教室紹介、スタッフ紹介、研究、業績等、順天堂大学大学院小児外科・小児泌尿生殖器外科学に関する様々な情報をご案内します。

大学院医学研究科各研究分野紹介一覧小児外科・小児泌尿生殖器外科学 各研究分野紹介一覧へ

主任教授 山高篤行の業績


 
英文
英文業績一覧
邦文
邦文業績一覧
発表・講演会一覧

邦文著書一覧

原著総説著書邦文報告・その他訳著抄録企画
>>発表・講演会一覧はこちら

邦文原著

2012年

  1. 林 豊、岡ア任晴、湊 進太焉A長江逸郎、土田明彦、青木達哉、山高篤行: 膀胱尿管移行部狭窄. 小児外科 44:2012-2014, 2012
  2. 熊坂 栄、島 義雄、峯 牧子、中島瑞恵、竹間友紀、岩崎奈央、寺田有佑、横山愛子、岡崎任晴、 山高篤行: 早産児における肥厚性幽門狭窄症の臨床的特徴. 日本周産期・新生児医学会雑誌 48:71-75, 2012.

2011年

  1. 四柳聡子、林 豊、山高篤行、岡崎任晴: 泌尿生殖器に関する処置. 小児外科 43:196-200, 2011.

2009年

  1. 高木正稔、青木由貴、磯田健志、佐藤隆介、満生紀子、梶原道子、長澤正之、森尾友宏、 李 慶徳、山高篤行、森川信行、黒田達夫、水谷修紀: 化学療法抵抗性を示したWilms腫瘍、 favorable histrogy、ステージWの1例. 小児がん 46:387-392, 2009
  2. 岡崎任晴、東海林宏道、清水俊明、田中利隆、竹田 省、 山高篤行: 先天性横隔膜ヘルニア予後因子としての肺動脈径と肺動脈血流の経時的測定の有用性. 日本周産期新生児会誌45:1169-1171, 2009

2008年

  1. 世川 修、山高篤行、吉田竜二、川島章子、木村朱里、光永眞貴、土屋晶義、佐久間 泉、楠田 聡、仁志田博司、宮野 武: 新生児に対する腹腔鏡検査・手術:14年間の経験 周産期・新生児医学会雑誌 43:905-907, 2008
  2. 染谷朋之介、奥村彰久、藤井 徹、春名英典、荒井康裕、李 慶徳、岡崎任晴、山高篤行、清水俊明:  新生児期より高血圧/低Na血症を反復した周期性嘔吐症の1例 小児高血圧研究会誌 5:32-34, 2008
  3. 岡崎任晴、末吉 亮、川嶋一成、加藤善史、田中利隆、竹田 省、東海林宏道、清水俊明、山高篤行:  先天性嚢腫性腺腫様肺奇形の手術適応と手術時期の検討 特に外科的視点から 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 19:18-23, 2008
  4. 山高篤行、草深純一: 新生児科・産科の先生方と、ともに学ばせて頂いた新生児外科疾患 周産期・新生児医学会雑誌 43:786-793, 2008
  5. 林 豊、加藤善史、岡崎任晴、山高篤行: 高度膀胱尿管逆流症を有する神経因性膀胱に対する、逆流防止術併用膀胱拡大術の有用性について:長期的観察を含めて 日本小児泌尿器科学会雑誌 17: 124-127, 2008

2007年

  1. 坂口佐知、斎藤正博、斎藤洋平、榊原オト、塩沢裕介、鈴木恭子、高梨 剛、藤田宏夫、矢内俊裕、 山高篤行、清河信敬、藤本純一郎、宮野 武、清水俊明: 腸管原発バーキットリンパ腫における、診断時および化学療法開始前の外科治療の適応についての考察. 小児がん 44:150-154, 2007

2005年

  1. 山高篤行、古賀寛之、矢内俊裕、宮野 武: 腹腔鏡下鎖肛根治術. 日本内視鏡外科学会雑誌 10:307-311, 2005
  2. 中島瑞恵、島 義雄、新藤史子、布山裕一、岡崎任晴、山高篤行、宮野 武: 頭蓋内進展を伴った口腔内巨大奇形腫の1例. 日本周産期・新生児医学会雑誌 41:594-597, 2005
  3. 大下正晃、岡崎任晴、矢内俊裕、山高篤行、篠原公一、 山城雄一郎、伊藤 茂、木下勝之、宮野 武、渡辺とよ子: 極低出生体重児と外科疾患 当院における外科疾患を合併した極低出生体重児の予後について. 周産期・新生児医学会雑誌 41:795-797, 2005
  4. 矢内俊裕、岡崎任晴、小林弘幸、山高篤行、加藤善史、篠原公一、斉藤正博、山城雄一郎、 伊藤 茂、木下勝之、宮野 武: 周産期・新生児悪性腫瘍 新生児悪性固形腫瘍に対する治療方針 神経芽腫について. 周産期・新生児医学会雑誌 41:721-725, 2005
  5. 中島瑞恵、島 義雄、新藤史子、布山裕一、岡崎任晴、山高篤行、宮野 武: 極低出生体重児に伴った横隔膜弛緩症に対する術前管理の経験. 日本周産期・新生児医学会雑誌 41:583-587, 2005

2004年

  1. 金山和裕、矢内俊裕、小林弘幸、山高篤行、斉藤正博、藤田宏夫、宮野 武: 胸腺に発生したランゲルハンス細胞組織球症の1例 胸部CT所見の診断への応用. 日本小児放射線学会雑誌 20:32-35, 2004
  2. 久我高志、小林暁子、小林弘幸、山高篤行、林田康男、宮野 武: Intestinal neuronal dysplasiaの成因についての検討 Neuroendocrine cellの分布について. 順天堂医学50:77-83, 2004
  3. 小笠原有紀、矢内俊裕、小林弘幸、山高篤行、大塚宜一、 齋藤正博、山城雄一郎、宮野 武: WDHA症候群を呈したVIP分泌性神経芽腫の1例. 小児がん 41:285-287, 2004

2003年

  1. 小笠原有紀、矢内俊裕、小林弘幸、山高篤行、 宮野 武: ボタン型リチウム電池誤飲後食道気瘻: 保存的治療により治癒した例および本邦報告例の検討. 日小外会誌 39:630-635, 2003
  2. 比企さゆり、山高篤行、小林弘幸、岡田安弘、宮野 武: 小児リンパ管腫105例の臨床的検討 - 発生部位・病型別治療評価. 順天堂医学 48:476-483, 2003
  3. 塩沢祐介、藤田宏夫、藤村純也、鈴木恭子、齋藤正博、石本浩市、 山城雄一郎、矢内俊裕、山高篤行、宮野 武: 末梢血幹細胞移植を施行した再発ウィルムス腫瘍の1例. 小児がん40: 629-632, 2003

