業績

2017年

英文論文

  • Omata M, Cheng AL, Kokudo N, Kudo M, Lee JM, Jia J, Tateishi R, Han KH, Chawla YK, Shiina S, Jafri W, Payawal DA, Ohki T, Ogasawara S, Chen PJ, Lesmana CRA, Lesmana LA, Gani RA, Obi S, Dokmeci AK, Sarin SK. Asia-Pacific clinical practice guidelines on the management of hepatocellular carcinoma: a 2017 update. Hepatol Int. 2017 Jul;11(4):317-370. doi: 10.1007/s12072-017-9799-9. Epub 2017 Jun 15. PMID: 28620797; PMCID: PMC5491694.
  • Ikeda M, Kudo M, Aikata H, Nagamatsu H, Ishii H, Yokosuka O, Torimura T, Morimoto M, Ikeda K, Kumada H, Sato T, Kawai I, Yamashita T, Horio H, Okusaka T; Miriplatin TACE Study Group. Transarterial chemoembolization with miriplatin vs. epirubicin for unresectable hepatocellular carcinoma: a phase III randomized trial. J Gastroenterol. 2018 Feb;53(2):281-290. doi: 10.1007/s00535-017-1374-6. Epub 2017 Aug 1. PMID: 28766016; PMCID: PMC5846877.
  • Tomishima K, Sai JK, Kanazawa R, Miura H, Shimizu R, Sato K, Ishii S, Saito H, Ito T, Fukumura Y, Shiina S, Watanabe S. Impact of MUC1 Expression on the Progression of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm With Worrisome Features During Follow-up. Pancreas. 2017 Oct;46(9):1127-1132. doi: 10.1097/MPA.0000000000000902. PMID: 28902782.
  • Nakano M, Niizeki T, Nagamatsu H, Tanaka M, Kuromatsu R, Satani M, Okamura S, Iwamoto H, Shimose S, Shirono T, Noda Y, Koga H, Torimura T; Kurume Liver Cancer Study Group of Japan. Clinical effects and safety of intra-arterial infusion therapy of cisplatin suspension in lipiodol combined with 5-fluorouracil versus sorafenib, for advanced hepatocellular carcinoma with macroscopic vascular invasion without extra-hepatic spread: A prospective cohort study. Mol Clin Oncol. 2017 Dec;7(6):1013-1020. doi: 10.3892/mco.2017.1442. Epub 2017 Oct 4. PMID: 29285366; PMCID: PMC5740831.
  • Shinohara K, Ebata T, Yokoyama Y, Igami T, Sugawara G, Mizuno T, Yamaguchi J, Shimoyama Y, Shiina S, Tateishi R, Arano T, Nagino M. Successful local treatment for repeated hepatic recurrences of cholangiolocellular carcinoma: a report on a long-term survivor. Surg Case Rep. 2017 Dec 2;3(1):120. doi: 10.1186/s40792-017-0391-2. PMID: 29198012; PMCID: PMC5712293.

