教室紹介、スタッフ紹介、研究、業績等、順天堂大学大学院総合診療科学に関する様々な情報をご案内します。


業績


 

2015年

【英文原著】
  1. Yokokawa H, Fukuda H, Suzuki A, Fujibayashi K, Naito T, Uehara Y, Nakayama A, Matsuo H, Sanada H, Jose PA, Miwa Y, Hisaoka T, Isonuma H: An association between serum uric acid levels/hyperuricemia and hypertension among 85,900 Japanese workers; Risk of hypertension. J Clin Hypertens (Greenwich). 2015. 18:53-59.
  2. Fujibayashi K, Yokokawa H, Gunji T, Sasabe N, Okumura M, Iijima K, Haniu T, Hisaoka T, Fukuda H: Utility of 75-g oral glucose tolerance test results and hemoglobin a1c values for predicting the incidence of diabetes mellitus among middle-aged Japanese men -a large-scale retrospective cohort study performed at a single hospital. Intern Med. 2015;54(7):717-23.
  3. Suzuki A, Uehara Y, Saita M, Inui A, Isonuma H, Naito T: Raltegravir and abacavir/lamivudine in Japanese treatment-naive and treatment-experienced HIV-infected patients: a 48-week retrospective pilot analysis. JJID 69: 33-38, 2015
  4. Murai K, Culleton R, Hisaoka T, Endo H, Mita T: Global distribution of polymorphisms associated with delayed Plasmodium falciparum parasite clearance following artemisinin treatment: genotyping of archive blood samples. Parasitol Int 2015. 64: 267-73. PMID: 25449286
  5. Naito T, Torikai K, Mizooka M, Mitsumoto F, Kanazawa K, Ohno S, Morita H, Ukimura A, Mishima N, Otsuka F, Ohyama Y, Nara N, Murakami K, Mashiba K, Akazawa K, Yamamoto K, Tanei M, Yamanouchi M, Senda S, Tazuma S, Hayashi: J Relationship between causes of fever of unknown origin and inflammation markers: a multicenter collaborative retrospective study. Intern Med, 2015; 54: 1989-1994.
  6. Goto Y, Yokokawa H, Fukuda H, Naito T, Hisaoka T, Isonuma H: Body mass index and waist circumference are independent risk factors for low vital capacity among Japanese participants of a health checkup: a single-institution cross-sectional study. World Academy of Science, Engineering and Technology, 2015; 20: 108-115.
  7. Hung CS, Su HW, Lee YL, Weng HW, Wang YC, Naito T, Tsubouchi A, Wang GC, Fan CK: Seroprevalence, seroconversion, and toxoplasmosis risk factors among pregnant women in Taipei City, Taiwan. Jpn J Infect Dis, 2015; 68: 312-317.
  8. Fu CJ, Kao CY, Lee YL, Liao CW, Chen PC, Chuang TW, Wang YC, Chou CM, Huang YC, Naito T, Fan CK: Seroprevalence and Associated Risk Factors of Toxocariasis among College Students in Taipei City, Taiwan. Iran J Parasitol, 2015; 10: 482-189.
  9. Hirohide Yokokawa, Motoyuki Yuasa, Hironobu Sanada, Teruhiko Hisaoka, Hiroshi Fukuda: Age- and Sex-Specific Impact of Health Literacy on Healthy Lifestyle Characteristics among Japanese Residents in a Rural Community Health, 2015;7(6): DOI: 10.4236/health.2015.76081
  10. Hirohide Yokokawa, Hiroshi Fukuda, Akihito Suzuki, Kazutoshi Fujibayashi, Toshio Naito, Yuki Uehara, Akiyoshi Nakayama,  Hirotaka Matsuo, Hironobu Sanada, Pedro A. Jose, Yuichi Miwa, Teruhiko Hisaoka, Hiroshi Isonuma: Association Between Serum Uric Acid Levels/Hyperuricemia and Hypertension Among 85,286 Japanese Workers The Journal of Clinical Hypertension, 2015; | DOI: 10.1111/jch.12627
  11. Nagako Kudo, Hirohide Yokokawa, Hiroshi Fukuda, Hironobu Sanada, Yuichi Miwa, Teruhiko Hisaoka, Hiroshi Isonuma: Achievement of Target Blood Pressure Levels among Japanese Workers with Hypertension and Healthy Lifestyle Characteristics Associated with Therapeutic Failure   PLOS ONE, 2015; | DOI:10.1371/journal.pone.0133641
  12. Hirai Y, Asahata-Tago S, Ainoda Y, Fujita T, Kikuchi K: Edwardsiella tarda bacteremia. A rare but fatal water- and foodborne infection: Review of the literature and clinical cases from a single centre. Can J Infect Dis Med Microbiol. 2015 Nov-Dec;26(6):313-8. Review.