2002年

  1. 佐竹正栄、細田弥太郎、大友義之、金子一成、山高篤行、宮野 武: 多嚢胞性異形成腎の治療法についての検討 - 保存的・外科的治療の選択について. 順天堂医学48:348-354, 2002
  2. 島 秀樹、山高篤行、矢内俊裕、児島邦明、二川俊二、宮野 武: 胆道拡張症術後肝内結石に対する胆道鏡結石粉砕術. 小児外科34:1430-1433, 2002
  3. 佐竹正栄、矢内俊裕、山高篤行、宮野 武、保坂篤人、吉田幸洋: 仙尾部にまで膨隆する巨大膀胱を伴った稀なPotter症候群の1例. 順天堂医学 47:528-531, 2002

2001年

  1. 李 志新、小林弘幸、山高篤行、 場集田 寿、八木田秀雄、 奥村 康: マウス胎仔小腸移植のおける抗CD80・抗CD86抗体併用投与の免疫抑制効果. 移植 36:293-302, 2001
  2. 土屋久美、金子一成、長岡理恵子、大友義之、 山城雄一郎、 山高篤行、宮野 武: 小児の黄色肉芽腫性腎盂腎炎3例における画像検査所見の検討. 日本小児腎臓病学会雑誌 14:57-63, 2001

1999年

  1. 岩下公江、山高篤行、森岡 新、小林弘幸、岡崎任晴、宮野 武: S状結腸利用膀胱拡大術術後に於ける膀胱粘膜の組織学的検討. 順天堂医学44:415-422, 1999
  2. 鈴木竜洋、清水俊明、山城雄一郎、世川 修、山高篤行、宮野 武、桑鶴良平: 小児膵胆道系疾患におけるMRCPの有用性. 小児科 40:395-398, 1999

1998年

  1. 山高篤行、岩下公江、宮野 武: 胎児診断された小腸閉鎖の一例: 出生前診断の有用性について. 順天堂医学. 43:548-550, 1998
  2. 15. 桑鶴良平、山高篤行、煎本正博、箕輪興仁、槙田淳一、葛西由守、宮野 武、片山 仁: 2D- FASE法による小児先天性胆道拡張症のMRCP: Non-breath-hold one-shot MRCの有用性  日本医放会誌 58:807-810, 1998

1996年

  1. 宮野 武、山高篤行、安藤邦澤、世川 修、岡崎任晴、河野澄男: 肝内胆管形態から見た先天性胆道拡張症の治療. 日外会誌 97:618-625, 1996
  2. 山高篤行、宮野 武: Hirschsprung病類縁疾患とC-KIT. 医学のあゆみ178:867-871, 1996
  3. 安藤邦澤、宮野 武、山高篤行、世川 修、桑鶴良平: 小児先天性胆道拡張症に対する術前経皮胆道ドレナージ術の検討. 日小外会誌 32:891-894, 1996

1995年

  1. 山高篤行、松本 出、Pujic Z、Wilce P、宮野 武: 小腸虚血再灌流刺激による初期転写遺伝子ならびにオルニチン脱炭酸酵素遺伝子の発現誘導. 脈管学 35:303-308, 1995
  2. 金子一成、鈴木与志晴、大友義之、福田 豊、薮田敬次郎、桑鶴良平、片山 仁、宮野 武、山高篤行、原 利男: 放射線被曝のない膀胱造影の試み: アルブネックスを用いた検討. 日小腎会誌 8:29-32, 1995
  3. 大城清彦、藤原利男、土岡 丘、 山高篤行、黒須祐作、町田尚美、岡崎任晴、砂川正勝、栗原武男、市村登寿: 副腎皮質癌の一例. 小児がん 32:168-171, 1995

1991年

  1. 福永 研、大谷俊樹、山高篤行、入戸野博: 胆道閉鎖症児に対する肝臓移植の適応決定時期に関する検討. 日小外会誌 27:15-24, 1991

1990年

  1. 山高篤行、宮野 武、木村紘一郎、浦尾正彦、西江 弘、末吉徳芳: Synapse 小胞に対する Monoclonal抗体を用いた正常ヒト腸管およびHirschsprung病腸管壁内神経系のSynapse分布状態の検討. 日小外会誌 26:894-900, 1990
  2. 山高篤行、宮野 武、木村紘一郎、福永 研、小林弘幸、岡崎任晴、佐藤勝弘、佐々木克典、野沢真澄、大津一郎: ラット小腸移植後拒絶腸管の絨毛内毛細血管系の形態学的観察 - 透過及び走査電子顕微鏡. 移植 25:288-296, 1990
  3. 小林弘幸、山高篤行、下村 洋: Nonpalpable testisの画像診断(第2報)MRIの有用性に関する検討. 日本小児放射線学会雑誌 6:303-304, 1990

1989年

  1. 山高篤行、宮野 武、木村紘一郎、小川富雄、市川銀一郎: 先天性喉頭気管食道裂の一治験例. 日小外会誌 25:1109-1113、 1989
  2. 宮野 武、大谷俊樹、木村紘一郎、新井健男、下村 洋、山高篤行、福永 研: CBA治療の現状と問題点. 日外会誌 90:1343-1347, 1989
  3. 金子一成、福田 豊、薮田敬次郎、山高篤行、宮本和俊、 大谷俊樹、下村 洋、新井健男、木村紘一郎、宮野 武: 新生児期に腎不全で発症し、逆流防止術を施行した一側VUR、 他側低形成腎の2例. 日小外会誌 25:822-826, 1989

邦文総説

2012年

  1. 熊坂 栄、 島 義雄、峯 牧子、中島瑞恵、竹間友紀、岩崎奈央、寺田有佑、横山愛子、岡ア任晴 山高篤行: 早産児における肥厚性幽門狭窄症の臨床的特徴. 日本周産期・新生児医学雑誌48:71-75, 2012
  2. 高橋俊明、山高篤行: 鼠径ヘルニア、腹壁ヘルニア. 小児内科 44増刊号 小児疾患の診断治療基準 第4版: 406-407, 2012

2011年

  1. 古賀寛之、岡崎任晴、山高篤行: 肺嚢胞(葉切除術). 小児外科 43:1018-1022, 2011
  2. 岡和田 学、高橋俊明、山高篤行: 消化器系 消化管の解剖学. 小児看護 34:1449-1457, 2011

