教室紹介、スタッフ紹介、研究、業績等、順天堂大学大学院 疾患モデル研究センターに関する様々な情報をご案内します。

順天堂大学大学院-研究施設-
大学院医学研究科附属研究施設疾患モデル研究センター 附属研究施設一覧へ

疾患モデル研究センター



 

疾患モデル研究室

 
I 【目的・概要】
   本研究室は、飼育室8室、小動物実験室1室、洗浄室1室及びスタッフルーム等から成っている動物実験施設です。本研究室内では、マウス、ラット、ハムスター、スナネズミ、モルモット及びウサギ等の実験動物が飼育されており、免疫学、代謝内分泌学、神経学、病理学及び腎臓病学等に関連した実験が行われています。また、遺伝子改変マウス(トランスジェニック/ノックアウトマウス)も飼育されており、繁殖・維持を行いながら、多方面の研究に使われています。なお、本研究室は、実験動物関連の法律及び基準に基づいて運営されており、適正な実験が行われています。
II 【登録】
   本研究室の利用希望者は、「疾患モデル研究室利用者登録申請書」を提出し、ガイダンスを受けた後、登録を行い、利用することができます。なお、登録は、随時行いますが、その登録の有効期限は、1年間です。
Ⅲ 【利用方法】
   利用者は、予め、「動物実験計画書」を提出し、その計画書が学内の実験動物委員会で承認された後、本研究室にて実験を行うことができます。なお、遺伝子改変動物を用いた実験を行う場合は、動物実験計画書を提出する前に、「遺伝子組換え生物等第二種使用等計画書」あるいは「既作出組換え動植物を用いる実験計画届」を学内の組換えDNA安全委員会に提出し、承認を得ておく必要があります。
 最近、実験動物供給業者以外の他の大学や研究機関より動物を搬入する場合が増えています。このような場合は、動物を搬入する前に、予め先方から微生物モニタリング検査書を入手し、確認の上、搬入の可否を決定します。また、原則として、搬入された動物は、隔離飼育を行い、微生物学的クリーニングを行った後に、通常の飼育室に移されます。なお、搬入される動物が、遺伝子改変動物の場合は、予め、前述した「既作出組換え動植物を用いる実験計画届」の承認を得るのみならず、「遺伝子組換え生物等の譲渡等(譲渡、提供及び委託)に係る情報の提供に関する調書」を組換えDNA安全委員会に提出し、承認を得ておく必要があります。
 

特殊疾患モデル研究室

 
I 【目的・概要】
   特殊疾患モデル研究室は、平成11年度文部科学省の私学助成プロジェクトである「ハイテクリサーチセンタープロジェクト」により新設された老人性疾患病態・治療研究センターの一部として、平成14年9月に新設された動物施設です。当研究室は、飼育室7室、実験室2室、シネアンジオ室、測定室、胚操作エリア、その他洗浄・滅菌室、管理室などから成り、床面積は約500m2 あります。利用者の入退室は、顔認識システムを用いて管理されています。当研究室においては、SPFマウス・ラットが飼育されています。当研究室において飼育する動物種はマウス・ラットの他に中動物(ウサギ・ブタ)を飼育しています。ウサギはクリーン動物として、SPF動物に準じて飼育しています。当研究室では、メタボリックシンドローム、老人性疾患、低侵襲手術等に重点をおいて研究が行われています。また、胚操作エリアも整備されており、貴重な系統を保存するために受精卵・精子の凍結保存及び体外受精/胚移植による微生物学的クリーニング等も実施しています。なお、当研究室にて行われる動物実験は、すべて、「順天堂大学医学部動物実験に関する指針」に則って、実験動物委員会の審査、承認を受けており、科学的のみならず、動物福祉の観点からも適正におこなわれています。
II 【登録】
   「特殊疾患モデル研究室利用者登録申請書」を提出し、受理された利用者は、利用者講習会を受講した後、当研究室を利用することができます。利用登録は年度始めにおこない、登録有効期間は1年間です(年度途中での登録は随時受け付けています)。
Ⅲ 【利用方法】
   利用者は、あらかじめ「動物実験計画書」を提出し、「動物実験計画書」が実験動物委員会で承認された後、動物実験を開始することができます。また、遺伝子改変動物を用いて実験をおこなう場合は、あらかじめ「組換えDNA実験確認申請書」あるいは「既作出組換え動物を用いる実験計画届」を提出し、承認を得ておかなければなりません。
実験動物を他の機関の動物施設から当研究室に導入する場合は、あらかじめ当該動物供給機関の微生物モニタリング検査成績書を確認の上、当研究室管理責任者が導入の可否を決定します。
実験を終了したときは、「動物実験終了報告書」を提出してください。
 

