業績

2015年

英文論文

  • Mikami S, Tateishi R, Hagiwara S, Sato M, Minami T, Uchino K, Enooku K, Sato T, Nakagawa H, Masuzaki R, Asaoka Y, Kondo Y, Shiina S, Ikeda H, Omata M, Yoshida H, Koike K. Tumor markers are more useful in patients undergoing surveillance for hepatocellular carcinoma with unreliable results by ultrasonography. Hepatol Res. 2015 Apr;45(4):415-22. doi: 10.1111/hepr.12365. Epub 2014 Jun 19. PMID: 24861870.
  • Fujiwara N, Tateishi R, Nakagawa H, Nakagomi R, Kondo M, Minami T, Sato M, Uchino K, Enooku K, Kondo Y, Asaoka Y, Shiina S, Yoshida H, Koike K. Slight elevation of high-sensitivity C-reactive protein to predict recurrence and survival in patients with early stage hepatitis C-related hepatocellular carcinoma. Hepatol Res. 2015 Jun;45(6):645-55. doi: 10.1111/hepr.12398. Epub 2014 Sep 2. PMID: 25070147.
  • Nakagawa H, Fujiwara N, Tateishi R, Arano T, Nakagomi R, Kondo M, Minami T, Sato M, Uchino K, Enooku K, Asaoka Y, Kondo Y, Shiina S, Yoshida H, Koike K. Impact of serum levels of interleukin-6 and adiponectin on all-cause, liver- related, and liver-unrelated mortality in chronic hepatitis C patients. J Gastroenterol Hepatol. 2015 Feb;30(2):379-88. doi: 10.1111/jgh.12719. PMID: 25168107.
  • Fujiwara N, Nakagawa H, Kudo Y, Tateishi R, Taguri M, Watadani T, Nakagomi R, Kondo M, Nakatsuka T, Minami T, Sato M, Uchino K, Enooku K, Kondo Y, Asaoka Y, Tanaka Y, Ohtomo K, Shiina S, Koike K. Sarcopenia, intramuscular fat deposition, and visceral adiposity independently predict the outcomes of hepatocellular carcinoma. J Hepatol. 2015 Jul;63(1):131-40. doi: 10.1016/j.jhep.2015.02.031. Epub 2015 Feb 24. PMID: 25724366.
  • Minami T, Tateishi R, Shiina S, Nakagomi R, Kondo M, Fujiwara N, Mikami S, Sato M, Uchino K, Enooku K, Nakagawa H, Asaoka Y, Kondo Y, Yoshida H, Koike K. Comparison of improved prognosis between hepatitis B- and hepatitis C-related hepatocellular carcinoma. Hepatol Res. 2015 Oct;45(10):E99-E107. doi: 10.1111/hepr.12468. Epub 2015 Mar 3. PMID: 25559860.
  • Ito T, Nagahara A, Osada T, Kato J, Ueyama H, Saito H, Taniki N, Kanazawa R, Shimizu R, Sai J, Shiina S, Watanabe S. Efficacy of recombinant human soluble thrombomodulin in patients with sepsis and disseminated intravascular coagulation in the gastroenterology field. Biomed Rep. 2015 Jul;3(4):457-460. doi: 10.3892/br.2015.464. Epub 2015 May 13. PMID: 26171148; PMCID: PMC4486978.
  • Uchino K, Tateishi R, Fujiwara N, Minami T, Sato M, Enooku K, Nakagawa H, Asaoka Y, Kondo Y, Yoshida H, Moriya K, Shiina S, Omata M, Koike K. Impact of serum ferritin level on hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis C patients. Hepatol Res. 2016 Apr;46(4):259-68. doi: 10.1111/hepr.12517. Epub 2015 May 15. PMID: 25788045.
  • Minami T, Tateishi R, Kondo M, Nakagomi R, Fujiwara N, Sato M, Uchino K, Enooku K, Nakagawa H, Asaoka Y, Kondo Y, Moriya K, Shiina S, Koike K. Serum Alpha-Fetoprotein Has High Specificity for the Early Detection of Hepatocellular Carcinoma After Hepatitis C Virus Eradication in Patients. Medicine (Baltimore). 2015 Jun;94(23):e901. doi: 10.1097/MD.0000000000000901. PMID: 26061310; PMCID: PMC4616483.
  • Shiina S, Shimizu R, Hayashi M, Sato K, Taniki N, Kanazawa R, Miura H, Ishii S, Hatanaka T, Sai J-K, Okubo H. Juntendo University Radiofrequency Ablation Training Program. Juntendo Medical Journal 2015 Volume 61 Issue 3 Pages 216-219.