2010年

  1. 大畑瑠美、高橋 翼、一城千都絵、山高篤行、小林弘幸: 小児外科病棟におけるヒヤリハット. 小児外科42:45-48, 2010
  2. 谷川允彦、奥田準二、宇山一朗、東野正幸、松本純夫、神永功太、山形基夫、出沢 明、山高篤行、岩中 督: 「内視鏡外科診療ガイドライン」出版はどのように実臨床に影響しているか? - アンケート調査結果から. 日鏡外会誌 15(6):727-737, 2010
  3. 高橋 翼、山高篤行: 腹部外傷の画像診断 肝・脾・腎・膵外傷、消化管損傷. 小児科 51:757-764, 2010
  4. 小笠原有紀、山高篤行: 胃軸捻転. 小児内科 42:826-828, 2010
  5. 小笠原有紀、加藤善史、岡崎任晴、山高篤行: Hirschsprung病。 小児内科 42:1779-1782、 2010
  6. 林 豊、四柳聡子、岡崎任晴、山高篤行: 超音波凝固切開装置、 vessel sealing systemの使い方. 小児外科 42:1105-1109, 2010
  7. 下高原昭廣、山高篤行: 先天性食道閉鎖症に対する胸腔鏡下手術. 小児外科 42:1248-1250, 2010
  8. 高橋俊明、岡崎任晴、古賀寛之、山高篤行: 腹腔鏡補助下高位鎖肛根治術における合併症 小児外科42(11) 2010
  9. 山高篤行、越永従道: 座長のまとめ. 周産期・新生児医学会雑誌 46:934, 2010

2009年

  1. 山高篤行,下原昭廣: 小児内視鏡手術の技術審査:私の術式 私の噴門形成術.小児外科 41: 20-23, 2009
  2. 林 豊、岡崎任晴、山高篤行: 知っておきたい泌尿器科の知識(その1) 膀胱拡大術. 小児外科 41:189-193, 2009
  3. 高橋 翼,岡崎任晴,山高篤行: 胆道閉鎖症 最近の治療と予後.小児科50: 225-230, 2009
  4. 田中奈々・岡崎任晴、下高原昭廣、山高篤行: メッケル憩室穿孔が原因であった出生前診断胎便性腹膜炎の1例.小児外科41: 513-515, 2009
  5. 李 慶徳、林 豊、鳥羽山滋生、山高篤行: 膀胱尿管逆流症と神経因性膀胱.小児外科 41: 413-416, 2009
  6. 山高篤行: おちんちんの話 停留精巣とは? Happy-Note 1997, 2009
  7. 山高篤行、加藤善史: 小児外科疾患術後患者の長期予後 -成人期における諸問題- 短腸症候群.日本外科学会雑誌110:199-202, 2009
  8. 小林弘幸、小林暁子、山高篤行: Intestinal neuronal dysplasia (IND) 消化管症候群 下  -その他の消化管疾患を含めて. 日本臨牀 別冊消化管症候群(下): 538-540, 2009
  9. 高橋 翼,山高篤行: 摂食障害に対する腹腔鏡補助下内視鏡的胃瘻造設術.小児外科41: 933-935, 2009
  10. 古賀寛之、岡崎任晴、山高篤行: 出生前診断された小腸閉鎖症に対する腹腔鏡補助下手術.小児外科41: 942-946, 2009
  11. 林 豊、岡崎任晴、山高篤行: 尿路変向術・膀胱再建術.臨泌 63:881-891, 2009
  12. 高橋俊明,下高原昭廣,山高篤行: 尿道上裂と膀胱外反.小児外科41:1092-1096, 2009
  13. 山高篤行、宮野 剛: ヒルシュスプルング病手術の縫合.臨床外科 64:278-282, 2009
  14. 山高篤行、古賀寛之: 小児外科疾患と最近の治療法”順天堂の経験“.日小医会報 38:107-110, 2009
  15. 山高篤行、越永従道: 座長のまとめ. 周産期・新生児医学階雑誌 45:1101, 2009