国際学会発表

  • Shiina S. Radiofrequency ablation (RFA) for HCC: over 10-year outcomes and training programs. EWALT (Eastern & Western Association Liver Tumors) 2017, Sendai, Japan, 2017/1/27
  • Takawa M, Hayase S, Kumamoto K, Koji K, Kono K, Akasu T, Moriya Y. Outcomes of preoperative chemoradiotherapy for rectal cancer with lateral pelvic lymph node metastasis. ECCO (European Cancer Congress) 2017, Amsterdam, Netherlands, 2017/1/28
  • Sato K, Taniki N, Shimizu R, Hayashi M, Kanazawa R, Ishii S, Hatanaka T, Sai JK, Watanabe S, Shiina S. Factors for respiratory depression and severe body movement during percutaneous radiofrequency ablation under deep sedation. APASL (Asian-Pacific Association for the Study of the Liver) 2017, Shanghai, China, 2017/2/16
  • Shiina S. Radiofrequency Ablation training program for liver tumors, APASL (Asian-Pacific Association for the Study of the Liver) 2017, Shanghai, China, 2017/2/15-19
  • Shiina S. Usefulness of Radiofrequency Ablation Training Program for Liver Tumors. APASL STC (Asian-Pacific Association for the Study of the Liver, Single Topic Conference) Nagasaki 2017, Nagasaki, Japan, 2017/4/10
  • Nagamatsu H. Conversion therapy with hepatic arterial infusion chemotherapy for long-term prognosis in patients with advanced hepatocellular carcinoma involving vascular invasion. APASL STC (Asian-Pacific Association for the Study of the Liver, Single Topic Conference) Nagasaki 2017, Nagasaki, Japan, 2017/4/10
  • Takawa M, Sato K, Kanazawa R, Ishii S, Hatanaka T, Taniki N, Shimizu M, Nagamatsu H, Imai Y, Shiina S. Interventional Oncology (IVO) Suite at Juntendo University, New RFA treatment room. APASL STC (Asian-Pacific Association for the Study of the Liver, Single Topic Conference) Nagasaki 2017, Nagasaki, Japan, 2017/4/10
  • Takawa M. Interventional Oncology (IVO) Suite at Juntendo University, New RFA Treatment Room. APASL STC (Asian-Pacific Association for the Study of the Liver, Single Topic Conference) Nagasaki 2017, Nagasaki, Japan, 2017/4/10
  • Shimizu M. Efficacy of Tolvaptan for Refractory Ascites in Cirrhotic Patients with Hepatocellular Carcinoma. APASL STC (Asian-Pacific Association for the Study of the Liver, Single Topic Conference) Nagasaki 2017, Nagasaki, Japan, 2017/4/10
  • Sato K, Taniki N, Shimizu R, Hayashi M, Kanazawa R, Ishii S, Hatanaka T, Sai JK, Watanabe S, Shiina S. Analysis of factors for respiratory depression and severe body movement in radiofrequency ablation under deep sedation. APASL STC (Asian-Pacific Association for the Study of the Liver, Single Topic Conference) Nagasaki 2017, Nagasaki, Japan, 2017/4/10
  • Shiina S. Radiofrequency Ablation. APASL STC (Asian-Pacific Association for the Study of the Liver, Single Topic Conference) Nagasaki 2017, Nagasaki, Japan, 2017/4/11
  • Shiina S. Solitary HCC 2-5 cm: Resection vs. RFA?. A-PHPBA (6th Biennial Congress of The Asian-Pacific Hepato-Pancreato-Biliary Association) 2017, Yokohama, Japan, 2017/6/10
  • Shiina S. Radiofrequency ablation: over 10 years results, future perspective and training. APASL STC (Asian-Pacific Association for the Study of the Liver, Single Topic Conference) 2017 on HCV and coinfection in Ulaanbaatar, Ulaanbaatar, Mongolia, 2017/06/16
  • Shiina S. New Local Ablative Therapy for HCC. APASL STC (Asian-Pacific Association for the Study of the Liver, Single Topic Conference) 2017 on HCV and coinfection in Ulaanbaatar, Ulaanbaatar, Mongolia, 2017/06/17
  • Shiina S. Radiofrequency ablation: TJ experience of over 12,000 treatments in 18 years. The 4th ACTA (Asian Conference on Tumor Ablation) 2017, Canton, China, 2017/11/17
  • Shiina S. ECIO meets ACTA II: The Asian Experience: Asian ablation: Current status and perspective. The 4th ACTA (Asian Conference on Tumor Ablation) 2017, Canton, China, 2017/11/18
  • Shiina S. Lusutromboapag in radiofrequency ablation (RFA). The 4th ACTA (Asian Conference on Tumor Ablation) 2017, Canton, China, 2017/11/17-18
  • Ishii S, Sai JK, Matsumura Y, Suyama M, Fukumura Y, Kanazawa R, Miura H, Sato K, Hayashi M, Shimizu R, Shiina S. A Case of More Than 10-Year Survival of Locally Advanced Unresectable Pancreatic Head Cancer Treated with Chemoradiotherapy. Pancreas 46:837, 2017
  • Minami T, Tateishi R, Wake T, Nishibatake M, Nakagomi R, Sato M, Uchino K, Enooku K, Nakagawa H, Asaoka Y, Shiina S, Koike K. Hepatocellular carcinoma recurrence after curative treatments in patients with chronic hepatitis C who underwent direct-acting antiviral therapy. HEPATOLOGY, 66:760A-1A, 2017
  • Tateishi R, Shiina S, Minami T, Wake T, Nishibatake M, Nakagomi R, Fujiwara N, Sato M, Enooku K, Uchino K. Long-term Outcome After Radiofrequency Ablation for Hepatocellular Carcinoma With Special Interest to Anti-viral Therapy. HEPATOLOGY, 66:778A, 2017

