業績

2013年

英文論文

  • Sai JK, Nobukawa B, Matsumura Y, Watanabe S. Pancreatic duct lavage cytology with the cell block method for discriminating benign and malignant branch-duct type intraductal papillary mucinous neoplasms. Gastrointest Endosc. 2013;77:726-35.
  • Maruki J, Sai JK, Watanabe S. Efficacy of low-fat diet against dyspepsia associated with nonalcoholic mild pancresatic disease diagnosed using the rosemont criteria. Pancreas 2013;42;49-52.
  • Fujiwara N, Tateishi R, Akahane M, Taguri M, Minami T, Mikami S, Sato M, Uchino K, Enooku K, Kondo Y, Asaoka Y, Yamashiki N, Goto T, Shiina S, Yoshida H, Ohtomo K, Koike K. Changes in risk of immediate adverse reactions to iodinated contrast media by repeated administrations in patients with hepatocellular carcinoma. PLoS One. 2013;8:e76018.
  • Ohki T, Tateishi R, Akahane M, Mikami S, Sato M, Uchino K, Arano T, Enooku K, Kondo Y, Yamashiki N, Goto T, Shiina S, Yoshida H, Matsuyama Y, Omata M, Ohtomo K, Koike K. CT with hepatic arterioportography as a pretreatment examination for hepatocellular carcinoma patients: a randomized controlled trial. Am J Gastroenterol. 2013;108:1305-13.
  • Tateishi R, Shiina S, Akahane M, Sato J, Kondo Y, Masuzaki R, Nakagawa H, Asaoka Y, Goto T, Otomo K, Omata M, Yoshida H, Koike K. Frequency, risk factors and survival associated with an intrasubsegmental recurrence after radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma. PLoS One. 2013;8:e59040.
  • Sato A, Sata M, Ikeda K, Kumada T, Izumi N, Asahina Y, Osaki Y, Chayama K, Kaneko S, Sakai A, Onji M, Hiasa Y, Omura T, Ozeki I, Yokosuka O, Shiina S, Itsubo M, Nishiguchi S, Hirano K, Ide T, Sakisaka S, Yamasaki T, Hidaka I, TanakaM, Kim SR, Ichida T. Clinical characteristics of patients who developed hepatocellular carcinoma after hepatitis C virus eradication with interferon therapy: current status in Japan. Intern Med. 2013;52:2701-6.

国際学会発表

  • Shiina S. Clinical unmet need in HCC. The 23rd Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL), Singapore, Singapore, 2013/6/8
  • Shiina S. HCC – Asian perspective and management. The 23rd Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL), Singapore, Singapore, 2013/6/8
  • Shiina S. What does matter in local ablation? The 4th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert Meeting (APPLE2013), Busan, Korea, 2013/7/6
  • Sato K, Ohki T. The overall-applicability of radical or effective hepatocellularcarcinoma treatments was unaffected by old age. AASLD 2013, Washington, USA, 2013/11/1-5
  • Shiina S. Prevention, identification and management of complications in radiofrequency ablation. The 3rd APASL HCC Conference, Cebu city, Philippines, 2013/11/23
  • Shiina S. Advances in loco-regional treatment for HCC: Ablative therapies. The 3rd APASL HCC Conference, Cebu city, Philippines, 2013/11/23
  • Shiina S, Rino A. Gani. RFA video ablation therapy in liver cancer. APASL-STC NASH 2013, Jakarta, Indonesia, 2013/12/1
  • Shiina S. Local regional therapy. APASL-STC NASH 2013, Jakarta, Indonesia, 2013/12/1

