教室紹介、スタッフ紹介、研究、業績等、順天堂大学大学院公衆衛生学に関する様々な情報をご案内します。


研究


 

睡眠予防医学

   
 

介護施設女性職員を対象とした睡眠呼吸障害に関する研究

   
  [研究概要]
介護福祉法人に勤務する18〜60歳の女性職員(介護・看護・栄養・事務など)を対象に、睡眠呼吸障害について調査を行い、業務上の健康問題との関連について研究を進めています。


 Int Arch Occup Environ Health, 2018

[主要論文]
  • Suzuki Y, Ikeda A, Wada H, Maruyama K, Miyachi N, Filomeno R, Suzuki Y, Ikeda S, Hashimoto Y, Koyama Y, Tanigawa T. Prevalence of sleep-disordered breathing among women working in the aged care services in Japan. Int Arch Occup Environ Health 2018; 27: 1-8.
   
 
 
 
 

小学生における睡眠呼吸障害と不注意・多動に関する疫学調査

   
  [研究概要]
愛媛県松山市、福岡県福岡市、東京都文京区、東京都東大和市の小学生を対象に、睡眠呼吸障害とそれに起因する不注意・多動等の問題行動との関連について研究を進めています。


 

[主要論文]
  • Sakamoto N, Gozal D, Smith DL, Yang L, Morimoto N, Wada H, Maruyama K, Ikeda A, Suzuki Y, Nakayama M, Horiguchi I, Tanigawa T. Sleep duration, snoring prevalence, obesity, and behavioral problems in a large cohort of primary school students in Japan. Sleep 2017; 40(3).
  • Wada H, Kimura M, Tajima T, Shirahama R, Suzuki Y, Suzuki Y, Hayashi T, Maruyama K, Endo M, Sakamoto N, Ikeda A, Gozal D, Tanigawa T. Nocturnal enuresis and sleep disordered breathing in primary school children: Potential implications. Pediatr Pulm 2018; 53: 1541-1548.
  • Wada H, Kimura M, Shiarahama R, Ikeda A, Gozal D, Tanigawa T. Pectus excavatum is associated with sleep-related breathing disorders in children. Eur Respir J 2019; 54(4). pii: 1900524

[研究にご参加いただいた皆様へ]
  • これまでに「松山市内小学生における睡眠時無呼吸障害と不注意・多動に関する疫学調査」に参加された皆様へ
    お知らせ
   
 
 
 
 

事業用運転者における睡眠障害に関する研究

   
  [研究概要]
全日本トラック協会加盟運転者や全日本バス協会加盟運転者を対象に、睡眠呼吸障害について調査を行い、健康のみならず交通事故や作業パフォーマンス等との関連について研究を進めています。


 
[主要論文]
  • Cui R, Tanigawa T, Sakurai S, Yamagishi K, Iso H. Relationships between sleep-disordered breathing and blood pressure and excessive daytime sleepiness among truck drivers. Hypertens Res 2006; 29(8): 605-610.
  • Cui R, Tanigawa T, Nakano H, Sakurai S, Yamagishi K, Ohira T, Iso H. Associations between weight change since 20 years of age and sleep-disordered breathing among male truck drivers. Int J Obes (Lond) 2009; 33 (12): 1396-1401.
  • Wada H, Kimura M, Shirahama R, Tajima T, Maruyama K, Endo M, Ikeda A, Tanigawa T. Harmonizing work with the treatment and prevention of sleep disordered breathing in commercial motor vehicle drivers: implications for health and productivity management. Ind Health 2019; 57(1): 3-9.
  • Filomeno R, Ikeda A, Maruyama K, Wada H, Tanigawa T. Excessive daytime sleepiness and alcohol consumption among commercial drivers. Occup Med (Lond) 2019; 69(6): 406-411.
   
 
 
 

既存の大規模コホートデータを用いた循環器疾患に関する疫学研究

   
 

過去にJPHC研究、JACC研究、CIRCS研究、東温スタディ、JPHC-NEXT研究、茨城県神栖市における保健事業を主体とした生活習慣病予防対策に関する疫学研究に参加された方の データを総合的に解析・検討し、生活習慣病の発症や生活習慣病による死亡とそのリスクファクターとの関連を調べています。各研究の詳細は下記をご参照ください。

   
 
CIRCS

Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS)研究


[研究概要]
  地域(大阪近郊、秋田、高知、茨城)、職域約1万2千人の横断研究・コホート研究を中心として、循環器疾患の発症、発症要因(身体的な危険因子、生活習慣)の研究を、大阪がん循環器病予防センター・大阪大学・筑波大学・愛媛大学等と共同で進めています。