  13. Hirai Y, Asahata S, Ainoda Y, Fujita T, Miura H, Hizuka N, Kikuchi K: Candidemia Diagnosed from Peripheral Blood Smear: Case Report and Review of Literature 1954-2013. Mycopathologia. 2015 Aug;180(1-2):111-6.
  14. Asahata S, Hirai Y, Ainoda Y, Fujita T, Okada Y, Kikuchi K: Fournier's gangrene caused by Listeria monocytogenes as the primary organism. Can J Infect Dis Med Microbiol. 2015 Jan-Feb;26(1):44-6.
  15. Hikone M, Ainoda Y, Tago S, Fujita T, Hirai Y, Takeuchi K, Totsuka K: Risk factors for recurrent hospital-acquired Clostridium difficile infection in a Japanese university hospital. Clin Exp Gastroenterol. 2015 Jul 14;8:191-6.
  16. Tago S, Hirai Y, Ainoda Y, Fujita T, Kikuchi K: Gram-negative rod bacteremia after cardiovascular surgery: Clinical features and prognostic factors. J Microbiol Immunol Infect. 2015 Aug 4. pii: S1684-1182(15)00814-2.
  17. Tago S, Hirai Y, Ainoda Y, Fujita T, Takamori M, Kikuchi K: Perianal tuberculosis: A case report and review of the literature. World J Clin Cases. 2015;16;3(9):848-52.
  18. Takahashi H, Kutasy B, Pes L, Paradisi F, Puri P: Decidual β-carotene-15,15'-oxygenase-1 and 2 (BCMO1,2) expression is increased in nitrofen model of congenital diaphragmatic hernia. J Pediatr Surg Int. 2015 Jan;31(1):37-43. doi: 10.1007/s00383-014-3621-8. Epub 2014 Oct 26.
  19. Takahashi T, Friedmacher F, Takahashi H, Hofmann AD, Puri P: Kif7 expression is decreased in the diaphragmatic and pulmonary mesenchyme of nitrofen-induced congenital diaphragmatic hernia. J Pediatr Surg. 2015 Jun;50(6):904-7. doi: 10.1016/j.jpedsurg.2015.03.058. Epub 2015 Apr 11.
  【和文原著】
  1. 櫻井貴子、饗庭三代治、高橋美妃、坂本直治、梁広石、津田裕士、礒沼弘: 高齢発熱症例における血液培養に関する臨床的検討 日本老年医学会雑誌、2015;52(4):367-373
  2. 幅雄一郎:  「胃痙攣に六君子湯が著効した1例」 『漢方と診療』2015Vol.6 No.2(2015.7)p.59
  【和文総説】
  1. 小林 茂人: 脊椎関節炎の病態・診断・治療:強直性脊椎炎 分子リウマチ治療2015; 8(4):184-190.
  2. 小林 茂人: コモティブシンドロームのすべて、ロコモティブシンドロームを構成する疾患 関節リウマチとその関連疾患 その他のリウマチ性疾患 日本医師会雑誌2015;144.S214-S216.
  3. 小林 茂人: 内科(リウマチ・膠原病)からみた皮膚血管炎・血管障害の臨床 日本皮膚科学会雑誌2015;125(4):725.
  4. 小林 茂人, 木田 一: 高齢者のリウマチ性疾患-診断や治療における注意点. 巨細胞性動脈炎. リウマチ科 2015;53:39-46.
