ARF-GEPの役割

ARF-GEP

低分子量G-タンパク質であるADPリボシル化因子(ADP ribosylation factor, ARF)は種々の細胞内機能の調節に関与している。ARFは、GDP結合型の不活性型ARF(ARF-GDP)として存在しているが、その機能を発現する際、グアニンヌクレオチド交換タンパク質(guanine nucleotide exchange protein, GEP)の助けを借りて、GTP結合型(ARF-GTP)の活性型ARFに変換される。そして活性型ARF-GTPが小胞輸送やアクチン繊維再構築を調節したり、NADPHオキシダーゼ、ホスホリパーゼD、キナーゼ等を活性化する。