教室紹介、スタッフ紹介、研究、業績等、順天堂大学大学院公衆衛生学に関する様々な情報をご案内します。


業績


 

2018年2017年2016年2015年

Publications (January-December 2018)

   A.Originals
   【英文】
  1. Chei CL, Yamagishi K, Kitamura A, Kiyama M, Sankai T, Okada T, Imano H, Ohira T, Cui R, Umesawa M, Muraki I, Tanigawa T, Sato S, Iso H; CIRCS investigators. Serum fatty acid and risk of coronary artery disease: Circulatory risk in communities study (CIRCS). Circ J 2018; 82: 3013-3020.
  2. Cao J, Eshak ES, Liu K, Muraki I, Cui R, Iso H, Tamakoshi A; JACC Study Group. Sleep duration and risk of breast cancer: The JACC study. Breast Cancer Res Treat 2019; 174: 219-225.
  3. Li J, Cui R, Eshak ES, Yamagishi K, Imano H, Muraki I, Hayama-Terada M, Kiyama M, Okada T, Iso H; CIRCS investigators. Association of cigarette smoking with radial augmentation index: The circulatory risk in communities study (CIRCS). Hypertens Res 2018; 41: 1054-1062.
  4. Cui R, Iso H, Eshak ES, Maruyama K, Tamakoshi A; JACC Study Group. Water intake from foods and beverages and risk of mortality from CVD: The Japan collaborative cohort (JACC) study. Public Health Nutr 2018; 21: 3011-3017.
  5. Cui M, Chiang C, Cui R, Honjo K, Yatsuya H, Watson BM, Ikerdeu E, Mita T, Madraisau S, Aoyama A, Iso H. Prevalence and correlates of dyslipidemia among men and women in Palau: Findings of the Palau STEPS survey 2011-2013. J Epidemiol 2019; 29: 97-103.
  6. Okada C, Imano H, Yamagishi K, Cui R, Umesawa M, Maruyama K, Muraki I, Hayama-Terada M, Shimizu Y, Sankai T, Okada T, Kiyama M, Kitamura A, Iso H; CIRCS investigators. Dietary intake of energy and nutrients from breakfast and risk of stroke in the Japanese population: The circulatory risk in communities study (CIRCS).J Atheroscler Thromb 2019; 26: 145-153.
  7. Cui M, Cui R, Liu K, Dong JY, Imano H, Hayama-Terada M, Muraki I, Kiyama M, Okada T, Kitamura A, Umesawa M, Yamagishi K, Ohira T, Iso H; CIRCS investigators. Associations of tobacco smoking with impaired endothelial function: The circulatory risk in communities study (CIRCS). J Atheroscler Thromb 2018; 25: 836-845.
  8. Sheerah HA, Eshak ES, Cui R, Imano H, Iso H, Tamakoshi A; Japan Collaborative Cohort Study Group. Relationship between dietary vitamin D and deaths from stroke and coronary heart disease: The Japan collaborative cohort study. Stroke 2018; 49: 454-457.
  9. Endo M, Haruyama Y, Muto G, Yokoyama K, Kojimahara N, Yamaguchi N. Employment sustainability after return to work among Japanese stroke survivors. Int Arch Occup Environ Health 2018; 91: 717-724.
  10. Endo M, Haruyama Y, Mitsui K, Muto G, Nishiura C, Kuwahara K, Wada H, Tanigawa T. Durations of first and second periods of depression-induced sick leave among Japanese employees: The Japan sickness absence and return to work (J-SAR) study. Ind Health 2019; 57: 22-28.
  11. Goto R, Tanigawa T, Maruyama K, Tomooka K, Eguchi E, Osawa H, Saito I. Associations of snoring frequency with blood pressure among lean Japanese population: The Toon health study. J Hum Hypertens 2018, in press.
  12. Hashimoto T, Maruyama K, Yamaji Y, Wada H, Ikeda A, Morichika K, Tanigawa T. Predictive ability for reflux esophagitis by gastroesophageal barium reflux and angle of his seen in upper gastrointestinal series. Juntendo Medical Journal 2018; 64: 108-113.