和文論文

  • 伊佐山浩通、中井陽介、藤澤聡郎、松原三郎、高橋翔、鈴木彬実、冨嶋享、金澤亮、石井重登、斉藤紘昭:消化器外科医が知っておくべき超音波内視鏡ガイド下インターベンション 臨床外科 (0386-9857) 2017;72(10):1242-7.
  • 伊佐山浩通、藤澤聡郎、中井陽介、高橋翔、鈴木彬実、冨嶋享、金澤亮、石井重登、斉藤紘昭:【胆膵EUSを極める-私ならこうする(There is always a better way)-】治療 肝内胆管ドレナージ(HGS、HJS) 私はこうする、胆と膵 (0388-9408) 臨増特大 2017;38:1029-33.
  • 斉藤紘昭、藤澤聡郎、高橋翔、鈴木彬実、冨嶋享、金澤亮、石井重登、伊佐山浩通:【急性胆嚢炎に対する最新のマネージメント】穿孔を起こした急性胆嚢炎の内科的マネージメント 胆と膵 (0388-9408) 2017;38(10):1201-4.
  • 椎名秀一朗:【今日の治療指針 私はこう治療している】ラジオ波焼灼療法 医学書院 2017.
  • 椎名秀一朗、佐藤公紀、浅岡良成、建石良介、小池和彦:【みんなのがんサポート】みんなが知りたいがんサポート ラジオ波治療 Modern Physician (0913-7963) 2017;37(10):1075-9.
  • 椎名秀一朗、佐藤公紀、中川勇人、近藤祐嗣、浅岡良成、建石良介、小池和彦:【大腸癌の診療】切除不能進行・再発大腸癌への試み 肝転移に対する治療戦略 内科の視点から 臨床消化器内科 (0911-601X) 2017;32(7):962-6.
  • 椎名秀一朗:順天堂大学大学院医学研究科 画像診断・治療学教室における肝細胞癌治療の取り組み 群を抜いた治療実績と世界最高水準の設備をベースにした確実・安全なRFAにより原発性・転移性肝癌患者の長期生存をめざす The Liver Cancer Journal 2017;9(2): 126-30.
  • 鈴木彬実、高橋翔、冨嶋享、金澤亮、石井重登、斉藤紘昭、藤澤聡郎、伊佐山浩通:【診療ガイドライン最新版による膵癌診療アップデート】支持療法 切除不能進行膵癌の閉塞性黄疸に対する対処法 肝・胆・膵 (0389-4991) 2017;76(3):437-41.
  • 冨嶋享、藤澤聡郎、金澤亮、三浦寛子、石井重登、伊藤智康、斉藤紘昭、福村由紀、椎名秀一朗、渡辺純夫:Gemcitabine+nab-paclitaxelにて腫瘍縮小傾向を認めた多形細胞型退形成膵管癌の一例 膵臓 (0913-0071) 2017;32(5):812-20.
  • 藤澤聡郎、高橋翔、鈴木彬実、冨嶋享、金澤亮、石井重登、斉藤紘昭、伊佐山浩通:【膵疾患に対する内視鏡治療の新展開】膵炎に伴う膵液瘻の病態と内視鏡治療 消化器・肝臓内科 (2432-3446) 2017;2(6):588-95.