和文論文

  • 椎名秀一朗、佐藤隆久、近藤祐嗣、浅岡良成、建石良介、小池和彦:大腸癌の多発肝転移に対する治療戦略 ラジオ波焼灼療法(RFA) 10年間の成績と今後の展開 日本外科学会雑誌 2013;114:107-11.
  • 椎名秀一朗、佐藤隆久、近藤真由子、藤原直人、南達也、三神信太郎、佐藤雅哉、榎奥健一郎、内野康志、浅岡良成、近藤祐嗣、建石良介、吉田晴彦、小池和彦、小俣政男:【肝細胞がんのVascular Invasion】 治療成績からみた脈管浸潤の重み付け RFAと脈管浸潤 肝・胆・膵 2013;66:947-52.
  • 崔仁煥:【生活習慣と肝胆膵疾患】非アルコール性早期慢性膵炎疑診例に対するlow fat dietの有用性 消化器内科 2013;56:150-3.
  • 崔仁煥:【膵胆道癌の早期診断】胆管癌の早期診断 消化器内科 2013;56:529-31.
  • 崔仁煥、福村由紀:【粘液産生性胆道系腫瘍の再出発-エビデンスとしての画像と病理】 粘液産生胆管腫瘍のMRI診断 胆と膵 2013;34:375-9.
  • 有井滋樹、小松嘉人、島田安博、椎名秀一朗:【大腸癌肝転移;Consensus & Controversy】 肝・胆・膵 2013;6:605-19.