国際学会発表

  • Shiina S. WHICH ABLATION. Ablation of HCC: The Eastern perspective. EWALT (Eastern & Western Association Liver Tumors) Milan, Milan, Italy, 2015/1/22
  • Shiina S. Hepatocellular carcinoma: current management and recent advances. Seminario in Campus Bio Medico University of Rome, Rome, Italy, 2015/1/26
  • Shiina S. Hepatocellular carcinoma: management update: What is the ideal therapy for HCC – Ablation. APASL (Asian-Pacific Association for the Study of the Liver) 2015, Istanbul, Turkey, 2015/3/12
  • Taniki N, Shimizu R, Kanazawa R, Ito T, Saito H, Sai JK, Watanabe S, Shiina S. Radiofrequency ablation in very elderly patients with liver tumors. APASL (Asian-Pacific Association for the Study of the Liver) 2015, Istanbul, Turkey, 2015/3/12
  • Shiina S. Meet the Expert: The treatment of small HCC. APASL (Asian-Pacific Association for the Study of the Liver) 2015, Istanbul, Turkey, 2015/3/13
  • Shimizu R, Taniki N, Miura H, Kanazawa R, Ito T, Saito H, Sai JK, Watanabe S, Shiina S. A case of hepatocellular adenoma treated with percutaneous radiofrequency ablation. APASL (Asian-Pacific Association for the Study of the Liver) 2015, Istanbul, Turkey, 2015/3/14
  • Shiina S. RFA: State-of-the Art. APPLE (The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert) 2015 Meeting, Osaka, Japan, 2015/7/3
  • Shimizu R, Taniki N, Hayashi M, Kanazawa R, Sato K, Ishii S, Ito T, Hatanaka T, Saito H, Sai JK, Watanabe S, Shiina S. Radiofrequency Ablation in very elderly patients with liver tumors. APPLE (The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert) 2015 Meeting, Osaka, Japan, 2015/7/3
  • Shimizu R, Taniki N, Hayashi M, Kanazawa R, Sato K, Ishii S, Ito T, Hatanaka T, Saito H, Sai JK, Watanabe S, Shiina S. Hepatocellular adenoma treated with percutaneous radiofrequency ablation: a case report. APPLE (The 6th Asia-Pacific Primary Liver Cancer Expert) 2015 Meeting, Osaka, Japan, 2015/7/4
  • Shiina S. HCC: Ten-years survival after RFA. ACTA (Asian Conference on Tumor Ablation) 2015, Fukuoka, Japan, 2015/10/30
  • Shiina S. Current Status of HCC Ablation in Asia. ACTA (Asian Conference on Tumor Ablation) 2015, Fukuoka, Japan, 2015/10/30
  • Shiina S. Top tips for the liver tumor ablation – RFA by adjustable electrode. ACTA (Asian Conference on Tumor Ablation) 2015, Fukuoka, Japan, 2015/10/30
  • Taniki N, Shimizu R, Hayashi M, Kanazawa R, Sato K, Ishii S, Hatanaka T, Sai JK, Watanabe S, Shiina S. Radiofrequency ablation is an efficacious and safe treatment for liver tumors in very elderly patients. ACTA (Asian Conference on Tumor Ablation) 2015, Fukuoka, Japan, 2015/10/30
  • Shiina S, Shimizu R,Taniki N,Hayashi M,Kanazawa R,Miura H,Sato K,Ishii S,Hatanaka T,Sai JK,Watanabe S. Radiofrequency Ablation (RFA) Training Program. ACTA (Asian Conference on Tumor Ablation) 2015, Fukuoka, Japan, 2015/10/30
  • Shimizu R, Taniki N,Hayashi M,Kanazawa R,Sato K,Ishii S,Hatanaka T,Sai JK,Watanabe S,Shiina S. Radiofrequency ablation for hepatocellular adenoma: a case report. ACTA (Asian Conference on Tumor Ablation) 2015, Fukuoka, Japan, 2015/10/30
  • Shiina S, Shimizu R, Taniki N, Tateishi R, Kondo Y, Uchino K, Arano T, Asaoka Y, Nakagawa H, Sato T, Masuzaki R. A case of unresectable, large, intrapelvic recurrence of renal cell carcinoma treated by radiofrequency ablation in 2008, ACTA (Asian Conference on Tumor Ablation) 2015, Fukuoka, Japan, 2015/10/30
  • Tateishi R, Fujiwara N, Nakagawa H, Kudo Y, Nakagomi R, Kondo M, Nakatsuka T, Minami T, Sato M, Uchino K, Enooku K, Kondo Y, Asaoka Y, Tanaka Y, Moriya K, Shiina S, Koike K. Etiological difference in body composition of patients with hepatocellular carcinoma. The 67th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases: The Liver Meeting 2015, San Francisco, USA, 2015/11/14

