教室紹介、スタッフ紹介、研究、業績等、順天堂大学大学院乳腺・内分泌外科学に関する様々な情報をご案内します。

大学院医学研究科各研究分野紹介一覧乳腺・内分泌外科学 各研究分野紹介一覧へ

研究


 

研究指導目標

 
1) 乳腺、甲状腺など内分泌疾患および、鼠径ヘルニア、下肢静脈瘤などの一般外科領域に対する理解を深め、同分野における医学の発展に寄与するように指導する。
2) 問題提起、文献検索、発案、課題設定、研究計画設計、臨床検査結果の分析、基礎的データーの解析、などの基本的な研究手技、思考手順について指導し、将来にわたって永続的に医学研究を続ける姿勢を身につけ、未来の、よりよき指導者としての礎となる充実した大学院にする。

大学院

 1−2年次

  4年間の大学院カリキュラムに従い行動目標とするとともに、外科研修カリキュラムにより卒後初期臨床研修をおこないます。
  入学した院生は下記学会に入会してもらいます。
  日本外科学会 日本乳癌学会 日本癌治療学会
  日本臨床外科学会    
  その他に希望に応じて下記学会への入会もお勧めします。
  日本消化器病学会 日本肝臓学会 日本胆道学会
  日本膵臓学会 日本内視鏡学会 日本外科系連合学会
  日本腹部救急学会 日本消化器外科学会  

 3−4年次

  研究テーマに従ってデータを収集し、学位を取得します。同時に上記学会活動も積極的におこない、1年間に2回以上の発表をしてもらいます。

 5年次以降

  原則として一般入局者に準ずるかたちで研修を継続し、大学や研修関連病院への出向で経験を蓄積するとともに、各種学会の専門医・認定医取得を目指します。


 
乳腺・内分泌外科:順天堂医院練馬病院
Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.