遺伝子解析モデル研究室(Ⅰ)

 
Ⅰ 【目的・概要】
  遺伝子解析モデル研究室(Ⅰ)は、平成10年度文部科学省私立大学学術フロンティア推進事業「アトピー疾患研究センタープロジェクト」の一環として、平成11年4月に新設された研究室です。当研究室は、飼育室4室、実験室2室、胚操作室1室、その他洗浄・滅菌室、管理室などから成り、床面積は約280m2 です。利用者の入退室は、指紋照合装置を用いて管理されています。当研究室においては、SPF(specific pathogen free)マウスが飼育されています。SPF動物とは、指定された病原体に感染していない動物のことであり、厳密な微生物学的コントロールのもとに飼育されます。当研究室において飼育する動物種はマウスのみであり、アトピー疾患の研究あるいは免疫学の研究に用いられるマウス系統の維持・繁殖、易感染性マウスの飼育、その他のマウスの長期飼育などをおこなっています。また、胚操作室も整備されており、遺伝子改変動物(トランスジェニックマウス)の作製や受精卵・配偶子の凍結保存がおこなわれています。
 当研究室にておこなわれる動物実験は、すべて、「順天堂大学医学部動物実験に関する指針」に則って、実験動物委員会の審査、承認を受けており、科学的のみならず、動物福祉の観点からも適正におこなわれています。
Ⅱ 【登録】
  「遺伝子解析モデル研究室(Ⅰ)利用者登録申請書」を提出し、受理された利用者は、利用者講習会を受講した後、当研究室を利用することができます。利用登録は年度始めにおこない、登録有効期間は1年間です(年度途中での登録は随時受け付けています)。
Ⅲ 【利用方法】
  利用者は、あらかじめ「動物実験計画書」を提出し、「動物実験計画書」が実験動物委員会で承認された後、動物実験を開始することができます。また、遺伝子改変動物を用いて実験をおこなう場合は、あらかじめ「遺伝子組換え生物等第二種使用等計画届」あるいは「既作出組換え動植物を用いる実験計画届」を提出し、承認を得ておかなければなりません。
実験動物を他の機関の動物施設から当研究室に導入する場合は、あらかじめ当該動物供給機関の微生物モニタリング検査成績書を確認の上、当研究室管理責任者が導入の可否を決定します。
実験を終了したときは、「動物実験終了報告書」を提出してください。
 

遺伝子解析モデル研究室(Ⅱ) 

 
Ⅰ 【目的・概要】
  本研究室は、平成11年度文部科学省の私学助成プロジェクトである「ハイテクリサーチセンタープロジェクト」により新設された老人性疾患病態・治療研究センターの一部として、平成14年9月に発足した新しいSPF動物施設です。本研究室は、飼育室6室、P2実験室1室、その他洗浄滅菌室、清浄倉庫などから成り、床面積は約200m2 あります。利用者の入退室は顔認識システムを用いて管理されており、セキュリティー面でも充実しています。また、本研究室では、パーキンソン病関連疾患および神経性疾患等の研究に用いる貴重な系統の維持、繁殖および長期飼育などを行っています。更に、本研究室では、遺伝子改変動物の作製、貴重な系統を保存するために受精卵・精子の凍結保存及び体外受精/胚移植による微生物学的クリーニング等も実施しています。なお、本研究室での動物実験は、動物福祉及び動物愛護の精神にもとづき、学内の実験動物委員会の承認を経た後、すべて「順天堂大学医学部動物実験に関する指針」にそって行われています。
Ⅱ 【登録】
  実験動物委員会に提出された「動物実験計画書」が承認された後、「遺伝子解析モデル研究室・利用登録申請書」を提出し、受理された利用者は、当施設を利用することができます。
Ⅲ 【利用計画】
  利用者は、予め「動物実験計画書」を提出し、動物実験の内容、動物施設の利用方法、必要な機器等について研究室担当者と協議しなければなりません。また、遺伝子改変動物の作製およびウイルスベクターを用いた感染実験等は、予め組換えDNA実験確認申請書を提出(既に作製された遺伝子改変動物を他機関より導入し、実験に使用する場合は、既作出組換え動植物を用いる実験計画届を提出)し、承認を得ておかなければなりません。なお、ウイルスベクターを用いた感染実験等は、本研究室の「感染動物実験ガイドライン」に従って実施されます。
 動物業者以外の他機関より遺伝子改変動物等を本研究室に導入する場合は、「実験動物の授受に関するガイドライン」に従い、予め他機関の微生物モニタリング検査成績書及び「実験動物授受のための動物健康及び飼育形態調査レポート」を本研究室管理者が確認の上、導入の是非を決定します。


Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.