  13. Igami K, Maruyama K, Tomooka K, Ikeda A, Tabara Y, Kohara K, Saito I, Tanigawa T. Relationship between sleep-disordered breathing and central systolic blood pressure in a community-based population: The Toon health study. Hypertens Res 2019; 42: 1074-1082.
  14. Ikeda A, Iso H, Yamagishi K, Iwasaki M, Yamaji T, Miura T, Sawada N, Inoue M, Tsugane S; JPHC Study Group. Plasma tea catechins and risk of cardiovascular disease in middle-aged Japanese subjects: The JPHC study. Atherosclerosis 2018; 277: 90-97.
  15. Imano H, Iso H, Kitamura A, Yamagishi K, Hayama-Terada M, Muraki I, Okada T, Umesawa M, Ohira T, Sankai T, Cui R, Tanigawa T, Kiyama M; CIRCS investigators. Nonfasting glucose and incident stroke and its types: The circulatory risk in communities study (CIRCS). Circ J 2018; 82: 1598-1604.
  16. Ito S, Baba T, Yuasa M, Miyashita C, Kobayashi S, Araki A, Sasaki S, Kajiwara J, Hori T, Todaka T, Nakajima S, Kato S, Kishi R. Associations of maternal serum concentration of hydroxylated polychlorinated biphenyls with maternal and neonatal thyroid hormones: The Hokkaido birth cohort study. Environ Res 2018; 167: 583-590.
  17. Kim S, Sawaguchi T, Fujishiro M, Lee HP, Sato K. The assimilation of the indicators used in “Healthy Parents and Children 21” and an analysis of the indicator framework. The Showa Univ J of Med Sci 2018; 30: 237-257.
  18. Noda H, Yamagishi K, Ikeda A, Asada T, Iso H. Identification of dementia using standard clinical assessments by primary care physicians in Japan. Geriatr Gerontol Int 2018; 18: 738-744.
  19. Saito I, Takata Y, Maruyama K, Eguchi E, Kato T, Shirahama R, Tomooka K, Kawamura R, Sano M, Tabara Y, Osawa H, Tanigawa T. Association between heart rate variability and home blood pressure: The Toon health study. Am J Hypertens 2018; 31: 1120-1126.
  20. Sawaguchi T, Taki T, Sawaguchi A. Possibility of gene expression in postmortem supra-vital time. IMJ 2018; 25: 186-188.
  21. Suzuki Y, Ikeda A, Wada H, Maruyama K, Miyachi N, Filomeno R, Suzuki Y, Ikeda S, Hashimoto Y, Koyama Y, Tanigawa T. Prevalence of sleep-disordered breathing among women working in the aged care services in Japan. Int Arch Occup Environ Health 2018; 27: 1-8.
  22. Takahashi M, Uetake C, Nakayama N, Eura A, Yamaguchi N, Kameda Y, Muto G, Endo M, Kawamata K, Fujii T, Oka H, Matsudaira K. A cooperative support model for cancer therapy and employment balance: From focus-group interviews of health and business professionals. Ind Health 2019; 57: 40-51.
  23. Wada H, Kimura M, Tajima T, Shirahama R, Suzuki Y, Suzuki Y, Hayashi T, Maruyama K, Endo M, Sakamoto N, Ikeda A, Gozal D, Tanigawa T. Nocturnal enuresis and sleep disordered breathing in primary school children: Potential implications. Pediatr Pulm 2018; 53: 1541-1548.
  24. Yuasa M, Komasawa M, Shirayama Y, Hussein W. Management performance and capacity assessment of health district offices in Aleppo and Idlib governorates prior to the Syrian conflict. Juntendo Journal of Global Studies 2018; 3: 61-72.
   【和文】
  1. 澤口聡子.こころとペルソナの発達に関するアプローチ:解離性同一性障害患者へのvoice approachの可能性.日衛誌 2018;73:67-74.
  2. 湯浅資之,白山芳久,西田良子,北島勉.国際保健医療領域における「官民連携」の概念整理と定義化.国際保健医療 2018;33:27-34.
