教室紹介、スタッフ紹介、研究、業績等、順天堂大学大学院 免疫病・がん先端治療学講座に関する様々な情報をご案内します。

順天堂大学大学院 各研究分野紹介
大学院医学研究科各研究分野紹介一覧免疫病・がん先端治療学講座 各研究分野紹介一覧へ

免疫病・がん先端治療学講座
 
 

講座担当教員

 

代表:森本 幾夫  教授

 
 

講座の目的

 

  免疫疾患・がん分野では分子標的治療法として、抗体、小分子化合物などが登場し、ある程度の治療効果が出ていますが、依然としてその効果は不十分で完全治癒を目指すには程遠い状況です。かかる状況から更なる有効な新規治療薬の開発が望まれております。
  当講座の研究目的は、特に免疫病・がん領域で自らの基礎研究成果を臨床応用にまでつなげるトランスレーショナルリサーチの実践(ベンチからベッドへの具現化)にあります。担当教員の森本は、多機能タンパクであるCD26に着目し、モノクローナル抗体の開発、cDNAの単離を世界に先駆けて行い、CD26の機能と構造の分子生物学的解明及びその臨床応用の研究に従事し、CD26分子の研究では世界の最先端を歩んでおり、免疫学分野において2011年にhighly cited researcherにも選ばれています。当講座は良質なヒト化CD26抗体の開発に成功し、フランスで悪性胸膜中皮腫を含むCD26陽性腫瘍への第I相臨床試験を施行し、安全性が確認されるとともに、期待される治療効果を示唆する結果も得られました。この成果をもとに平成29年 6月から本邦でも悪性胸膜中皮腫に対する第I相臨床試験が開始され、平成30年 3月に予定されていた第I相臨床試験最終患者への投与が終了しました。第I相臨床試験の結果を受け、抗体の推奨用量を決定した後、平成30年 6月から第II相臨床試験が開始され、治験患者のリクルートも非常に順調に進行し、有効性を示唆する結果も得られています。この抗体はin vitro及びin vivoで悪性胸膜中皮腫のみならず腎がん、肺がん、卵巣癌、及び自己免疫疾患や移植片対宿主病等の難治性免疫疾患、アレルギー疾患にも有効な効果を得ております。
  当講座では近年、CD26分子と関連するIL-26という新規炎症性サイトカインを見出し、この分子に関しても疾患モデルの作製、炎症病態における機能の解明、治療を目的とした中和モノクローナル抗体の開発など精力的に研究を行っています。当講座では、がん、免疫病、アレルギー疾患などの基礎研究からその応用研究までの研究を遂行し、特にCD26分子とIL-26分子の免疫細胞及びがん細胞における機能の解析、抗体の分子作用機構の解析、その会合分子やリガンド、レセプターの分子生物学的解析、in vivoでの各種疾患モデルの確立とCD26及びIL-26分子標的治療薬の有効性評価、及びバイオマーカーの確立を中心として行っております。
  教育としては医師研究者(Physician Scientist)、及び基礎成果を臨床現場に用いようとする基礎研究者(Non-MDを含む)へのトランスレーショナルリサーチの教育・研修、さらにその支援業務にかかわる看護士、薬剤師ならびに医学部学生などの教育・研修も行います。
  トランスレーショナルリサーチ、特に免疫病・がん領域での新規治療法開発のノウハウや問題点などが明らかにでき、それらに関連する人材養成、教育についても本大学がこの分野でさらに発展するための基盤になれるような講座運営を行います。

 
Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.