プロバイオティクス講座

イメージ
トップページ > プロバイオティクスとは?
■プロバイオティクスとは?
口菌(善玉菌)で菌(病原菌)を制する夢の様な研究をやってみませんか!

医学の研究に興味のある学徒であれば、出身大学、出身学部、男女そして国籍は問いません。人類の健康増進、疾病の予防、病気の治療促進等の研究のあるやる気満々の方、大歓迎です。

■プロバイオティクスProbioticsとは?

口から飲食して、ヒトの、特に大腸にいる莫大な数の細菌群(叢)のバランスを改善する働きを有し、ヒトの体に良い影響を与える細菌の事です。プロバイオティクスの代表的菌種は、ビフィズス菌Bifidobacteriaや乳酸桿菌 Lctobacillusです。これらの菌は、小腸で吸収を免れて大腸に流入して来た炭水化物を発酵させ、乳酸や短鎖脂肪酸である酢酸などを産生する事から乳酸菌とも呼ばれています。近年の研究で、前記の菌以外にもプロバイオティクス効果のある菌が数多く見出されて、世界中で今、活発に研究が行われています。

■プロバイオティクスに何が期待できるか?

期待される効果として1.乳糖の消化性を高め、牛乳を飲んでお腹がゴロゴロする人の症状を改善する、2.消化管の運動性を高め、便秘を改善する、3.大腸内細菌細菌叢に良い影響(善玉菌が増える)を与える結果
1) 腸内感染(例:細菌性下痢、腸内細菌による敗血症など、を予防、
2) 免疫力を高める
3) 潰瘍性大腸炎やクローン病の予防、改善などが期待される
4) アレルギー発症予防
5) 動脈硬化などの生活習慣病の予防
6) 癌の予防
などがある。
トップページへ戻る