   B.Monographs
   【英文】
  1. Yuasa M. Causal relationships among three health-related dimensions. In: Hishi T, Kodama S, editors, The structure of healthy life determinants: Lessons from the Japanese aging cohort studies. Singapore: Springer Nature; 2018, 161-173.
   【和文】
  1. 遠藤源樹.第4章 病気との共存 In:労務行政研究所編.企業の健康対策の実務.東京:労務行政;2018,58-91.
  2. 遠藤源樹.第6章 医師の働き方改革をめぐって.In:和田耕治編著,医療機関における産業保健活動ハンドブック.東京:公益財団法人産業医学振興会;2018,61-65.
  3. 遠藤源樹.働き方(社員の健康)と生産性を考える.In:生産性労働情報センター編,情報誌ワークライフ.東京:公益財団法人日本生産性本部;2018,2-9.
  4. 澤口聡子.母子保健の水準.In:鈴木庄亮,久道茂監.小山洋,辻一郎編.シンプル衛生公衆衛生学2018.東京:南江堂;2018,227-231.
  5. 澤口聡子.母子保健活動と行政.In:鈴木庄亮,久道茂監.小山洋,辻一郎編.シンプル衛生公衆衛生学2018.東京:南江堂;2018,237-242.
  6. 横山和仁,篠原厚子,黒澤美智子,湯浅資之,田城孝雄,浦川加代子,北村文彦.第4章 健康づくりIn:田城孝雄,横山和仁編.放送大学テキスト「改訂版公衆衛生」.東京:放送大学教育振興会・NHK出版;2018,55-73.
  7. 横山和仁,篠原厚子,黒澤美智子,湯浅資之,田城孝雄,浦川加代子,北村文彦.第6章 グローバル化する世界と公衆衛生・国際協力.In:田城孝雄,横山和仁編.放送大学テキスト「改訂版公衆衛生」.東京:放送大学教育振興会・NHK出版;2018,97-117.
  8. 横山和仁,篠原厚子,黒澤美智子,湯浅資之,田城孝雄,浦川加代子,北村文彦.第8章 母子保健.In:田城孝雄,横山和仁編.放送大学テキスト「改訂版公衆衛生」.東京:放送大学教育振興会・NHK出版;2018,139-157.
  9. 横山和仁,篠原厚子,黒澤美智子,湯浅資之,田城孝雄,浦川加代子,北村文彦.第13章 学校保健.In:田城孝雄,横山和仁編.放送大学テキスト「改訂版公衆衛生」.東京:放送大学教育振興会・NHK出版;2018,235-254.
   C.Reviews
   【英文】
  1. Ahmad I, Yuasa Y. Childhood obesity in South-Asian countries: A systematic review (causes and prevention). Juntendo Medical Journal 2018; 64: 64-72.
  2. Muraki I, Wada H, Tanigawa T. Sleep apnea and type 2 diabetes. J Diabetes Investig 2018; 9: 991-997.
  3. Wada H, Kimura M, Shirahama R, Tajima T, Maruyama K, Endo M, Ikeda A, Tanigawa T. Harmonizing work with the treatment and prevention of sleep disordered breathing in commercial motor vehicle drivers: Implications for health and productivity management. Ind Health 2019; 57: 3-9.
   【和文】
  1. 遠藤源樹.心筋梗塞罹患社員の就労支援.産業ストレス研究 2018;25:305-313.
  2. 木村真奈美,和田裕雄,谷川武.小児の睡眠時無呼吸.行動医学研究 2018;23:70-75.
  3. 木村真奈美,和田裕雄,谷川武.睡眠時無呼吸症候群が社会に与える影響と対策:予防・診断・治療.医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス 2018;49:354-363.
  4. 小島原典子,清原康介,佐藤康仁,遠藤源樹,河合富士美,森實敏夫,山口直人.信頼される産業保健分野におけるガイダンスの作成方法.東京女子医科大学雑誌 2018;88E:E19-E26.