2008年

  1. 小林弘幸、草深純一、山高篤行: メンズ・ヘルスのトピックス 停留精巣と小児包茎をどう扱うか? JIM 18:150-151, 2008
  2. 下高原昭廣、岡崎任晴、山高篤行: 陰茎の異常2−尿道下裂− 日本醫亊新報4370: 49-52, 2008
  3. 下高原昭廣、山高篤行: 小児泌尿器疾患における鏡視下手術 小児科 49: 277-282, 2008
  4. 岡崎任晴、山高篤行: 手術のtips and pitfalls Nuss法〜漏斗胸 日外会誌 109:111-114, 2008
  5. 山高篤行、加藤善史、林 豊: 二分脊椎症に対する治療:膀胱拡大術の効果・成績について 二分脊椎の発生病態と予防および総合医療に関する研究 総括研究報告書 43-50, 2008
  6. 岡和田学、矢内俊裕、山高篤行: 高位鎖肛に対する腹腔鏡補助下手術における術中・術後合併症とその対策 小児外科 40:461-464, 2008
  7. 李 慶徳、小笠原有紀、岡崎任晴、山高篤行: 致死的となる絞扼性イレウスの診断 小児内科 40:640-643, 2008
  8. 世川 修、吉田竜二、川島章子、木村朱里、光永真貴、土屋晶義、亀岡信悟、山高篤行: 小児泌尿生殖器疾患に対する腹腔鏡手術における術中・術後合併症とその対策 小児外科 40: 478-483,2008
  9. 高橋俊明、小笠原有紀、岡崎任晴、山高篤行: 小児外科領域の最近の話題 急性虫垂炎 当科における腹腔鏡下虫垂切除術 日本醫亊新報 4409:49-52, 2008
  10. 林 豊、岡崎任晴、山高篤行: 消化器系臓器原発の非上皮性腫瘍 小児の仙尾部奇形腫 外科 70:1168-1173, 2008
  11. 高橋 翼、山高篤行: 小児の先天性胆道拡張症における術後合併症を軽減するための基本術式. 胆と膵 29:915-919, 2008
  12. 草深純一、岡崎任晴、山高篤行: 小児外科領域の最近の話題 小児泌尿器外科疾患 膀胱尿管逆流症・腎盂尿管移行部狭窄症 日本醫亊新報 4405:49-52, 2008
  13. 小笠原有紀、岡崎任晴、山高篤行: 小児外科領域の最近の話題 新生児・低出生体重児の外科 日本醫亊新報 4400:49-52, 2008
  14. 末吉 亮、 岡崎任晴、山高篤行: 小児外科領域の最近の話題 先天性横隔膜ヘルニアと先天性嚢胞性腺腫様奇形 日本醫亊新報 4396:49-52, 2008
  15. 李 慶徳、岡崎任晴、山高篤行:  小児外科領域の最近の話題 胆道閉鎖症・胆道拡張症 日本醫亊新報 4392:49-52, 2008
  16. 岡和田 学、岡崎任晴、山高篤行: 小児外科領域の最近の話題 鏡視下手術 Nissen噴門形成術・脾臓摘出術 日本醫亊新報 4387:49-52, 2008
  17. 岡和田 学、岡崎任晴、山高篤行: 小児外科領域の最近の話題 漏斗胸に対する手術 Nuss法 日本醫亊新報 4383:49-52, 2008
  18. 金山和裕、岡崎任晴、山高篤行: 小児外科領域の最近の話題 鏡視下手術2 - ヒルシュスプルング病と鎖肛手術の実際 日本醫亊新報 4378:49-52, 2008
  19. 林 豊、岡崎任晴、山高篤行: 小児外科領域の最近の話題 鏡視下手術1 -新生児. 日本醫亊新報 4374:49-52, 2008
  20. 金山和裕、岡崎任晴、山高篤行: 鏡視下手術2−ヒルシュスプルング病と鎖肛手術の実際. 日本醫亊新報 4378:49-52, 2008
  21. 岡和田 学、岡崎任晴、山高篤行: 漏斗胸に対する手術 -Nuss法. 日本醫亊新報 4383:49-52, 2008
  22. 岡和田 学、岡崎任晴、山高篤行: 鏡視下手術3 -Nissen噴門形成術・脾臓摘出術. 日本醫亊新報 4387:49-52, 2008
  23. 李 慶徳、岡崎任晴、山高篤行: 胆道閉鎖症・胆道拡張症 日本醫亊新報 4392:49-52, 2008
  24. 末吉 亮、岡崎任晴、山高篤行: 先天性横隔膜ヘルニアと先天性嚢胞性腺腫様肺奇形. 日本醫亊新報 4396:49-52, 2008
  25. 小笠原有紀、岡崎任晴、山高篤行: 新生児・低出生体重児の外科. 日本醫亊新報 4400:49-52, 2009
  26. 草深純一、岡崎任晴、山高篤行: 小児泌尿器外科疾患 -膀胱尿管逆流症・腎盂尿管移行部狭窄症. 日本醫亊新報 4405:49-52, 2008
  27. 高橋俊明、小笠原有紀、岡崎任晴、山高篤行: 急性虫垂炎 -当科における腹腔鏡下虫垂切除術. 日本醫亊新報4409:49-52, 2008
  28. 林 豊、岡崎任晴、山高篤行: 小児の悪性固形腫瘍. 日本醫亊新報 4413:49-52, 2008

2007年

  1. 岡和田 学、山高篤行: 水腎症、多嚢胞腎など. 産婦人科の実際 56:903-907, 2007
  2. 山高篤行、高橋 翼: 日常診療でみられる小児外科疾患. 東京小児科医会報 26:42-45, 2007
  3. 岡崎任晴、草深純一、山高篤行: 陰茎の異常1 - 包茎・埋没陰茎. 日本医事新報 4365:49-52, 2007
  4. 小笠原有紀、岡崎任晴、山高篤行: 直腸総排泄腔瘻の長期フォローアップ. 小児外科 39: 1192-1195, 2007
  5. 岡崎任晴、一城千都絵、山高篤行: 直腸総排泄腔瘻に対するPSARUVP手術の検証と今後の展開. 小児外科38:968-972, 2007
  6. 山高篤行、草深純一: 新生児科・産科の先生方と、ともに学ばせて頂いた新生児外科疾患. 周産期新生児誌 43:786-793, 2007
  7. 大友義之、染谷朋之介、藤永周一郎、山高篤行: 泌尿器疾患 膀胱尿管逆流症と尿路感染症 小児科診療 71:317-321, 2007
  8. 小林弘幸、草深純一、岡崎任晴、山高篤行: 停留精巣、陰嚢水腫 精索水腫. 小児科 48:1277-1281, 2007

2006年

  1. 宮野 剛、 山高篤行、矢内俊裕、 宮野 武: 小児急性虫垂炎の画像診断における留意点. 小児科 47:79-83, 2006
  2. 高橋 翼、矢内俊裕、山高篤行、岡崎任晴、加藤善史、小林弘幸、篠原公一、山城雄一郎、宮野 武: 染色体異常を伴う極・超低出生体重児の外科治療と予後. 小児外科 38:108 - 111, 2006
  3. 岡崎任晴、一城千都絵、山高篤行: 直腸総排泄腔瘻に対するPSARUVP手術の検証と今後の展開. 小児外科 38:968-972, 2006
  4. 山高篤行、矢内俊裕、古賀寛之、宮野 武: 腹腔鏡下鎖肛根治術の実際と今後の展開. 小児外科 38:973-977, 2006
  5. 山高篤行、宮野 剛: 手術のtips and pitfalls 先天性胆道拡張症 - 総肝管空腸吻合術. 日外会誌 107:198-201, 2006
  6. 山高篤行、矢内俊裕、古賀寛之、宮野 武: 直腸肛門奇形術式の検証と今後の展開 腹腔鏡下鎖肛根治術の実際と今後の展開. 小児外科 38:973-977, 2006
  7. 高橋 翼、岡崎任晴、蕨 謙吾、稲田英一、山高篤行: 小児例における緊急内視鏡の術前準備. 消化器内視鏡 18:1503-1505, 2006
  8. 山高篤行、宮野 剛: 主要疾患 現況・病態・診断・治療 先天性胆道拡張症の外科治療. 医学のあゆみ 別冊 673-677, 2006
  9. 小林弘幸、小林暁子、山高篤行、林田康男、宮野 武: Intestinal neuronal dysplasia 腸管神経内分泌細胞の異常. 小児外科 38:677-681, 2006
  10. 高橋 翼、小林弘幸、山高篤行: 胆道閉鎖症手術. 外科 68:1586-1590, 2006
  11. 大下正晃、岡崎任晴、山高篤行: 虫垂切除術(腹腔鏡). 小児外科 38:1450-1454, 2006
  12. 山高篤行、宮野 剛: 消化器疾患 Hirschsprung病. 小児内科 38増刊:396-397, 2006

