日本エンドトキシン・自然免疫研究会

Japan Endotoxin and Innate Immunity Society

HOME | エンドトキシン・自然免疫研究17

更新日 2018-05-07 | 作成日 2016-10-04

エンドトキシン・自然免疫研究17
  エンドトキシン・自然免疫研究の展開:新しい機序・診断・応用

編集 日本エンドトキシン・自然免疫研究会
谷  徹、横地高志

もくじ

第1章 シンポジウム「エンドトキシン吸着療法の20年と今後」

1.PMX-DHP療法における種々のマーカーの変動と作用機序 -著者らの成績を中心に-
  中村 司 他
2.重症感染症に対するsustained PMX
  山下千鶴 他
3.びまん性肺胞障害(DAD)に対するPMX療法の有効性
  阿部信二

第2章 ワークショップ1「敗血症の診断と現状」

1.血中エンドトキシン測定における前提条件の再確認
  土谷正和
2.リムルス試薬これからの展開 -カブトガニリコンビナントC因子PyroGene™rFCアッセイ-
  益田多満喜
3.新しい高感度エンドトキシン測定・エンドトキシン散乱測光法(ESP法)からみたリムルス反応の特殊性について
  小幡 徹 他
4.プロカルシトニン(PCT)の現状と展望
  三田村真 他

第3章 ワークショップ2「最新の自然免疫研究」

1.Gut-derived endotoxinと肝疾患;その病態論における自然免疫機構と酸化ストレス
  坂口修平 他
2.スフィンゴシン1リン酸の生体における機能について
  中島昭奈 他
3.TLR7に会合して制御するsmall G protein
  齋藤伸一郎
4.微細藻類由来多糖による自然免疫活性化作用
  杉山剛志 他

第4章 平成25年度日本エンドトキシン・自然免疫研究会奨励賞・優秀賞

TLR4/MD-2のリガンド認識と応答性の連関:Lipopolysaccharide binding protein (LBP)とCD14の要求性の相違と炎症性決定の分子基盤
  谷村奈津子 他

第5章 ランチョンセミナー「トレミキシン開発の歴史」

血中エンドトキシン除去による敗血症治療UPDATE
  小路久敬

第6章 一般演題

1.抗菌ペプチドLL-37によるマクロファージ系細胞のピロトーシスの制御
  胡 忠双 他
2.リポポリサッカライド投与豚モデルにおける重症予測因子の解析
  小網博之 他
3.植物由来成分によるTLR4/MD-2シグナルの抑制
  本田裕恵 他
4.IFN-γによるマウス血管内皮細胞END-Dの一酸化窒素産生へのTLRリガンドの増強効果とその機序について
  小出直樹 他
5.真菌構成成分による免疫修飾
  田中満崇 他
6.ビリルビン/ビリベルジン酸化還元サイクルを利用した急性臓器傷害に対する薬物療法の可能性
  高橋 徹
7.エンドトキシン血症時における精巣生殖細胞アポトーシスと内因性IL-18の役割
  井上岳人 他
8.Endotoxin scattering photometory (ESP)法によるエンドトキシン測定
  清水智治 他