  5. 佐藤康仁,畠山洋輔,森實敏夫,遠藤源樹,清原康介,小島原典子,山口直人.Minds (medical information network distribution service) における診療ガイドライン作成支援とFAQ (frequently asked questions).東京女子医科大学雑誌 2018;88E:E27-E34.
  6. 澤口聡子,加茂登志子.トラウマケアの臨床における幾つかの留意事項について.日衛誌 2018;73:57-61.
  7. 重村淳,谷川武,小林佑衣,黒澤美枝,野田愛,吉野相英.心的外傷後ストレス障害の精神的・器質的要因をめぐる議論.BRAIN and NERVE 2018;11:1247-1254.
  8. 白濱龍太郎,木村真奈美,和田裕雄,谷川武.閉塞性睡眠時無呼吸とこれからの在宅陽圧呼吸療法:アドヒアランスと患者意識.行動医学研究 2018;23:63-69.
  9. 田島朋知,和田裕雄,木村真奈美,佐藤准子,谷川武.睡眠障害とストレス.ストレス科学 2018;33:1-9.
  10. 田島朋知,和田裕雄,木村真奈美,佐藤准子,谷川武.Asthma and COPD Overlap (ACO)とObstructive Sleep Apnea (OSA).呼吸器内科 2018;34:452-458
  11. 田中恵子,和田裕雄,田島朋知,西岡信治,中野博,谷川武.歯科医師に必要な睡眠関連呼吸障害の基礎知識:いびきにご注意「疫学からみたいびき」.Dental Diamond 2018;43:48-52.
  12. 前田恵理子,湯浅資之.2016〜2017年のキューバのヘルスシステム.公衆衛生 2018;82:163-167.
  13. 武藤剛,横山和仁,遠藤源樹,大前利道,白田千佳子,根志繭子,福田洋.治療と職業生活の両立支援:連携による重症化予防とFitness for Work.総合健診 2018;45:336-343.
  14. 武藤剛,横山和仁,遠藤源樹.少子高齢化対策としての職業生活と健康・社会問題の両立:妊孕性保護,育児ならびに疾病治療に対する支援.日衛誌 2018;73:200-209.
  15. 森友久,澤口聡子.Methamphetamineにより誘発される自傷行動ならびに致死に関する基礎検討.日衛誌 2018;73:51-56.
  16. 和田裕雄,横山和仁.臨床医学の「診療」と社会医学の「実践」の接点.保健の科学 2018;60:465-470.
   D.Case Reports
   【英文】
  1. Wada H, Fukumoto S, Tamamura K, Muto G, Ueki J, Tanigawa T. Toward the harmonization of work with treatment and prevention for patients with chronic respiratory failure. Ind Health 2019; 57: 84-89.
   E.Research Fund Reports
   【和文】
  1. 遠藤源樹,山口直人,林和彦,西村勝治,齊藤光江,溝上哲也,小橋元,森口次郎,桑原恵介,武藤剛.平成29年度厚生労働科学研究費補助金.がん患者の就労継続及び職場復帰に資する研究.総括・分担研究報告書 2018.
  2. 種田憲一郎,遠藤源樹,佐藤准子.平成29年度厚生労働行政推進調査事業費補助金.病院勤務医の勤務実態に関する研究.分担研究報告書 病院勤務医の勤務実態に関する研究(ストレス調査) 2018.
  3. 松平浩,遠藤源樹,森口次郎,五十嵐千代,小山善子,高橋美保,野村卓生,岡敬之,横山和仁.平成29年度労災疾病臨床研究事業費補助金.企業・産業保健スタッフ・医療機関の連携による両立支援システムの開発.分担研究報告書 脳卒中罹患における病休・復職制度に関する実態調査 2018.
  4. 飯島佐知子,横山和仁,遠藤源樹,福田敬,西岡笑子,古谷健一,齊藤光江,五十嵐中,坂本めぐみ,三上由美子,大西麻未.平成29年度厚生労働科学研究費補助金.女性の健康の社会経済学的影響に関する研究.分担研究報告書 2018.
  5. 遠藤源樹.日本対がん協会リレー・フォー・ライフジャパン研究助成.中小企業におけるがんサバイバーの病休・復職・退職等の大規模実態調査と復職支援への応用.結果報告書 2018.