2005年

  1. 奥田純一、林 豊、関川敬義、山高篤行: 疾病の成り立ち 腸重積. 看護学生 51:2-4, 2005
  2. 矢内俊裕、山高篤行: 小児泌尿器科手術の麻酔 小児泌尿器の病態生理、 手術のポイント. LiSA. 12:838-843, 2005
  3. 世川 修、 亀岡信悟、山高篤行、宮野 武: 腹腔鏡下粘膜外幽門筋切開術. 日本内視鏡外科学会雑誌 10:272-277, 2005

2004年

  1. 奥田純一、林 豊、関川敬義、山高篤行: 腸重積の診断・治療. 看護学生 51:37-39, 2004
  2. 山高篤行、小笠原有紀、矢内俊裕、岡崎任晴、小林弘幸、宮野 武: 胆道閉鎖症の胆汁流出路形成における前方視的研究:逆流防止弁の胆管炎防止効果について. 小児外科 36:934-938, 2004
  3. 林 豊、山高篤行、矢内俊裕、加藤善史、小林弘幸、宮野 武: 二分脊椎症における膀胱拡大術の効果に関する検討 長期的な観察も含めて. 小児外科 36:1131-1134, 2004

2003年

  1. 小林弘幸、山高篤行、宮野 武: 【術中臓器・組織損傷に対する処置と予防】 術中脾臓損傷. 小児外科 35:448-451, 2003
  2. 浦尾正彦、山高篤行、宮野 武: 小児水腎症の外科治療 - Anderson-Hynes法. 小児外科 35: 1082-1085, 2003
  3. 古賀寛之、山高篤行、吉田竜二、宮野 武: 【小児外科、小児泌尿器疾患の治療に結びつける画像診断 私はこうしている】 鎖肛 腹腔鏡補助下結腸プルスルーにおける術中内視鏡超音波の有用性. 日本小児放射線学会雑誌 19:6-11, 2003
  4. 金子一成、山城雄一郎、山高篤行、宮野 武: 【小児外科、小児泌尿器疾患の治療に結びつける画像診断 私はこうしている】 画像診断に基づいた小児泌尿器疾患における手術適応の決定. 日本小児放射線学会雑誌 19:23-29, 2003
  5. 矢内俊裕、小林弘幸、山高篤行、宮野 武: 【最新の周産期画像診断】 緊急手術を必要とする新生児疾患の画像診断. 画像診断 23:1471-1481, 2003

2002年

  1. 山高篤行: 小児の内視鏡下手術. 母子保健情報 44:8-10, 2002
  2. 山高篤行: 胆道拡張症. 母子保健情報 44:35-38, 2002
  3. 山高篤行: 膀胱尿管逆流症. 母子保健情報44:45-48, 2002
  4. 山高篤行: 尿道下裂. 母子保健情報 44:51-52, 2002
  5. 吉田竜二、世川 修、山高篤行、宮野 武: 鏡視下手術の評価・適応疾患と今後の課題. 小児看護 25:705-709, 2002
  6. 小林弘幸、塚本加奈子、岡田安弘、山高篤行、宮野 武: 胆道閉鎖症の病型分類の意義と分類による治療戦略. 小児外科 34:1157-1162, 2002
  7. 宮野 武、吉田竜二、山高篤行、世川 修: 結腸・直腸・肛門の手術 腹腔鏡下鎖肛根治術. 外科治療 86:811-814, 2002

2001年

  1. 山高篤行、大城清彦、 宮野 武: 新生児の外科的な疾患の早期発見 隠れた異常をみつけて. ペリネイタルケア 20:397-402, 2001
  2. 山高篤行、吉田竜二、世川 修、宮野 武: 鎖肛に対する鏡視下手術. 小児外科 33:873-877, 2001
  3. 世川 修、亀岡信悟、山高篤行、宮野 武: 腹腔鏡下Interval appendectomy. 小児外科33:520-524, 2001
  4. 吉田竜二、世川 修、山高篤行、宮野 武: 小児腹腔鏡下手術の適応と限界. 小児看護 24:765-769, 2001

2000年

  1. 小林弘幸、山高篤行、横田広夫、渡辺 晃、宮野 武: 慢性便秘の一因としてのintestinal neuronaldysplasia (IND) . 小児外科 32:315-317, 2000
  2. 山高篤行: 日常みられる小児外科疾患:鼠径ヘルニア・陰嚢水腫・臍ヘルニア. 日本医師会雑誌 124:645-646, 2000
  3. 山高篤行: 日常みられる小児外科疾患:先天性肥厚性幽門狭窄症. 日本医師会雑誌124:647, 2000
  4. 山高篤行: 日常よく見られる疾患:鼠径ヘルニア、陰嚢水腫、臍ヘルニア. 新生児誌 36:565-569, 2000
  5. 加藤善史、宮野 武、山高篤行、河野澄男、鳥羽山滋生: 膵胆管合流異常に対する手術 胆と膵 21:785-789, 2000
  6. 矢内俊裕、山高篤行、宮野 武: 高位空腸閉鎖症の長期予後. 小児外科 32:1156-1162., 2000
  7. 矢内俊裕、山高篤行、宮野 武: 先天性食道閉鎖症のlong gap症例と結腸による食道再建術. 小児外科 32:967-973, 2000
  8. 細田弥太郎、山高篤行、宮野 武: 小児外科から 出生前診断された先天性泌尿器系疾患の対応と予後. 産科と婦人科 67:1047-1051, 2000
  9. 矢内俊裕、山高篤行、宮野 武: 新生児外科疾患の診断と治療 膀胱外反と総排泄腔外反. 周産期医学 30:1043-1048, 2000
  10. 細田弥太郎、山高篤行、宮野 武: 新生児外科患者搬送のタイミング. 臨床婦人科産科 54:228-231, 2000
  11. 比企さおり、堀越健太郎、小林弘幸、山高篤行、宮野 武、桑鶴良平、片山 仁: 胆道閉鎖症術後門脈圧亢進症の2D MR angiography. 小児外科 32:59-63, 2000

1999年

  1. 大城清彦、山高篤行、宮野 武: 先天性胆道拡張症に対するMRCP. 日小放誌 15:150-154, 1999
  2. 矢内俊裕、山高篤行: 周術期の代謝・栄養管理. Expert Nurse 15:178-184, 1999
  3. 鈴木不二彦、須田耕一、山高篤行、宮野 武: IV-A型先天性胆道拡張症の病理 小児例. 肝と膵 20:543-548, 1999
  4. 宮野 武、矢内俊裕、山高篤行: ヒルシュスプルング病に対する経肛門的結腸プルスルー術 非開腹・非腹腔鏡補助下手術. 小児外科 31:788-792, 1999
  5. 山高篤行、山高民樹、宮野 武、野沢眞澄: 実際の移植手技 ラット異所性小腸移植(その2). 細胞工学 別冊 140-145, 1999
  6. 山高篤行、山高民樹、宮野 武、野沢眞澄: 実際の移植手技 ラット異所性肝移植. 細胞工学 別冊 140-145, 1999