  5. 小林 茂人, 木田 一成: 反応性関節炎(ReA)(ライター症候群). 脊椎関節炎 全身性自己免疫疾患 日本臨床 別冊 新領域別症候群シリーズ No.34 免疫症候群 第2版 2015;34:694-697.
  6. 多田 久里守, 井上 久, 田村 直人, 小林 茂人, 高崎 芳: 強直性脊椎炎、全身性自己免疫疾患 日本臨床 別冊 新領域別症候群シリーズ No.34 免疫症候群 第2版 2015;34:676-668
  7. 小林 茂人, 木田 一: 高齢者のリウマチ性疾患-診断や治療における注意点】 巨細胞性動脈炎 リウマチ科, 2015, 53巻1号 39-46
  8. 小林 茂人, 木田 一成: 身性自己免疫疾患 脊椎関節炎 反応性関節炎(ReA)(ライター症候群) 日本臨床, 2015, 別冊, 免疫症候群, 694-697
  9. 福田洋: 特別報告・企業レベルのアドボカシー:産業保健活動から,ヘルシーカンパニー・健康経営へのアドボカシー 日本健康教育学会誌, 2015;23(3):237-245
  10. 武藤剛,横山和仁,北村文彦,福田洋: 特集・産業保健職および人事・労務担当者と主治医との連携・嘱託産業医と主治医の連携 保健の科学,2015;57(9):595-602
  11. 平井由児: 血球貪食症候群 Hospitalist 2015;3(4):987-999.
  【和文著書】
  1. 小林茂人. 金澤一郎、永井良三: 今日の診断指針, 強直性脊椎炎 医学書院.東京 2015:1310-1311
  2. 池田勝久、武田憲昭、香取幸夫、原渕保明、丹生健一編: 骨・関節疾患に対する扁桃摘出術の有効性は? EBM 耳鼻咽喉科・頭頸部外科の治療 中外医学社. 東京2015;368-372
  3. 編者 内藤俊夫 著者 櫻井貴子,坂本直治: 知って得する日常診療のプラスα めまい診療のプラスα 研修医通信,2015,10-11
  4. 鈴木清澄,上原由紀,内藤俊夫: 臨床雑誌内科 すべての内科医のためのHIV感染症 長期管理の時代に 南江堂・2015年・116(5)743-746.2015年11月号
  5. 森田芙路子、藤林和俊: 研修医通信2015 中外製薬, 2015; 3
  6. 森田芙路子、上原由紀: 血液腫瘍領域の感染症 診断と治療のABC 最新医学社, 2015; 9
  7. 久岡英彦: ジェブタナによる治療を受けられる方へ 知っておきましょう! 窓口負担の豆知識 サノフィ株式会社・2015年1月;
  8. 小林 茂人, 木田 一成: EBM 耳鼻咽喉科・頭頸部外科の治療 2015-2016, 骨・関節疾患に対する扁桃摘出術の有効性は? 中外医学社、2015年5月、368-372
  9. 内藤俊夫、高橋宏瑞: 研修医通信 2015 中外製薬株式会社・2015年3月1日
  10. 高橋雄一・横川博英: 研修医通信 2015 / 腹痛診療のプラスα 中外製薬・2015年
  【和文症例報告】
  1. 櫻井貴子,高橋美妃,坂本直治,梁広石,饗庭三代治,津田裕士: 高齢女性の不明熱と慢性炎症所見のピットホール〜子宮留膿症〜 江戸川医学会誌32:102-104,2015
  2. 莇也寸志,伊古田明美,伊藤浩一,松本久,沖本久志,清水信明,辻村文宏,福田洋,舟越光彦,宮城調司,三浦次郎,冨永さやか,大澤亮: 特集・日本人糖尿病の大規模臨床・疫学研究・MIN-IREN T2DMU40 ―暮らし、仕事と40歳以下2型糖尿病についての研究― Diabetes Frontier, 2015;26(6):757-760
  3. 福田洋(分担研究者),横川博英(研究協力者),研究代表者 横山和仁ほか: 従業員の受診行動とヘルスリテラシーおよび産業医・産業保健専門職の取り組みの調査と分析 労災疾病臨床研究事業費補助金 主治医と産業医の連携に関する有効な手法の提案に関する研究平成26年度総括・分担研究報告書, 2015:49-56
  【特別講演】
  1. 小林茂人: 日本脊椎関節炎学会-25年の歩み-教育講演 「脊椎関節炎を観る」 日本脊椎関節炎学会・第25回学術集会 2015年9月12日 倉敷アイビースクエア