和文論文

  • 金澤亮、崔仁煥、福村由紀、三浦寛子、渡辺純夫、椎名秀一朗、川崎誠治、加藤俊介:EUS-FNAが診断に有用であった成人膵芽腫の一例 膵臓 2015;30:689-96.
  • 齊藤朋、千葉哲博、若松徹、井上将法、日下部裕子、関本匡、丸山紀史、小笠原定久、鈴木英一郎、大岡美彦、太和田暁之、横須賀收 肝細胞癌に対して治療介入を行った90歳以上の高齢者の3例:肝臓(0451-4203) 2015;56(11):628-31.
  • 椎名秀一朗、近藤祐嗣、建石良介:【最新肝癌学-基礎と臨床の最新研究動向-】肝癌の治療 内科的治療 局所凝固療法 ラジオ波焼灼術(RFA:radiofrequency ablation)、日本臨床 (0047-1852)増刊1 最新肝癌学 2015;73:622-6.
  • 椎名秀一朗、中川勇人、近藤祐嗣、浅岡良成、建石良介、小池 和彦:【胃癌の診療】 胃癌の治療 胃癌肝転移に対する内科的アプローチ ラジオ波治療. 臨床消化器内科 2015;30: 891-94.
  • 椎名秀一朗、近藤祐嗣、建石良介、清水遼、三浦寛子、金澤亮、林学、石井重登、佐藤公紀、畑中健、崔仁煥:【肝がん診療ガイドライン:どうする治療選択】4個以上(Vp0-1) 4個以上(Vp0-1)肝細胞癌に対する治療戦略 肝・胆・膵(0389-4991) 2015;71(2):265-72.