  6. 遠藤源樹,山口直人,小島原典子,春山康夫,杉田篤子,大ア陽平.日本フルハップ調査研究助成金.中小企業における、メンタルヘルス不調社員の復職判定支援ツールの開発.報告書・ハンドブック 2018
  7. 斉藤功,西岡信治,丸山広達,三好規子,友岡清秀,谷川武.歯周病関連マーカーと動脈硬化進展に関するコホート研究の構築.平成29年度8020公募研究報告書 2018.
   F.Other Reports
   【和文】
  1. 遠藤源樹.がん復職 働き方支援.中日新聞 2/18,2018.
  2. 遠藤源樹.がん経験社員を支援.東京新聞 2/18,2018.
  3. 遠藤源樹.がん患者の治療と就労の両立支援 診療報酬で弾み.日経メディカル 4/5,2018.
  4. 遠藤源樹.不妊治療と就労の両立支援.生産性新聞 3/15,2018.
  5. 遠藤源樹.がんと就労@「なぜがん罹患社員の就労支援が重要なのか」.生産性新聞 3/25,2018.
  6. 遠藤源樹.がんと就労A「がん罹患社員の療養期」.生産性新聞 4/5,2018.
  7. 遠藤源樹.がんと就労B「がん罹患社員の復職期」.生産性新聞 4/15,2018.
  8. 遠藤源樹.がんと就労C「復職後の就労継続」.生産性新聞 4/25,2018.
  9. 遠藤源樹.脳卒中罹患社員の就労支援.生産性新聞 5/15,2018.
  10. 遠藤源樹.中小企業におけるメンタルヘルス不調社員の復職判定支援ツールの開発.中小企業における健康確保・災害防止に関する調査研究報告書 2018;49-87.
  11. 遠藤源樹.新時代:患者と会社,どう向き合う 治療と仕事の両立,国も支援拡充.朝日新聞 7/25,2018.
  12. 遠藤源樹.がんと仕事 両立:厚労省研究班就業規則を提示.毎日新聞 11/18,2018.
  13. 遠藤源樹.ここまで進んだ!「がんと就労」への支援 産業看護職ができるがん治療と就労の両立支援.産業保健と看護 2018;10:44-50.
  14. 遠藤源樹.治療と就労の両立支援〜本邦初の復職コホート研究からみえてきた両立支援のかたち〜.健康開発 2018;22:70-76
  15. 遠藤源樹.将来の人材不足はがん対策で解消できる.AERA 2/15,2018:24-25
  16. 遠藤源樹.企業ができるがん罹患社員の就労支援.人事実務 2018;1184:16-21.
  17. 遠藤源樹.不妊治療と就労の両立支援の重要性.へるすあっぷ21 2018;404:40-41.
  18. 遠藤源樹.「がんサポート」がん患者の就労支援.2018.
