スタッフ紹介、研究、業績等、順天堂大学大学院感染制御科学に関する様々な情報をご案内します。

順天堂大学大学院 各研究分野紹介 環境と人間

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業について

 

研究テーマ「薬剤耐性感染症の予防・治療のための新技術開発に向けた研究基盤確立」

 

  順天堂大学大学院医学研究科感染制御科学研究センターは、文部科学省「平成24年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業研究プロジェクト」に、「薬剤耐性感染症の予防・治療のための新技術開発に向けた研究基盤確立」をテーマに応募し、採択された。

  順天堂大学微生物学、大学院感染制御科学、および感染制御科学研究センターでは、これまで、多剤耐性菌による感染症の研究成果を積みあげて来た。本研究プロジェクトで五年間(平成24年度〜28年度)の支援を受け、難治性感染症の問題に取り組む臨床家と基礎の研究者が連携し、病原体と人の感染防御機構の両側面からのアプローチにより、より広範囲の病原体を網羅する研究を進めることができた。キノロン耐性MRSA に対する復帰抗生物質(RA)の合成、黄色ブドウ球菌DNA トポイソメラーゼを標的とする新規抗菌薬アッセイ系の確立、hVISA, sVISA の変異遺伝子を網羅的に同定、ピペラキン耐性原虫を単離し全ゲノム解析により責任遺伝子変異を同定、インフルエンザウイルスの新規増殖阻害薬標的分子の同定、有効な治療薬が存在しないトリパノソーマの新規創薬標的分子の同定など、それぞれのグループが重要な成果を得た。

  本プロジェクトでは、感染症研究の振興だけでなく、実際に病原体を死滅させる化合物を見出した。さらに、若手研究者を養成し、将来に継続する研究基 盤の確立や、実用化に向けての活動を支える研究環境をもたらした。ここに、本プロジェクトの成果を報告できることに深く感謝すると共に、私たちが新た に得た知見が少しでも社会的に貢献できたとの評価を頂ければ本望である。

 
 

研究組織の紹介とこれまでの成果

 
 

【研究チーム構成】

[名 簿]