1998年

  1. 山高篤行、山高民樹、宮野 武: 拡張胆管切除後の胆道再建術の問題点:膵管内protein plug. 小児外科 30:414-418, 1998
  2. 加藤善史、大城清彦、山高篤行: ケアに役立つ病態生理:ヒルシュスプルング病. 小児看護 21:1146-1148、 1998
  3. 加藤善史、山高篤行、岩下公江、河野澄男、鳥羽山滋生、宮野 武: 先天性胆道拡張症手術における合併症とその対策. 小児外科 30:1059-1062, 1998
  4. 岡崎任晴、山高篤行、岩下公江、宮野 武: 膵管癒合不全に伴う膵炎:副膵管空腸吻合術. 小児外科 30:1188-1191, 1998
  5. 山高篤行、宮野 武: 外精筋膜を用いた尿道下裂術後瘻孔閉鎖術. 小児外科 30: 1328-1330, 1998

1997年

  1. 宮野 武、山高篤行: 先天性胆道拡張症の手術(開腹). 手術 51:1105-1112, 1997
  2. 宮野 武、山高篤行、安藤邦沢: 小児外科のキャリーオーバー診療 先天性胆道拡張症 小児及び成人例の検討. 小児外科 29:722-726, 1997

1996年

  1. 山高篤行、藤原利男、砂川正勝、宮野 武: Hypoganglionosis腸管における蠕動ペースーメーカー(C-KIT陽性)細胞の分布に関する検討. 小児外科28:1058-1061, 1996

1995年

  1. 山高篤行、 宮野 武、 世川 修、 加藤善史、 藤原利男: 先天性胆道拡張症の遠隔期成績と手術術式の検討. 小児外科 27:253-259, 1995
  2. 矢内俊裕、山高篤行: Hirschsprung病モデルラット腸管におけるシナプスの生化学的定量解析 医学のあゆみ. 173:1020-1021, 1995

1994年

  1. 矢内俊裕、山高篤行、宮野 武: 高位、中間位鎖肛根治術に伴う泌尿生殖器系合併症. 小児外科 26:1227-1234, 1994

1993年

  1. 山高篤行、宮野 武: 肝移植の対象疾患と適応: 小児外科の立場から. 小児外科25: 259-23, 1993

1990年

  1. 宮野 武、大谷俊樹、木村紘一郎、下村 洋、山高篤行、福永 研: 胆道閉鎖症の治療の現状と問題点. 小児外科 22:323-326, 1990
  2. 宮野 武、山高民樹、浦尾正彦、福永 研、山高篤行、小林弘幸、野口 肇: 小腸移植の現状と問題点. 小児科診療 53:2693-2698, 1990

1989年

  1. 小川富雄、宮野 武、山高篤行、野沢真澄、駿河敬次郎: 小児外科領域におけるマイクロサージャリーの特徴と問題点. 日本外科系連合会会誌 20:31-33, 1989

1988年

  1. 山高篤行、宮野 武、神山洋一郎: 輸血についての質疑応答. OPENURSING 3:96-100, 1988

邦文著書

2012年

  1. 山高篤行: 小児のイレウス(腸重積、腸回転異常症・中腸軸捻転症を含む)、今日の小児治療指針 2012版 私はこう治療している, 山口 徹、北原光夫、福井次矢総編集, 医学書院, 東京, 1159, 2012
  2. 山高篤行: 最新外科治療(呼吸器疾患、胸部疾患)、今日の小児治療指針(第15版), 大関武彦、古川 漸、横田俊一郎、水口 雅編者, 医学書院, 東京, 402-403, 2012

2011年

  1. 山高篤行: 胆道拡張症に対する最善の手術時期と手術方法は?、EBM 小児疾患の治療 2011-2012 (第1版), 五十嵐 隆監修, 石井正浩、清水俊明、滝田順子、平岩幹男、水口 雅、 横田俊平、横谷 進、渡辺とよ子編集, 中外医学社, 東京, 200-204, 2011
  2. 山高篤行: 神経因性膀胱、イヤーノート・アトラス 第4版, 医療情報科学研究所編集, 市川和雄編者代表, メディックメディア, 東京, E22, 2011.
  3. 和田桃子、山高篤行: 片腎、50の典型例で学ぶ小児の腎泌尿器疾患, 金子一成編集, 診断と治療社, 240-243, 2011
  4. 李 慶徳、山高篤行: 膣奇形に対する手術 総排泄腔、OGS NOW No.7 子宮奇形・膣欠損・外陰異常・性別適合の手術 病態理解と術式まるごとマスター, 竹田 省担当編集, メジカルビュー社, 東京, 104-107, 2011

2010年

  1. 山高篤行、韮澤融司: 小児外科、標準外科:北島政樹監修、加藤治文、畠山勝義、北野正剛編集, 医学書院, 東京, 669-695, 2010
  2. 山高篤行、 小笠原有紀: 乳児・小児の直腸・肛門疾患、今日の消化器疾患治療指針(第3版),幕内雅敏、菅野健太郎、工藤正俊編集, 医学書院, 東京, 536-537, 2010
  3. 宮野 剛、 山高篤行: Hirschsprung病 / Hirschsprung病類縁疾患、小児科臨床ピクシス 16 新生児医療、五十嵐 隆, 渡辺とよ子編, 中山書店, 東京, 000-000, 2010
  4. 小笠原有紀、岡崎任晴、山高篤行: 小児外科疾患、小児科臨床ピクシス16 新生児医療, 五十嵐 隆, 渡辺とよ子編, 中山書店, 東京, 252-2261, 2010

2009年

  1. 小笠原有紀、 山高篤行: Hirschsprung病、小児疾患診療のための病態生理(第4版), 「小児内科」「小児外科」編集委員会共編, 549-552, 2009

2008年

  1. 日本内視鏡外科学会編: 内視鏡外科診療ガイドライン2008年版 金原出版 2008

2007年

  1. 小林弘幸、小林暁子 山高篤行: 小児における便秘への対応、便秘の薬物療法(第1版), 編集 日比紀文、吉岡政洋編集, 協和企画, 東京, 108-116, 2007