[詳細]



多目的コホート研究(JPHC研究)


[研究概要]
全国11保健所管内の10万人の追跡調査に参画し、生活習慣とがんや循環器疾患などの生活習慣病の発症に関する研究を国立がん研究センター・国立循環器病研究センター・筑波大学等と共同で進めています。

[詳細]



次世代多目的コホート研究(JPHC-NEXT研究)


[研究概要]
全国約11万人の追跡調査に参画し、生活習慣や体質などとがんや循環器疾患、認知症などの生活習慣病の発症に関する研究を国立がん研究センター等と共同で進めています。

 

[詳細]



茨城県神栖市における保健事業を主体とした生活習慣病予防対策に関する疫学研究


[研究概要]
茨城県神栖市において生活習慣病予防対策を効果的に推進するため、保健事業の一環として、全住民(約9万人)を対象として生活習慣病(脳卒中・虚血性心疾患・高血圧・高脂血症・糖尿病等)とそれに合併しやすい心不全・認知症・寝たきりや要介護状態等の予防を行うための方法論の開発と評価を進めています。

[詳細]



がんコホート研究(JACC研究)


[研究概要]
全国45カ所10万人の追跡調査に参画し、生活習慣と循環器疾患、その他の慢性疾患の死亡に関する研究を進めています。

[詳細]



東温スタディ


東温スタディ概要
[研究概要]
愛媛県東温市在住者を対象に行われている循環器詳細健診です。2009年に開始し、これまでに2,000人以上の東温市民が参加しています。

[詳細]

[これまでに当該研究にご参加いただいた皆様へ]
  • JPHC研究、JACC研究、CIRCS研究、東温スタディ、JPHC-NEXT研究、茨城県神栖市における保健事業を主体とした生活習慣病予防対策に関する疫学研究に参加された皆様へ(PDF
   
 
 
 

その他の研究

   
 

健康起因事故防止のための普及啓発活動

   
  [研究概要]
健康障害が起因する重大な交通事故の増加を受けて、国土交通省は健康起因事故対策検討委員会を設置する等、健康起因事故防止は、交通事故対策の重要な課題として認識されています。本研究は、公益財団法人国際交通安全学会のプロジェクト研究として、これまでに健康起因事故の系統的な対策が遅れていた睡眠時無呼吸症候群(SAS)や視野欠損と交通事故との関連を明らかにすることを目的として研究を進めております。
 
[詳細]
   
 
 
 
 

東京電力福島第一・第二原子力発電所における産業保健に関する研究

   
  [研究概要]
東日本大震災後の福島第一・第二原子力発電所の職員約1,500名を対象に、災害関連経験と精神的な健康状態との関連について縦断的な疫学調査を行っています。
 
順天堂NEWS 原子力災害関連体験による不眠症状は強く持続する
〜福島原子力発電所員の追跡調査から〜
https://www.juntendo.ac.jp/news/20190313-01.html

 
 

[主要論文]
  • Shigemura J, Tanigawa T, Saito I, Nomura S. Psychological distress in workers at the Fukushima nuclear power plants. JAMA 2012; 308(7): 667-669.
  • Ikeda A, Tanigawa T, Charvat H, Wada H, Shigemura J, Kawachi I. Longitudinal effects of disaster-related experiences on mental health among Fukushima nuclear plant workers: The Fukushima NEWS Project Study. Psychol Med 2017; 47(11): 1936-1946.
  • Ikeda A, Charvat H, Shigemura J, Kales SN, Tanigawa T. Longitudinal trends in disaster-related insomnia among Fukushima nuclear plant workers: the Fukushima Nuclear Energy Workers' Support Project study. Sleep 2019; 42(5): zsz043.

[研究にご参加いただいた皆様へ]
  • これまでに「福島第一・第二原子力発電所職員のメンタルヘルス対策に関する研究」にご参加いただいた方へ(お知らせ
   
   
 

病院勤務医の勤務実態に関する研究

   
  [研究概要]
全国の医療機関に所属する常勤医師を対象に、勤務時間等とストレス反応・抑うつ等に関する疫学調査を行っております。
 
 

(厚生労働省 医師の働き方改革に関する検討会第11回、2019年11月9日)


   
 