研究プロジェクトに参加する主な研究者
研究者名
所属・職名
プロジェクトでの研究課題
プロジェクトでの役割
平松 啓一
大学院医学研究科
感染制御科学研究センター センター長
耐性菌に有効な治療薬・治療法の開発 薬剤耐性感染症の治療法の開発 研究総括
馬場 理
医学研究科環境と人間系・感染制御科学・准教授 MRSAの未知の病原因子の探索・新規抗菌薬のアッセイ系の確立 薬剤耐性感染症の治療法の開発
松尾 美記
医学研究科環境と人間系・感染制御科学・微生物学・助教 MRSAの薬剤耐性メカニズムの解明 薬剤耐性感染症の治療法の開発
岩渕 和久
医療看護学研究科(環境医学研究所)・看護系・性差・感染看護学・教授 病原性抗酸菌による殺菌回避機構の解明 薬剤耐性感染症の治療法の開発
山本 典生
医学研究科環境と人間系・総合診療科学・助教 ウイルスの変異に対応したウイルス増殖抑制法・治療薬の開発 薬剤耐性感染症の治療法の開発
奈良 武司
医学研究科環境と人間系・生体防御・寄生虫学・准教授 寄生虫症創薬を目指した薬剤標的分子の探索 薬剤耐性感染症の治療法の開発
長岡 功
医学研究科環境と人間系・生化学・生体防御学・教授 敗血症性ショックにおける宿主防御ペプチドの役割 薬剤耐性感染症の治療法の開発
八木田 秀雄
医学研究科環境と人間系・免疫学・先任准教授 感染に対する免疫応答を賦活化する手法の開発 薬剤耐性感染症の予防法の開発
中野 裕康
平成25年度
退任
医学研究科環境と人間系・免疫学・准教授 慢性感染症発症のメカニズムの解明とその克服のための免疫制御法の開発 薬剤耐性感染症の予防法の開発
池田 志斈
医学研究科環境と人間系・皮膚科学・アレルギー学・教授 再生医学・人工皮膚を用いた感染予防法の開発への応用研究 薬剤耐性感染症の予防法の開発
渡辺 純夫
医学研究科人体の生命機能系・消化器内科学・教授 消化器癌の化学療法施行時の敗血症に対するプロバイオティクス予防投与の有効性の検証 薬剤耐性感染症の予防法の開発
清水 俊明
医学研究科人体の生命機能系・小児思春期発達病態治療学・教授 粘膜バリヤー機能と短鎖脂肪酸に注目したNICUにおける感染制御 薬剤耐性感染症の予防法の開発
堀 賢
医学研究科環境と人間系・感染制御科学・主任准教授 Cost-effectiveな入院時Active Surveillanceの構築 薬剤耐性感染症の予防法の開発
伊藤 輝代
平成25年度
退任
医学研究科環境と人間系・感染制御科学・微生物学・客員准教授 全世界のMRSAのタイピングと分子疫学およびMRSA迅速診断法の改良 薬剤耐性感染症の予防法の開発
片山 由紀
医学研究科環境と人間系・感染制御科学・微生物学・助教 ブドウ球菌の薬剤耐性発現にいたる遺伝学的・生理学的プロセスの研究 薬剤耐性感染症の予防法の開発
菊池 賢
平成25年度
退任
医学研究科環境と人間系・感染制御科学・先任准教授 MALDI-TOFを用いた耐性菌の迅速診断法の開発 薬剤耐性感染症の予防法の開発
内藤 俊夫
医学研究科環境と人間系・総合診療科・准教授 HIV感染症における薬剤耐性の検討 薬剤耐性感染症の予防法の開発
桑原 京子
医学研究科環境と人間系・感染制御科学・微生物学・准教授 耐性菌に作用する新規抗菌薬のスクリーニング 薬剤耐性感染症の治療法の開発
佐々木 崇
平成26年度
新規加入
医学研究科環境と人間系・感染制御科学・微生物学・助教 動物寄生ブドウ球菌のゲノム解析 薬剤耐性感染症の予防法の開発
上原 由紀
医学研究科環境と人間系・感染制御科学・助教 慢性難治感染をおこすブドウ球菌の小コロニー変異株(SCV)出現機構の解明 薬剤耐性感染症の予防法の開発
三宅 幸子
平成26年度
新規加入
医学研究科環境と人間系・免疫学・教授 細菌による免疫応答の賦活化と制御に関する研究 薬剤耐性感染症の予防法の開発
美田 敏宏
平成26年度
新規加入
医学研究科環境と人間系・生体防御・寄生虫学・教授 薬剤耐性マラリア原虫の進化と地理的拡散経路の解明 薬剤耐性感染症の予防法の開発
(共同研究機関
など)
関水 和久
東京大学大学院薬学系研究科
微生物薬品化学教室 教授
カイコを用いた病原細菌の病原因子の同定 薬剤耐性感染症の治療法の開発
五十嵐 雅之
財団法人 微生物化学研究会
微生物化学研究センター、
生物活性推進グループ
生物資源探索ユニット
ユニット長
抗耐性菌新規抗菌薬のスクリーニング 薬剤耐性感染症の治療法の開発
柴崎 正勝
公益財団法人 微生物化学研究所長 新規抗菌剤RAの全合成と誘導体の作成 薬剤耐性感染症の治療法の開発
野本 明男
財団法人 微生物化学研究会
理事長 微生物化学研究所長
新規抗菌剤RAの構造活性相関 薬剤耐性感染症の治療法の開発
Jae Hoon Song
Professor of Medicine,Division of Infectious Diseases, Department of Medicine,
Samsung Medical Center, Sungkyunkwan University School of Medicine, Korea
アジア全域の薬剤耐性感染症のサーベイランスと対策立案 薬剤耐性感染症の予防法の開発
夏苅 英昭
帝京大学薬学部創薬化学・教授 新規抗菌剤RAの誘導体の合成 薬剤耐性感染症の治療法の開発
 
 
 


Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.