国内学会発表

  • 杉本貴史、河井敏宏、八島陽子、佐藤隆久、菅田美保、佐藤新平、小尾俊太郎 進行肝細胞癌症例の予防的静脈瘤治療は吐血死を予防できる 第99回日本消化器病学会(鹿児島、2013年3月21日)
  • 小森寛子、崔仁煥、松村祐志、稲見義宏、斉藤紘昭、丸木実子、伊藤智康、石井重登、金澤亮、渡辺純夫 新型自作同軸ダブルルーメンカテーテルによる膵液洗浄細胞診の有用性 高度粘調粘液を伴ったIPMN症例を中心に 第85回日本内視鏡学会(京都、2013年5月12日)
  • 内野康志、建石良介、藤原直人、南達也、三神信太郎、佐藤雅哉、榎奥健一郎、中川勇人、浅岡良成、近藤祐嗣、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼術後の再発危険因子としての血清フェリチン値 第49回日本肝臓学会(東京、2013年6月6日)
  • 柏木真太郎、建石良介、榎奥健一郎、藤原直人、佐藤雅哉、南達也、三神信太郎、内野康志、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 慢性肝疾患における肝発癌への糖尿病の関与 第49回日本肝臓学会(東京、2013年6月6日)
  • 畑中健、柿崎暁、上野敬史、竹内卓、嶋田靖、滝澤大地、片貝堅志 進行肝細胞癌に対する微粉末化CDDP製剤による肝動脈化学注入療法 第49回日本肝臓学会(東京、2013年6月6日)
  • Mamat Osman、福村由紀、増田芳雄、高瀬優、山野三紀、藤原典子、崔仁煥、須田耕一、川崎誠治、須山正文、八尾隆史 胆嚢粘膜の乳頭状過形成-増殖活性とp16INK4aタンパク発現からの検討 第102回日本病理学会(札幌、2013年6月8日)
  • 伊藤智康、崔仁煥、稲見義宏、丸木実子、斉藤紘明、石井重登、小森寛子、金澤亮、椎名秀一朗、渡辺純夫 憩室内反転にて経鼻内視鏡下にEHLを行った難治性胆管結石の一例 第96回日本消化器内視鏡学会関東地方会(東京、2013年6月15日)
  • 浅岡良成、池田公史、椎名秀一朗、建石良介、上野秀樹、森実千種、近藤俊輔、坂本康成、仲地耕平、光永修一、清水怜、小島康志、有岡仁、小池和彦、奥坂拓志 肝細胞がん患者を対象としたTSU-68+S-1臨床第Ⅰ/Ⅱ相試験 -有効性評価と血管新生関連因子の検討- 第49回日本肝癌研究会(東京、2013年7月11日)
  • 建石良介、近藤祐嗣、椎名秀一朗、藤原直人、近藤真由子、南達也、三神信太郎、佐藤雅哉、内野康志、榎奥健一郎、中川勇人、浅岡良成、吉田晴彦、小池和彦 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法の適応 第49回日本肝癌研究会(東京、2013年7月11日)
  • 石井重人、崔仁煥、佐藤隆久、稲見義宏、丸木実子、斉藤紘昭、伊藤智康、金澤亮、小森寛子、椎名秀一朗、渡辺純夫 進行肝細胞癌に対するDSM-TACEの検討 第49回日本肝癌研究会(東京、2013年7月11日)
  • 内野康志、近藤真由子、藤原直人、南達也、三神信太郎、佐藤雅哉、榎奥健一郎、中川勇人、浅岡良成、近藤祐嗣、建石良介、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 C型慢性肝炎患者における血清フェリチン値の肝発癌に与える影響 第49回日本肝癌研究会(東京、2013年7月11日)
  • 畑中健、柿崎暁、上野敬史、新井洋佑、滝沢大地 巨大多発肝細胞癌に対してTACE併用ソラフェニブが奏功した一例 第49回日本肝癌研究会(東京、2013年7月11日-12日)
  • 石井重登、崔仁煥、丸木実子、小森寛子、金澤亮、椎名秀一朗、渡辺純夫 膵腫瘤の良悪性の鑑別における造影EUS+EUS-FNAの有用性 第44回日本膵臓学会(仙台、2013年7月25日)
  • 福村由紀、高瀬優、原貴恵子、小森寛子、金澤亮、崔仁煥、須田耕一、八尾隆史 ERCP膵液細胞診におけるセルブロック/MUC染色と手術材料の比較 第44回日本膵臓学会(仙台、2013年7月25日)
  • 伊藤智康、崔仁煥、丸木実子、石井重登、小森寛子、金澤亮、椎名秀一朗 胆管結石の内視鏡治療後膵炎予防における小切開EST+EPBDの有用性 第49回日本胆道学会(東京、2013年9月19日)
  • 畑中健、柿崎暁、上野敬史、嶋田靖、滝澤大地、片貝堅志 当院における大腸癌肝転移に対するラジオ波焼灼療法の治療成績 第21回日本消化器関連学会週(東京、2013年10月9日)
  • 三神信太郎、建石良介、近藤真由子、藤原直人、佐藤雅哉、南達也、内野康志、榎奥健一郎、淺岡良成、近藤祐嗣、五藤忠、椎名秀一朗、吉田晴彦、小池和彦 肝細胞癌サーベイランスにおける、腹部超音波検査の信頼度評価基準の提言 JDDW 2013(東京、2013年10月10日)
  • 丸木実子、崔仁煥、佐藤隆久、稲見義宏、斉藤紘昭、伊藤智康、石井重登、小森寛子、金澤亮、椎名秀一朗、渡辺純夫、福村由紀 分枝型IPMNの良悪性の鑑別における膵液洗浄細胞診+セルブロック作成の有用性 新型8F-同軸ダブルルーメンカテーテルの有用性を含めて 第86回日本消化器内視鏡学会(東京、2013年10月12日)
  • 成田明子、吉田俊太郎、神宝隆行、太田弓子、七條智聖、鈴木裕史、渡邊義敬、小由佳、山田篤生、平田喜裕、山地裕、椎名秀一朗、小池和彦 進行大腸癌の抗癌剤療法におけるベバシズマブ併用の効果予測因子としての内臓脂肪 第51回日本癌治療学会学術集会(京都、2013年10月26日)
  • 畑中健、柿崎暁、上野敬史、新井洋佑、滝沢大地 巨大多発肝細胞癌に対してTACE併用ソラフェニブが奏功した一例 第327回日本消化器病学会関東支部例会(東京、2013年12月7日)
  • 畑中健、柿崎暁、嶋田靖、滝沢大地、小林裕幸、山田正信 薬剤性肝障害と鑑別を要した急性E型肝炎の1例 第602回日本内科学会関東地方会(東京、2013年12月14日)
  • 斉藤紘昭、崔仁煥、福村由紀、丸木実子、伊藤智康、石井重登、小森寛子、金澤亮、八尾隆史、椎名秀一朗、渡辺純夫 膵液洗浄細胞診+膵管鏡が診断に有用であったIPMNの1例 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会(東京、2013年12月15日)

ページのトップに戻る