国内学会発表

  • 畑中健 造影エコーとfusion imagingを活用したRFAではほとんどの症例で腫瘍の完全焼灼が可能である 第103回日本消化器病学会総会(東京、2017年4月20日)
  • 石井重登、金澤亮、三浦寛子、佐藤公紀、冨嶋享、伊藤智康、斉藤紘昭、崔仁煥、渡辺純夫、椎名秀一朗 当院における切除不能局所進行膵癌に対する化学放射線療法の検討 第103回日本消化器病学会総会(東京、2017年4月20日)
  • 佐藤公紀、清水遼、林学、谷木信仁、金澤亮、三浦寛子、石井重登、伊藤智康、畑中健、斉藤紘昭、崔仁煥、渡辺純夫、椎名秀一朗 深鎮静下で経皮的ラジオ波焼灼術を実施する際の呼吸抑制と体動に関与する因子について 第103回日本消化器病学会総会(東京、2017年4月20日)
  • 金澤亮、石井重登、佐藤公紀、三浦寛子、渡辺純夫、椎名秀一朗 カニュレーション困難例に対する一期的PTC ランデブー法の有用性と安全性について 第103回日本消化器病学会総会(東京、2017年4月20日)
  • 谷木信仁、清水遼、佐藤公紀、林学、金澤亮、石井重登、畑中健、中本伸宏、渡辺純夫、金井隆典、椎名秀一朗 高齢者肝癌におけるラジオ波焼灼術(RFA)の安全性の検討 第103回日本消化器病学会総会(東京、2017年4月20日)
  • 椎名秀一朗 次世代マイクロウェーブアブレーションの可能性(司会) 第53回日本肝臓学会総会(広島、2017年6月8日)
  • 椎名秀一朗 米国のinterventionの視察とnew generation MWA 第53回日本肝臓学会総会(広島、2017年6月8日)
  • 椎名秀一朗 次世代マイクロウェーブアブレーションが与えるインパクト 第53回日本肝癌研究会(東京、2017年7月6日)
  • 永松洋明 脈管侵襲を有する進行肝細胞がんに対する治療―肝動注化学療法は有効か―  第53回日本肝癌研究会(東京、2017年7月6日)
  • 高和正 順天堂大学Interventional Oncology (IVO) 室 - 新しい低侵襲治療室 第53回日本肝癌研究会(東京、2017年7月6日)
  • 金澤亮 ラジオ波治療(RFA)におけるルストロンボパグの安全性と有用性 第53回日本肝癌研究会(東京、2017年7月6日)
  • 椎名秀一朗 RFAの可能性を広げる―可変型だからできること― 第53回日本肝癌研究会(東京、2017年7月7日)
  • 清水基規 症例検討会4 第53回日本肝癌研究会(東京、2017年7月7日)
  • 石井重登 G-CSF産生酔眼の1例 第48回日本膵臓学会大会(京都、2017年7月14日)
  • 椎名秀一朗 肝腫瘍に対するAblation therapy:実績と展望 第36回Microwave Surgery研究会(和歌山、2017年9月8日)
  • 椎名秀一朗 ラジオ波治療(RFA)におけるムルプレタ(ルストロンボパグ)の安全性と有用性 第36回Microwave Surgery研究会(和歌山、2017年9月8日)
  • 椎名秀一朗 順天堂ラジオ波焼灼術トレ―ニングプログラム 第36回Microwave Surgery研究会(和歌山、2017年9月9日)
  • 椎名秀一朗 アブレーション治療の新たな展開(司会) JDDW 2017 (第25回日本消化器関連学会週間) (福岡、2017年10月12日)
  • 高和正、早瀬傑、藤田正太郎、丸橋繁、佐藤公紀、椎名秀一郎 根治切除術を行った大腸癌胃転移の1例 JDDW 2017 (第25回日本消化器関連学会週間) (福岡、2017年10月12日)
  • 清水基規 脈管侵襲を有するStage IV-B肝細胞癌に対する治療の検討~ソラフェニブか肝動注化学療法か~ JDDW 2017 (第25回日本消化器関連学会週間) (福岡、2017年10月12日)
  • 永松洋明 脈管侵襲を有する進行肝細胞癌に対する肝動注化学療法を中心とした集学的治療 JDDW 2017 (第25回日本消化器関連学会週間) (福岡、2017年10月14日)
  • 椎名秀一朗 肝細胞がんの非外科的治療 第55回日本癌治療学会学術集会(横浜、2017年10月22日)
  • 永松洋明 高度脈管侵襲を有する進行肝細胞癌に対する肝動注化学療法を中心とした集学的治療 第55回日本癌治療学会学術集会(東京、2017年10月22日)

講演会

  • 椎名秀一朗 Radiofrequency ablation (RFA) for HCC: over 10-year outcomes and training programs 2nd EWALT(Miyagi, Japan 2017年1月27日)
  • 椎名秀一朗 RFA前の画像診断と治療方針決定 第23回肝血流動態イメージ研究会(大阪、2017年2月5日)
  • 椎名秀一朗 今後の肝癌治療の展望-RFAを中心として 東京消化器疾患フォーラム2017(東京、2017年2月24日)
  • 椎名秀一朗 「ラジオ波焼灼術:これまでの実績と今後の展望』 第14回阿倍野肝臓倶楽部(大阪、2017年3月2日)
  • 椎名秀一朗 RFAの可能性を広げる~可変型電極だからできること~ 第53回 日本肝癌研究会 モーニングセミナー3(東京、2017年7月7日)

ページのトップに戻る