治療と就労支援

   
  [研究概要]
@『がんと就労』『循環器疾患と就労』『メンタルヘルス不調と就労』厚労科研遠藤班・J-SAR study・J-ECOH study
・10万人規模の健康診断・病休・復職データを有する大規模職域疫学研究等をベースに、治療と就労の両立支援に関する日本発の論文・就労支援ツールを開発しています。
(日本医師会医学研究奨励賞・土屋健三郎記念産業医学推進賞・日本産業衛生学会若手論文賞等受賞)
順天堂プレスリリース・治療と就労を両立できる社会のために:https://www.juntendo.ac.jp/co-core/research/endomotoki.html/
順天堂発・がんと就労の両立支援ガイド:https://www.juntendo-caw.com/index.php
順天堂発・がん医療と職場の架け橋BCC:https://teambcc.jp/

A『不妊治療と就労』J-FEMA Study
・順天堂産婦人科学講座との共同研究:全国の不妊治療クリニックをフィールドとした『不妊治療と就労・生活の両立に関する大規模疫学研究』

B『妊娠・育児と就労』J-PEARL study
・順天堂産婦人科学講座との共同研究:全国の周産期医療機関をフィールドとした『妊娠・出産後と就労・生活の両立に関する大規模疫学研究』
 
 

[主要論文]
  • Endo M, Inoue Y, Kuwahara K, Nishiura C, Hori A, Ogasawara T, Yamaguchi M, Nakagawa T, Honda T, Yamamoto S, Okazaki H, Imai T, Nishihara A, Miyamoto T, Sasaki N, Uehara A, Yamamoto M, Murakami T, Shimizu M, Eguchi M, Kochi T, Nagahama S, Tomita K, Kunugita N, Tanigawa T, Konishi M, Nanri A, Kabe I, Mizoue T, Dohi S, Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health Study Group. BMI and Medically Certified Long-Term Sickness Absence Among Japanese Employees. Obesity (Silver Spring) 2020; 28(2): 437‐444.
  • Endo M, Haruyama Y, Muto G, Imai Y, Mitsui K, Mizoue T, Wada H, Kobashi G, Tanigawa T. Recurrent sick leave and resignation rates among female cancer survivors after return to work: the Japan sickness absence and return to work (J-SAR) study. BMC Public Health 2019; 19(1): 1248.
  • Endo M, Muto G, Imai Y, Mitsui K, Nishimura K, Hayashi K. Predictors of post-cancer diagnosis resignation among Japanese cancer survivors. J Cancer Surviv 2020; 14(2): 106‐113.
  • Endo M, Haruyama Y, Mitsui K, Muto G, Nishiura C, Kuwahara K, Wada H, Tanigawa T. Durations of first and second periods of depression-induced sick leave among Japanese employees: the Japan sickness absence and return to work (J-SAR) study. Ind Health 2019; 57(1): 22‐28.
  • Endo M, Haruyama Y, Muto G, Yokoyama K, Kojimahara N, Yamaguchi N. Employment sustainability after return to work among Japanese stroke survivors. Int Arch Occup Environ Health 2018 ; 91(6): 717‐724.

   
 

がんサバイバーシップ国際共同研究

   
  [研究概要]
日米Journal of Cancer Survivorship編集長Michael Feuerstein教授・タフツ大学Lerner教授と日米がんサバイバーシップ研究を、オランダ・フローニンゲン大学Bultmann教授・アムステルダム大学Boer准教授と日蘭がんサバイバーシップ研究を、中国対がん協会等とアジアがんサバイバーシップ研究を実施しています。
ISACOS(患者にやさしいがん医療サイエンス):https://ispacosj.wixsite.com/ispacos 

 

[主要論文]
  • Yan Y, Zhang H, Gao W, Liu D, Endo M, Deshpande GA, Uehara Y, Watanabe D, Yoshikawa S, Mizushima A. Current awareness of palliative care in China. Lancet Glob Health 2020; 8(3): e333‐e335

   
 

国際保健医療学

   
  [研究概要]
WHOおよびタイ王国公衆衛生省との共同によるタイ国における高齢者ケアモデル構築共同研究、ミャンマーとタイにおける生活習慣病予防に関する研究、北タイにおける移民労働者の健康に関する研究、ボリビアにおける地域参加のヘルスプロモーション研究、シンガポール国立大学との共同によるITを用いた杉並高齢者コホート研究などを行っており、保健医療プロジェクトの評価や政策研究を通し、データに基づく政策提言を順天堂大学から世界へ向け発信し、社会的課題の解決に貢献しています。

[詳細]
本郷グローバルヘルス勉強会:https://ja-jp.facebook.com/GlobalHealthHongo/ 

 

[主要論文]

   
Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.