スタッフ紹介、研究、業績等、順天堂大学大学院感染制御科学に関する様々な情報をご案内します。

順天堂大学大学院 各研究分野紹介 環境と人間

トピックス


 

平松啓一センター長がトムソン・ロイターの高被引用論文著者に選出

  トムソン・ロイター(米国)が、科学研究の各分野において2003年から2013年に発表された論文の引用動向を分析し、影響力の高い研究者 “高被引用論文著者(Highly Cited Researchers)”を発表しました。世界で約3,000名、日本からは約80名が選ばれています。本学感染制御科学研究センターの平松啓一センター長が、PHARMACOLOGY & TOXICOLOGY分野の、高被引用論文著者に選出されました。
   
 

「市中型メチリシン耐性黄色ブドウ球菌(CA-MRSA)による家族内皮膚軟部組織感染症の分子疫学的検討」実施についてのご報告

  順天堂大学大学院医学研究科感染制御科学講座では、都立小児総合医療センターと共同で上記の研究を行っております。過去に都立小児総合医療センター検査室で検出・保存されたメチリシン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を用いて行われる後方視的研究であり、患者さんに関連する診療内容を含めた情報は連結不可能匿名化により保護されます。
本研究に関してご不明な点やご質問がございましたら下記までご連絡ください。

研究実施責任者
順天堂大学大学院医学研究科感染制御科学講座 上原 由紀
電話 03(3813)3111 内線3822

   
 

「さいたま市における市中型メチリシン耐性黄色ブドウ球菌(CA-MRSA)による感染症の分子疫学的検討」実施についてのご報告

  順天堂大学大学院医学研究科感染制御科学講座では、さいたま市立病院と共同で上記の研究を行っております。過去にさいたま市立病院検査室で検出・保存されたメチリシン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を用いて行われる後方視的研究であり、患者さんに関連する診療内容を含めた情報は連結不可能匿名化により保護されます。
本研究に関してご不明な点やご質問がございましたら下記までご連絡ください。

研究実施責任者
順天堂大学大学院医学研究科感染制御科学講座 上原 由紀
電話 03(3813)3111 内線3822

 


Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.