    https://gansupport.jp/article/life/work/work02/16813.html

Social Activities

  1. 全国学会理事・編集委員等
  2. 谷川 武:
    日本衛生学会 評議員
    日本疫学会 代議員
    日本公衆衛生学会 理事
    日本行動医学会 評議員
    日本睡眠学会 評議員
    日本ストレス学会 評議員
    日本ストレス学会 倫理委員会 委員
    日本産業衛生学会・職域における睡眠呼吸障害研究会 世話人
    和田 裕雄:
    社会医学系専門医協議会 業務執行理事会 幹事
    日本公衆衛生学会 代議員
    日本疫学会 代議員
    日本衛生学会 第88回日本衛生学会学術総会組織委員会 委員
    日本呼吸器病学会 呼吸不全に関する在宅ケア白書作成ワーキンググループ(WG) 責任編集メンバー
    日本呼吸器病学会 呼吸ケアカンファレンス 実行委員
    日本呼吸器病学会 睡眠時無呼吸症候群・指定難病肺胞低換気症候群の診療GL作成委員会 協力員
    日本呼吸ケアリハビリテーション学会 代議員
    一般社団法人社会医学系専門医協会 幹事
    湯浅 資之:
    社会医学系専門医協会 認定指導医
    一般社団法人日本国際保健医療学会 理事
    日本ヘルスプロモーション学会 常任理事
    遠藤 源樹:
    日本産業衛生学会 代議員
    日本産業衛生学会 産業医プロフェッショナルコース 委員
    日本産業衛生学会 遠隔産業衛生研究会 発起人
    日本健康教育学会 評議員
    日本がんサポーティブケア学会 評議員
    日本がんサポーティブケア学会 ガイドライン委員会 委員
    日本職業・災害医学会 評議員(幹事)
    Journal of Occupational Health Associate
    Industrial Health
  3. 非常勤講師
  4. 谷川 武:
    大阪大学大学院 非常勤講師
    東京医科歯科大学 非常勤講師
    和田 裕雄:
    杏林大学医学部・非常勤講師
    湯浅 資之:
    順天堂大学グローバルヘルスプロモーションリサーチセンター 副所長
    遠藤 源樹:
    東京大学放射線医学講座 客員研究員
    獨協医科大学公衆衛生学講座 協力研究員
    国立国際医療研究センター 客員研究員
  5. 官公庁等
  6. 谷川 武:
    厚生労働省・国民健康・栄養調査企画解析検討会 委員
    厚生科学審議会・たばこの健康影響評価専門委員会 委員長
    厚生科学審議会・地域保健健康増進栄養部会 委員
    厚生科学審議会・健康日本21(第二次)推進専門委員会 委員
    厚生労働審議会臨時 委員
    国土交通省 事業用自動車健康起因事故対策協議会 委員
    厚生労働省 厚生科学審議会 臨時委員
    文京区地域保健推進協議会 委員
    文京区地域福祉推進協議会保健部会 会員
    えひめ子ども健康サポート推進協議会 会長
    労働者健康安全機構・業績評価委員会医学研究評価部会 専門委員
    健康安全・危機管理対策総合研究事業事前評価委員会 委員
    日本学術振興会 科学研究費委員会 専門委員
    和田 裕雄:
    独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA) 専門委員
    遠藤 源樹:
    日本医療機能評価機構診療ガイドライン作成支援部会 委員
    日本医療機能評価機構診療ガイドライン活用促進部会 委員
    厚生労働省委託事業がん対策推進企業 アクションアドバイザリーボード 委員
    東京都がん対策推進協議会就労支援 専門委員

Higher Degrees and Awards

   A.Higher Degrees
  1. 橋本 隆之:博士(医学),平成29年度
    論文題目:Hashimoto T,Maruyama K,Yamaji Y,Wada H,Ikeda A,Morichika K,Tanigawa T. Predictive ability for reflux esophagitis by gastroesophageal barium reflux and angle of His seen in upper gastrointestinal series. Juntendo Medical Journal 2018; 64: 108-113.
    指導教授:谷川 武
  2. 鈴木 有佳:博士(医学),平成29年度
    論文題目:Suzuki Y, Ikeda A, Wada H, Maruyama K, Miyachi N, Filomeno R, Suzuki Y, Ikeda S, Hashimoto Y, Koyama Y, Tanigawa T. Prevalence of sleep-disordered breathing among women working in the aged care services in Japan. Int Arch Occup Environ Health 2019; 92: 309-316.
    指導教授:谷川 武
   B.Awards
  1. 遠藤 源樹
    日本産業衛生学会
    第3回若手論文賞
    「Age-, sex-, and diagnosis-specific incidence rate of medically certified long-term sick leave among private sector employees: The Japan epidemiology collaboration on occupational health (J-ECOH) study.」,熊本,5/17,2018
  2. 遠藤 源樹
    健康開発科学研究会
    第20回土屋健三郎記念産業医学推進賞
    「治療と就労の両立支援」,東京,6/22,2018
  3. 池田 里美
    第77回日本公衆衛生学会総会
    優秀口演賞
    「東日本大震災による住環境変化と血圧推移についての縦断研究:福島県県民健康調査」,福島,10/26,2018
 


Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.