮、小森寛子 膵胆管合流異常にhepatoid adenocarcinomaを伴った胆嚢癌の1例 第57回日本消化器画像診断研究会(松島、2012年9月1日)
  • 小森寛子、崔仁煥、松村祐志、高橋靖、丸木実子、石井重登、金澤亮 EUS-FNAで診断し得た直径7mmのsolid-pseudopapillary neoplasmの1切除例 第57回日本消化器画像診断研究会(松島、2012年9月1日)
  • 南達也、建石良介、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 IFN SVR後に門脈圧亢進症の進行を認めたC型肝炎関連肝細胞癌患者の2例 第19回日本門脈圧亢進症学会総会(東京、2012年9月7日)
  • 斉藤紘昭、崔仁煥、渡辺純夫 高齢者胆のう胆管結石に対する治療方針と非胆摘例の検討 第48回日本胆道学会学術集会(東京、2012年9月21日)
  • 小森寛子、崔仁煥、信川文誠 潜在的膵液胆道逆流現象と胆のう癌-共通管長5mm以下の高アミラーゼ胆汁- 第48回日本胆道学会学術集会(東京、2012年9月21日)
  • 小森寛子、崔仁煥、渡辺純夫 非アルコール性早期慢性膵炎疑診例に対するlow fat dietの有用性 JDDW 2012(神戸、2012年10月10日-13日)
  • 榎奥健一郎、建石良介、金井弓美子、南達也、佐藤雅哉、新野徹、内野康志、近藤祐嗣、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 糖尿病患者における肝線維化進展症例のフィブロスキャンによる拾いあげ JDDW 2012(神戸、2012年10月10日)
  • 藤原直人、建石良介、赤羽正章、金井弓美子、佐藤雅哉、南達也、三神信太郎、内野康志、新野徹、榎奥健一郎、淺岡良成、近藤祐嗣、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 肝細胞癌患者における造影剤の蓄積効果についての考察JDDW 2012(神戸、2012年10月10日)
  • 内野康志、建石良介、椎名秀一朗、南達也、佐藤雅哉、三神信太郎、新野徹、榎奥健一郎、浅岡良成、近藤祐嗣、五藤忠、吉田晴彦、小池和彦 肝細胞癌肝外転移の出現と腫瘍マーカー上昇 JDDW 2012(神戸、2012年10月10日)
  • 佐藤雅哉、加藤直也、建石良介、室山良介、古渡礼、Li W.、後藤覚、大塚基之、椎名秀一朗、吉田晴彦、小俣政男、小池和彦 PNPLA3(I148M)遺伝子多型とC型慢性肝炎患者からの発癌リスクの検討 JDDW 2012(神戸、2012年10月10日)
  • 佐藤隆久、河井敏宏、八島陽子、杉本貴史、菅田美保、河野勤、佐藤新平、小尾俊太郎 肝細胞癌・脳転移の18例 JDDW 2012(神戸、2012年10月10日)
  • 三神信太郎、近藤祐嗣、建石良介、金井弓美子、佐藤雅哉、南達也、新野徹、内野康志、榎奥健一郎、淺岡良成、山敷宣代、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 RFAの感染性合併症の解析 JDDW 2012(神戸、2012年10月11日)
  • 成田明子、吉田俊太郎、平田喜裕、鈴木裕史、渡邊義敬、小林由佳、崎谷康佑、磯村好洋、望月暁、建石良介、山田篤生、山地裕、椎名秀一朗、小池和彦 高齢者に対するXELOX療法及びXELOX+bevacizumab療法の現状 JDDW 2012(神戸、2012年10月11日)
  • 新野徹、近藤祐嗣、建石良介、金井弓美子、南達也、佐藤雅哉、三神信太郎、内野康志、榎奥健一郎、佐藤隆久、大木隆正、淺岡良成、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 経皮的ラジオ波焼灼術を受けた肝細胞癌患者のQuality Of Life(QOL)の検討 JDDW 2012(神戸、2012年10月11日)
  • 金澤亮、崔仁煥、渡辺純夫 後期高齢者胆管結石に対する内視鏡治療 第84回日本消化器内視鏡学会総会(神戸、2012年10月13日)
  • 椎名秀一朗 大腸癌肝転移治療におけるRFAの位置づけ 大腸癌肝転移に対するラジオ波焼灼術(RFA) 10年間の成績と今後の展開 第67回日本大腸肛門病学会学術集会(福岡、2012年11月17日)
  • 畑中健、滝沢大地、上野敬史、竹内卓、柿崎暁 進行肝細胞癌に対する微粉末化CDDP製剤による肝動脈化学注入療法の治療成績 第39回日本肝臓学会東部会(東京、2012年12月6日)
  • 浅岡良成、建石良介、藤原直人、南達也、三神信太郎、佐藤雅哉、内野康志、榎奥健一郎、近藤祐嗣、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 DCP高値肝細胞癌はラジオ波焼灼療法後脈管侵襲発生のリスクファクターとなる 第39回日本肝臓学会東部会(東京、2012年12月7日)
  • 斉藤紘昭、崔仁煥、渡辺純夫、松村祐志、丸木実子、伊藤智康、石井重登、金澤亮、小森寛子 胆管結石の内視鏡治療における出血、穿孔予防のための小切開EST + EPBD-644例のMeta解析を含めて- 第95回日本内視鏡学会関東地方会(東京、2012年12月8日)

ページのトップに戻る