2006年

  1. 山高篤行: Meckel憩室、重複腸管、今日の小児治療指針(第14版), 大関武彦、古川 漸、横田俊一郎編者、医学書院, 東京, 343-344, 2006
  2. 山高篤行: 正中頚嚢胞、側頚嚢胞・瘻、梨状窩嚢胞・瘻、新臨床外科学(第3版), 武藤徹一郎、幕内雅敏監修, 医学書院, 東京, 1182-1184, 2006
  3. 山高篤行、宮野 剛: Hirschsprung病、小児疾患の診断治療基準(第3版)、小児内科増刊号, 五十嵐隆編者, 小児内科, 396-397, 2006

2004年

  1. 山高篤行、下高原昭廣: 神経疾患、小児外科看護の知識と実際(第1版), 青山興司編者, メディカ出版, 東京, 213-223, 2004

2003年

  1. 山高篤行: 新生児消化管穿孔、新生児特発性胃破裂:今日の小児治療指針(第13版), 大関武彦、古川 漸、横田俊一郎編者、 医学書院, 東京, 302,2003

2000年

  1. 山高篤行: 先天性胆道拡張症、今日の小児治療指針(第12版)、矢田純一、柳澤正義、山口規容子、大関武彦編者, 医学書院, 東京, 315, 2000

1999年

  1. 山高篤行、山高民樹、宮野 武、野澤真澄: ラット小腸移植、臓器移植実験マニュアル、:野澤真澄監修, 秀潤社, 東京, 140-145, 1999
  2. 野澤真澄、山高篤行、阿曽沼克弘、國土典宏、Sun Lee: ラット異所性肝移植、臓器移植実験マニアル, :野澤真澄監修、秀潤社, 東京, 99-103, 1999

1997年

  1. 山高篤行、野澤真澄、宮野 武: 第3章 臨床医学 移植手技(小腸):  コーディネーターのための臓器移植概説: 若杉長英、白倉良太、高原史郎、芦刈淳太朗, 539-542, 1997
  2. 宮野 武、山高篤行、安藤邦澤、榊原 宣、二川俊二、河野澄男、鳥羽山滋生: 治療:再建術式、 膵・胆管合流異常 -そのConsensusとControversy -, 古味信彦監修, 医学図書出版, 東京, 326-329, 1997
  3. 宮野 武、山高篤行、安藤邦澤、榊原 宣、二川俊二、河野澄男、鳥羽山滋生: 術後合併症および長期予後、膵・胆管合流異常 -そのConsensusとControversy -, 古味信彦監修, 医学図書出版, 東京, 359-363, 1997
  4. 宮野 武、安藤邦澤、山高篤行、須田耕一: 幼犬を用いた膵・胆管合流異常実験モデルによる肝・胆道系の病理組織学的検討、膵・胆管合流異常 -そのConsensusとControversy-, 古味信彦監修, 医学図書出版, 東京, 386-390, 1997
  5. 宮野 武、安藤邦澤、山高篤行、河野澄男: 治療: 総胆管拡張の明かでない小児合流異常症例に対する治療、膵・胆管合流異常 -そのConsensusとControversy-, 古味信彦監修, 医学図書出版, 東京, 316-320, 1997
  6. 山高篤行: ラット小腸移植手技、日本移植学会教育委員会プログラム教育セミナー、臓器移植手術の実際II: 基礎と臨床:How to do it, 日本移植学会教育委員会(委員長:尾本良三)監修, 539-542, 1997

1996年

  1. 山高篤行: 分子生物学の面からみたHirschsprung病および類縁疾患の病態生理、新外科学体系 追補4 小児外科・形成外科, 監修:幕内雅敏監修, 中山書店, 東京, 47-56, 1996

1995年

  1. 世川 修、宮野 武、山高篤行、藤本隆夫、大谷俊樹: 総肝管に相対的狭窄を認めた先天性胆道拡張症2例の治療経験:特に、術中内視鏡の有用性について.小児外科症例集:診断、治療困難例を中心に, 戸谷拓二、渡辺 宏編集, 香川医科大学小児外科, 高松, 57-59, 1995

邦文報告・その他

2012年

  1. 中村弘樹、高橋俊明、山高篤行: 日経メディクイズ 小児:2ヵ月、男児。臍部からの滲出液と排膿. 日経メディカル 10月号(539): 77-78, 2012

2011年

  1. 山高篤行: A good surgeon has an eagle’s eye, a lion’s heart, and a lady’s hand. 「この子が自分の子どもなら・・・」の思いで、子どもを手術できちんと治す、人材育成にも尽力. Fetal & neonatal medicine 3:16-21, 2011
  2. 山高篤行: 治療法が変わってきている身近な疾患 -最新治療クローズアップ- 企画・とびらの言葉

2010年

  1. 山高篤行、下高原昭廣: 尿道下裂の発生に関与する環境因子. 順天堂大学ハイテク・リサーチ・センター 平成21年度環境医学研究所紀要, 2010
  2. 山高篤行、下高原昭廣、草深純一: 尿道下裂発生の様々な要因(環境因子など)についての検討. 順天堂大学ハイテク・リサーチ・センター 平成22年度環境医学研究所紀要, 2010

2009年

  1. 高木正稔、青木由貴、磯田健志、佐藤隆介、満生紀子、前田佳真、長澤正之、森尾友宏、李 慶徳、山高篤行、黒田達夫、森川信行、水谷修紀: 化学療法抵抗性を示したWilms腫瘍、Favorable histology、ステージIVの1例. 「小児がん」 46:387-392, 2009

2008年

  1. 山高篤行、宮野 剛: Dermabond (Db)を用いた低侵襲性鼠径ヘルニア根治術・全く新しく、安全で簡便な方法(小児の鼠径ヘルニアに対する新しい術式の考案と、その効果および安全性の評価). 内視鏡医学研究振興財団Vol4. 25周年記念業績集 109, 2008

2007年

  1. 堀米史子、石 龍徳、小林弘幸、尾崎 毅、岡崎任晴、山高篤行: 全結腸無神経節ラットにおける有神経領域腸管の未熟性の検討. 順天堂医学 53:312, 2007
  2. 草深純一、小林弘幸、岡崎任晴、宮原 克、Lane GJ、 山高篤行: Hirschsprung病におけるアセチルコリンレセプター異常発現の意義. 順天堂医学 53:312, 2007

2006年

  1. 李 慶徳、加藤善史、小林弘幸、山高篤行、宮野 武、小島裕子、末吉徳芳: 血管吻合を用いない成獣ラット小腸移植モデルにおけるG-CSFまたはbEGFの投与効果についての検討. 順天堂医学 52:299, 2006

