日本エンドトキシン・自然免疫研究会

Japan Endotoxin and Innate Immunity Society

HOME | エンドトキシン研究10 もくじ

更新日 2018-05-07 | 作成日 2016-10-04

エンドトキシン研究10 基礎と臨床の最新知見

編集 日本エンドトキシン研究会
上西紀夫、小川利久、小玉正智、横地高志、谷  徹


もくじ

第1章 シンポジウム1「Endotoxinと生体反応-基礎-」

1.LPSによるマクロファージ遊走活性におけるプロスタグランジンの役割(堀 正敏)
2.感染ストレス条件下におけるグルココルチコイドの生殖機能維持機構について(松脇貴志)

第2章 シンポジウム2「Endotoxinと生体反応-臨床-」

1.低エンドトキシン活性を示すHelicobacter pyloriリポ多糖の炎症反応惹起機構(横田伸一)
2.新しい細菌性トリアシル型リポペプチド構造類縁化合物の宿主細胞活性化機構(朝井康行)
3.急性肝障害ラットにおける肝内Toll-like receptor 4発現に関する検(北澤利幸)

第3章 平成18年度日本エンドトキシン研究会奨励賞受賞講演

1.エンドトキシンに関連する全身炎症反応、血管内皮傷害、凝固・線溶異常の保護的分子の研究(井上健一郎)
2.Sepsisにおける内因性TLR ligandを介した臓器障害(辻本広紀)

第4章 一般演題

1.血液製剤の発熱性物質管理(山本明彦)

2.エンドトキシンと自律神経系(黒木雄一)

3.全身性炎症反応における呼気中一酸化炭素(CO)濃度の上昇(高橋 徹)

4.Fasによる血管内皮細胞死とLPS、IFN-gammaによる増強効果について(小出直樹)

5.Metallothioneinはエンドトキシンによる全身炎症反応・血管内皮傷害を保護する(井上健一郎)

6.麻疹ウイルス感染によるToll-like receptor情報伝達系の抑制とその意義(横田伸一)

7.Toll-like receptor 4細胞外ドメインにおけるLPS認識機構と炎症制御(光澤博昭)

8.MD-2認識とリポ多糖シグナル伝達におけるToll様受容体4N末端側Cys29およびCys40の重要性(西谷千明)

9.TLR会合分子PRAT 4Aによる病原体認識調節機構(高村(赤司)祥子)

10.抗PR3交代はPAR-2を介してヒト単球系細胞の各種TLR系およびNOD系発現を高めて自然免疫応答を増幅する(上原亜希子)

11.IRAK-1過剰発現によるTRAF 6蛋白のproteasome依存性の減少(室井正志)

12.MD-2非発現細胞における新しいLPS認識機構(大西貴弘)

13.TLR 4強制発現細胞による血中エンドトキシン生物活性測定の試み(Lipopolysaccharide Biological Activity Assay (LBA))(西田正人)

14.エンドトキシンによる血管内皮細胞のアポトーシス誘導(塩入利一)

15.糖尿病合併症としての動脈硬化におけるiNOSおよびCOX-2経路の関与-慢性感染症としての関連-(高橋裕二)