国内学会発表

  • 林学、今泉博道、岡井研、菅野有紀子、阿部和道、高橋敦史、大平弘正 肝細胞癌術後16年後に発症した肝血管肉腫の1例 第198回日本消化器病学会東北支部例会(仙台、2015年2月7日)
  • 伊藤智康、永原章仁、長田太郎、加藤順子、上山浩也、斉藤紘昭、椎名秀一朗、渡辺純夫 感染症に伴う播種性血管内凝固症候群(DIC)に対するリコンビナントトロンボモジュリン製剤(rTM)の治療効果の検討 第112回日本内科学会総会(京都、2015年4月10日)
  • 金澤亮、崔仁煥、三浦寛子、椎名秀一朗、渡辺純夫 当院における切除不能膵癌に対する化学放射線療法の検討 第101回日本消化器病学会総会(仙台、2015年4月24日)
  • 林学、今泉博道、岡井研、菅野有紀子、阿部和道、高橋敦史、大平弘正 当院における急性肝不全に合併した急性膵炎の検討 第101回日本消化器病学会総会(仙台、2015年4月23日-25日)
  • オスマン・ママト、福村由紀、笹原典子、熊坂利夫、崔仁煥、川崎誠治、須田耕一、八尾隆史 肝内大型胆管におけるIPNBの4症例 第104回日本病理学会総会(2015年4月30日-5月2日)
  • 内野康志、建石良介、中込良、近藤真由子、藤原直人、南達也、佐藤雅哉、榎奥健一郎、中川勇人、浅岡良成、近藤祐嗣、椎名秀一朗、柴原純二、小池和彦 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼術:焼灼後腫瘍生検の診断能と意義 第51回日本肝臓学会(熊本、2015年5月21日)
  • 畑中健、柿崎暁、嶋田靖、滝澤大地、片貝堅志、佐藤賢、山田正信 微粉末化CDDP製剤による肝動脈化学注入療法が肝予備能へ与える因子の検討 第51回日本肝臓学会(熊本、2015年5月21日)
  • 林学、阿部和道、今泉博道、岡井研、菅野有紀子、高橋敦史、大平弘正 原発性胆汁性肝硬変における血清Cytokeratin-18値と臨床像の関連性 第51回日本肝臓学会(熊本、2015年5月21日)
  • 畑中健、伊島正志、松井綾子、栗原英心、綿貫雄太、深井泰守、高橋和宏、石原慎吾、嶋田靖、滝沢大地、増尾貴成、佐藤賢、柿崎暁、草野元康、山田正信 手術不能担癌症例の急性胆嚢炎に対する内視鏡的胆嚢ステント留置術(EGBS)の有用性および安全性の検討 第89回日本消化器内視鏡学会総会(名古屋、2015年5月29日)
  • 伊藤智康、崔仁煥、金澤亮、冨嶋享、斉藤紘昭、椎名秀一朗、渡辺純夫 胆石性急性膵炎に対する緊急ERCPにおけるEST+EPBDの安全性の検討 第89回日本消化器内視鏡学会総会(名古屋、2015年5月30日)
  • 金澤亮、崔仁煥、伊藤智康、冨嶋享、椎名秀一朗、渡辺純夫 カニュレーション困難例に対する一期的PTCランデブー法の有効性と安全性について 第89回日本消化器内視鏡学会総会(名古屋、2015年5月30日
  • 冨嶋享、崔仁煥、斉藤紘昭、伊藤智康、金澤亮、椎名秀一朗、渡辺純夫、福村由紀 EUSにて鑑別困難であった限局性膵管狭窄の診断 -経鼻膵管ドレナージ(ENPD)留置下膵液細胞診の有用性- 第100回日本消化器内視鏡学会関東地方会(東京、2015年6月14日)
  • 五藤倫敏、伊藤慎吾、盧尚志、岡澤裕、水越幸輔、石山隼、杉本起一、柳沼行宏、高橋玄、小島豊、坂本一博、椎名秀一朗、渡辺純夫、荒川敦、八尾隆史 腹壁腫瘤の切除後に診断された肝細胞癌の1例 第40回日本外科系連合学会(東京、2015年6月18-19日)
  • 冨嶋享、崔仁煥、福村由紀、斉藤紘昭、伊藤智康、金澤亮、三浦寛子、椎名秀一朗、渡辺純夫 分枝型IPMN経過観察における膵液洗浄細胞診セルブロック検体を用いたMUC染色の有用性 第46回日本膵臓学会大会(名古屋、2015年6月19日)