2005年

  1. 宮野 剛、鄭 英理、加藤善史、山高篤行、宮野 武、宮原 克、末吉徳芳: 鼠径ヘルニア対する新しい術式の考案 - 腹腔鏡下Dermabond注入法. 順天堂医学 51:222, 2005
  2. 李 慶徳、加藤善史、山高篤行、小林弘幸、宮野 武、小島裕子、末吉徳芳、前田啓子: 血管吻合を用いない成獣ラット小腸移植. 順天堂医学 51:222, 2005

2004年

  1. 山高篤行、王 昆、加藤善史、宮野 武、宮原 克、末吉徳芳: 生体部分膀胱移植を用いた膀胱拡大術およびその長期経過観察. 順天堂医学 50:182, 2004
  2. 宮野 剛、鄭 英理、加藤善史、山高篤行、宮野 武、宮原 克、末吉徳芳: ダーマボンドを用いた鼠径ヘルニアの新しい治療法 - 実験的検討. 順天堂医学 50:183, 2004

2002年

  1. 堀越健太郎、塚本加奈子、小笠原有紀、村上哲朗、岡田安弘、小林弘幸、 山高篤行、宮野 武: 思春期以降の胆道閉鎖症の胆管炎の治療方針. 小児外科34: 966-969, 2002

2001年

  1. 吉田竜二、細田弥太郎、山高篤行、矢内俊裕、宮野 武: 胎児口腔内巨大腫瘍摘除 - 軟口蓋より発生した胎児巨大奇形腫の1救命例. 小児外科 33:233-237, 2001

1998年

  1. 小林弘幸、山高民樹、岩下公江、江崎かおり、田澤英幸、山高篤行、宮野 武、玉谷卓也: ラット胎仔小腸移植における抗接着分子抗体(E-selectin)投与の試み . 移植33: 300, 1998

1993年

  1. 長瀬勝也、山高民樹、山高篤行: 123 I-MIBGが集積した神経芽腫の一例. 映像情報 25: 1231-1234, 1993
  2. 矢内俊裕、山高篤行、浦尾正彦、藤本隆夫、宮野 武、長岡 功、山下辰久、 西江 弘: 先天性ヒルシュスプルング病(H病)ラット無神経節部腸管におけるシナプス分布の生化学的定量. 順天堂医学 39:264, 1993
  3. 加藤善史、藤本隆夫、 山高篤行、宮野 武、横田広夫、白沢光太郎 神山洋一郎: 各種染色法を用いた経肛門的直腸全層生検法による機能的消化管閉塞の鑑別診断法. 茨城県救急医学会雑誌 17:155-156, 1993

1991年

  1. 宮野 武、 福永 研、下村 洋、 山高篤行、矢内俊裕、浦尾正彦、林田康男: 膵癒合不全に伴う膵管狭窄性膵炎に対する膵管空腸側側吻合術(1治験例). 手術 45:1763-1766, 1991
  2. 小林弘幸, 山高民樹, 山高篤行, 野口 肇, 宮野 武, 八木田秀雄, 奥村 康, 野沢真澄:小腸移植 最新医学 46:21-25, 1991

1989年

  1. 福永 研、宮野 武、新井健男、山高篤行、片山 仁: 興味あるfetus in fetuの一例. 日小放誌 5:48-49, 1989
  2. 宮野 武、小林弘幸、山高篤行: 多臓器移植. JAMA<日本語版>9月号: 48-53, 1989

1988年

  1. 山高篤行、宮野 武、木村紘一郎、小川富雄、下村 洋、大谷俊樹、片山 仁: MRIが有用であった症例. 臨小放会誌 4:510-511, 1988

訳著

2006年

  1. 山高篤行、山城雄一郎: 体外式膜型人工肺治療を行った2歳児:PBLに基づく小児科学症例テキスト(Pediatric: A problem based review: First edition by Fredric D, Victor CV, Kathleen G.N, 2001) 総監修:衛藤義勝、エルゼビア・ジャパン, 東京, 162, 2006

1990年

  1. 山高篤行: 小児外科ハンドブック(Patient care in pediatric surgery: First edition by Lucian L. Leap、 Little、 Brown and Company, 1987)、 監訳:宮野 武、藤原利男、メディカル・サイエンス・インタ-ナショナル, 東京, 1990

抄録

2009年

  1. 宮原 克、加藤善史、石龍 徳、荒川 敦、山高篤行: Hirschsprung病の正常神経節部腸管における神経節細胞の未熟性についての検討. 順天堂医学 55:191, 2009
  2. 山城雄一郎、永田 智、山高篤行、岡崎任晴、池嶋健一: 平成20年度文部科学省ハイテクリサーチセンター整備事業 スポートロジーセンター研究員研究報告 小児の成長に伴う脂肪細胞の発達. 順天堂医学 55:357, 2009
  3. 山高篤行、下高原昭廣、草深純一: 平成20年度文部科学省ハイテクリサーチセンター整備事業 スポートロジーセンター研究員研究報告 「運動と腸疾患」 〜運動と便秘症〜. 順天堂医学 55:357-365, 2009

2008年

  1. 草深純一、一城千都絵、金山和裕、岡崎任晴、黒崎喜久、山高篤行: 高位鎖肛術後中期予後:Georgeson法とPena法の比較検討 日小外会誌 44:84, 2008
  2. 草深純一、藤原なほ、金山和裕、山高篤行: ヒルシュスプルング病術後中期予後:腹腔鏡補助下と開腹プルスルー法の比較検討 日小外会誌 44:84, 2008
  3. 下高原昭廣、加藤善史、李慶徳、草深純一、Lane GJ、岡崎任晴、山高篤行: 直腸尿道瘻に対する腹腔鏡補助下結腸プルスルー術:細径ファイバーを用いた術式の工夫 日本内視鏡外科学会雑誌 353、2008年
  4. 下高原昭廣、岡和田 学、岡崎任晴、川崎志保理、天野 篤、山高篤行: 漏斗胸手術時に発見されたaccessory diaphragmの1例 日本内視鏡外科学会雑誌 354,2008
  5. 山高篤行、下高原昭廣、草深純一: 尿道下裂発生の様々な要因(環境因子等)についての検討 順天堂医学 54:387-388, 2008
  6. 林 豊、山高篤行、西村あをい: 二分脊椎症患者に関する、排泄管理の検討およびプライマリーナーシングシステムの確立 順天堂医学 54:527, 2008

企画

2010年

  1. 加藤善史、浦尾正彦、山高篤行: 治療法が変わってきている身近な疾患 - 最新治療クローズアップ. チャイルドヘルス 13, 2010
 
附属病院内の小児外科・小児泌尿生殖器外科:順天堂医院練馬病院浦安病院
Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.