教室紹介、スタッフ紹介、研究、業績等、順天堂大学大学院医史学・医の人間学に関する様々な情報をご案内します。

大学院医学研究科各研究分野紹介一覧医史学・医の人間学 各研究分野紹介一覧へ

教室紹介


 

医の歴史を研究する研究室の歴史は・・・

 

順天堂大学医学部医史学研究室は、1962(昭和37)年、医療の最先端を担う場にこそ、医の歴史を真摯に学ぶ研究の場が必要、という小川鼎三の強い意思によって創設された。

初代教授小川鼎三は、日本を代表する脳解剖学者であり、小細胞性赤核の機能解剖学研究で学士院賞を受賞している。しかし、東京大学医学部教授時代から医史学に関心を寄せ、解剖学の歴史を中心に研究を進めてきた。麻田剛立の研究や、日本学士院編『明治前日本医学史』の第一巻である『日本解剖学史』(1955年)、名著『医学の歴史』(中公新書、1964、毎日出版文化賞受賞)など、医史学上の業績も多い。また、1960(昭和35)年から日本医史学会理事長に就任し、順天堂大学医史学研究室を事務局とし、衰退しつつあった日本医史学会を活性化させた。


第二代教授酒井シヅは、1969(昭和42)年に順天堂大学の助手となり、その後、小川と共に克明な資料調査と実地踏査を行い『順天堂史』の編纂にあたってきた。この他、『日本の医療史』(東京書籍、1982)、『全現代語訳 解体新書』(講談社学術文庫、1982)、『病が語る日本史』(講談社、2002)、『絵で読む江戸の病と養生』(講談社、2003)など、酒井シヅの著書は多い。また、日本医史学会常任理事として1999(平成11)年5月、順天堂大学有山記念講堂で行われた日本医史学会第100回記念総会の会長を勤めた他、医史学研究室に事務局をおいてきた谷口財団医史学部門国際シンポジウムの開催(1976-1998)国際アジア伝統医学会(ICTAM)の開催(1994)、アジア医史学会の設立(2001)など、酒井シヅは、医史学研究室の教授を退任した現在も、日本における医学・医療史の第一人者として世界的な活動を展開している。


1977(昭和52)年から研究室に所属しはじめた研究生は、医史学に対する関心の高まりとともに次第に増加し、2005(平成17)年現在、協力研究員、大学院生、研究生など合わせて20名が所属している。ほぼ全員が、日本各地や海外で医療、および、医学教育、看護教育、社会福祉教育等に携わっており、それぞれのテーマに応じた活発な研究活動を行っている。また、1994(平成6)年から科学史・医療倫理の近藤均が非常勤講師として(旭川医大に教授として転出)、1998(平成10)年から漢方の丁宗鐵が客員准教授として、また春山克郎が非常勤講師として加わった。

2003(平成15)年から大学院研究科は「医史学・医の人間学」と名称を変更した。



 

方針・モットーなど

  医史学・医の人間学研究室は、日本の医史学研究のセンターとして、また、医科系大学において日本で唯一の医史学の名を掲げる研究室として、狭い範囲や専門にこだわらず、医史学を研究したいと望む人たちに広く門戸を開いてきました。
医療職はもっとも古くから存在した専門職のひとつであり、順天堂大学医学部は文字通り現代最先端の医学・医療の各分野を代表する専門家たちから構成されています。医史学・医の人間学は、この医の専門家集団の中にあって、医という人間の営みを、狭い専門分野に囚われない広い視野と自由な発想をもち、そして同時に、可能な限り冷静かつ旺盛な批判力をもって、遺された歴史資料の語りかけてくる言葉を聞き分け、歴史の流れの中に客観的に位置づけ、現代の医療に積極的な提言を行っていくことを、その使命としています。
 


Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.