  • 金澤亮、崔仁煥、三浦寛子、富嶋享、伊藤智康、椎名秀一朗、渡辺純夫、石井重登 当院における切除不能膵癌に対する化学放射線療法の検討 第46回日本膵臓学会大会(名古屋、2015年6月19日)
  • 福村由紀、原貴恵子、Mamat Osman、崔仁煥、山野三紀、石崎陽一、川崎誠治、八尾隆史 Solid-pseudopapillary neoplasm 男性群と女性群の差異についての検討 第46回日本膵臓学会大会(名古屋、2015年6月20日)
  • 清水遼、谷木信仁、林学、金澤亮、三浦寛子、佐藤公紀、石井重登、伊藤智康、畑中健、斉藤紘昭、崔仁煥、渡辺純夫、椎名秀一朗 新規モノポーラ電極針を用いた肝癌に対するラジオ波焼灼術の経験 第34回Microwave Surgery研究会(東京、2015年9月11日)
  • 谷木信仁、清水遼、林学、金澤亮、三浦寛子、佐藤公紀、石井重登、畑中健、伊藤智康、斉藤紘昭、崔仁煥、渡辺純夫、椎名秀一朗 高齢化社会におけるラジオ波焼灼療法(RFA)の可能性 第34回Microwave Surgery研究会(東京、2015年9月11日)
  • 椎名秀一朗、清水遼、三浦寛子、金澤亮、林学、石井重登、佐藤公紀、畑中健、崔仁煥 順天堂大学におけるラジオ波焼灼術トレ―ニングプログラムについて 第34回Microwave Surgery研究会(東京、2015年9月12日)
  • 金澤亮、崔仁煥、三浦寛子、石井重登、伊藤智康、富嶋享、椎名秀一朗、渡辺純夫 カニュレーション困難例に対する一期的PTCランデブー法の有効性と安全性について 第51回日本胆道学会学術集会(宇都宮、2015年9月18日)
  • 冨嶋享、崔仁煥、斉藤紘昭、伊藤智康、石井重登、金澤亮、三浦寛子、椎名秀一朗、渡辺 純夫、福村由紀 Covered metallic stent挿入後3年6ヵ月の長期開存を認めた乳頭部癌の一例 第51回日本胆道学会学術集会(宇都宮、2015年9月18日)
  • 冨嶋享、崔仁煥、斉藤紘昭、伊藤智康、金澤亮、椎名秀一朗、渡辺純夫、福村由紀 分枝型IPMN経過観察における膵液洗浄細胞診セルブロック検体を用いたMUC染色の有用性 JDDW 2015(東京、2015年10月8日)
  • 谷木信仁、清水遼、金澤亮、三浦寛子、伊藤智康、斉藤紘昭、崔仁煥、渡辺純夫、椎名秀一朗 High volume centerにおけるラジオ波焼灼術(RFA)の実際 JDDW 2015(東京、2015年10月8日)
  • 石井重登、崔仁煥、三浦寛子、金澤亮、伊藤智康、椎名秀一朗、渡辺純夫 当院における切除不能膵癌に対する化学放射線療法の検討 JDDW 2015(東京、2015年10月9日)

講演会

  • 椎名秀一朗 ラジオ波焼灼術(RFA)順天堂大学静岡病院 講演会(静岡、2015年2月23日)
  • 椎名秀一朗 ラジオ波焼灼術(RFA)和歌山医大第二内科医局セミナー(和歌山、2015年4月10日)
  • 椎名秀一朗 「特別講演」肝細胞癌・転移性肝癌に対するラジオ波焼灼術の実績と今後の展開 北東北ソラフェニブフォーラム(盛岡、2015年6月20日)
  • 椎名秀一朗 肝癌に対するラジオ波治療 これまでの実績と今後の展開 お茶の水がん学アカデミア RFA(東京、2015年6月24日)
  • 椎名秀一朗 ラジオ波焼灼術:実績と展望 第19回福島肝疾患勉強会(福島、2015年9月5日)
  • 椎名秀一朗 ラジオ波治療の取り組みと将来の展望 第34回Microwave Surgery研究会 イブニングセミナー(東京、2015年9月11日)
  • 椎名秀一朗 肝転移に対するラジオ波焼灼術 肝転移ラジオ波治療フォーラム(東京、2015年10月8日)

ページのトップに戻る