  2. 福田洋: 第35回健康教育・ヘルスプロモーション研究会・働き盛り世代におけるヘルスリテラシーV 〜ヘルスリテラシーと情報 第88回日本産業衛生学会講演集 産業衛生学雑誌, 57 Suppl: 522, 大阪, 2015年5月15日
  3. 平井由児: 医療機材関連感染 厚生労働省委託事業 平成26年度院内感染対策講習会 有楽町朝日ホール 2015年2月26日
  4. 平井由児: 院内感染対策 銀座医院 職員対象 感染対策講習会 銀座医院 2015年6月25日
  5. 平井由児: 医療機材関連感染 公益社団法人地域医療振興協会 練馬光が丘病院 感染対策講習会 2015年5月19日
  6. 平井由児: 院内感染対策2 銀座医院 職員対象 感染対策講習会 銀座医院 2015年11月26日
  7. 平井由児: 医療機材関連感染 その前に 東京都保健医療公社 多摩北部医療センター 2015年10月2日
  【招待講演】
  1. 乾 啓洋: 原因不明の炎症反応持続高値で当科紹介受診した1例 第337回順天堂医学会学術集会・東京・2015年9月10日
  2. 小林茂人: 内科(リウマチ・膠原病)からみた皮膚血管炎・血管障害の臨床 日本皮膚科学会雑誌 2015;125(4):725.
  3. 小林茂人: 脊椎関節炎 第22回日整会 認定リウマチ医研修会 2015年11月23日 京王プラザホテル 本館5階 コンコードルーム 2015
  4. 小林茂人: 内科(リウマチ・膠原病)からみた皮膚血管炎・血管障害 Derma Dream and Rheuma Dream 教育講演 EL15-4 皮膚科と内科の“夢”のコラボレーション 日本皮膚科学会総会 2015年5月30日 会頭 古川福実先生 パシフィコ横浜
  5. 小林茂人: 脊椎関節炎について 第21回 茨城リウマチ 2015年11月14日 つくば国際会議場 2F 中会議室 2015
  6. 小林茂人: 指定難病対象となる強直性脊椎炎とは? 大阪3A Forum 2015 2015年10月17日 エーザイ大阪コミュニケーションオフィス 梅田スカイビル タワーイースト 33F 
  7. 小林茂人: 強直性脊椎炎の診断と治療 第2回なでしこ リウマチ連携の会 2015年3月18日 ホテル日航金沢 5階 オーキッドルーム
  8. 小林茂人・木田一成: 順天堂越谷病院での生物学的製剤の使用状況とトシリズマブに関する考察 中外製薬株式会社 2015年5月30日(火)
  9. 小林茂人・木田一成: 順天堂越谷病院での生物学的製剤の使用状況とシムジアに関する考察 アステラス製薬株式会社 2015年5月14日(木)
  10. 小林茂人: 血管炎およびANCA関連血管炎における疫学・臨床病態の日・欧米間の相違について 特別セミナー 「ANCA関連血管炎を考える」 10:00-12:50 共催ノバルティス ファーマ 第13回腎病理研究会 2015年1月10-11日 日本医科大学橘桜会館
  11. 小林茂人: 関節炎と関節リウマチについて PsA地域連携会 越谷コミュニティーセンター 4F 桐の間 2015年5月13日(水)19:30-21:00
  12. 小林茂人: SAPHO 症候群と関節リウマチについて 第17回 Dokkyo Brain Storming Forum サンシティ越谷 4F 欅の間 2015年7月15日
  13. 小林茂人: 強直性脊椎炎の正しい診断と治療 第34回 大阪リウマチカンファレンス 2015 4/18(土)14:30〜17:00 北浜フォーラム 大阪市中央区北浜1-18-16(大阪証券取引所ビル3F)
  14. 平井由児: Candida感染症のクロニクル IDATEN 日本感染症教育研究会 招聘講演 会場:大日本住友製薬株式会社東京本社 2015年12月5日
  【海外学会発表】
  1. Hiroshi Fukuda: Life and work of people aged 40 and younger with type 2 diabetes (T2DMU40 study) : A cross-sectional study focused on SES and health literacy 31st International Congress on Occupational Health Program Book:85, COEX Convention Center, Seoul Korea, June 1, 2015
  2. Hiroshi Fukuda: Health literacy in Japanese workplace: Association with lifestyle, NCD's and workplace health promotion 3rd International Conference on Health Literacy and Healthcare Efficiency:31, 成功大學, Tainan Taiwan,  November 9, 2015
  3. Takahashi H, Kutasy B, Friedmacher F, Takahashi T, Puri P: Expression of hepatic lipid droplets is decreased in the nitrofen model of congenital diaphragmatic hernia. 28th International Symposium on Pediatric Surgical Research, Dublin, 2015, Dublin Ireland, 24th-26th September 2015
  4. Hiromizu Takahashi: Japanese Vaccination Strategy Society of General Internal Medicine 2015, Toronto Canada, April 22-25 2015
  5. Yuichi Takahashi: Relationship between the number of outpatients with diarrhea and local norovirus outbreaks Society of General Internal Medicine,38th Annual Meeting, April 22-25,2015 Toronto, ON, Canada
  【国内学会発表】
  1. 高橋美妃、櫻井貴子、坂本直治、梁広石、饗庭三代治、津田裕士、塩路直子: 身体疾患を合併する認知症高齢者に関する臨床的検討 第56回日本老年医学会学術集会・博多・2015年6月9日
  2. 藤林和俊,横川博英,福田洋: ドック男性受診者における内臓/肝臓脂肪蓄積による代謝障害進展の観察 第58回日本糖尿病学会年次学術集会・岡山・2015-5/21-/24
  3. 藤林和俊, 林道夫: 電子診療録情報によるビッグデータコホート:13年間のHbA1c/グリコアルブミンと処方薬の推移 第15回日本糖尿病情報学会年次学術集会・東京・2015-8/29-30
  4. 甘利悠, 内藤俊夫, 高橋雄一, 高橋宏瑞, 加野美希, 森田芙路子, 乾啓洋, 上原由紀, 礒沼弘: 単回の胸腔ドレナージのみで追加治療を要さなかったMycobacterium aviumによる大量随伴性胸水の1例 第89回日本感染症学会学術講演会・京都・2015年4月16日
  5. 杉田有里那、甘利悠、高橋雄一、大池美希、森田芙路子、乾啓洋、内藤俊夫: 左下葉肺炎を契機に筋強直性ジストロフィーの診断に至った47歳男性 第10回日本病院総合診療医学会学術総会・福岡・2015年2月27日
  6. 森田芙路子、松田直人、高橋雄一、福井早矢人、鈴木彰人、高橋宏瑞、種井実佳、加野美希、志賀教克、乾啓洋、上原由紀、藤林和俊、横川博英、内藤俊夫: 成人を対象とした感染性胃腸炎に対する五苓散とプロバイオティクスの効果に関するランダム化比較試験 第9回日本病院総合診療医学会学術総会・奈良・2015年9月4日
  7. 立山 香織, 岸部 幹, 森田 由香, 吉田 尚弘, 國本 泰臣, 松井 隆道, 坂口 博史, 岡田 昌浩, 渡辺 毅, 稲垣 彰, 小林 茂人, 飯野 ゆき子, 村上 信五, 高橋 晴雄, 東野 哲也, 原渕 保明: 発症型別にみたANCA関連血管炎性中耳炎の臨床的特徴と経過 日本耳科学会ANCA関連血管炎性中耳炎全国調査ワーキンググループ.  Otology Japan 2015;25(4):565
  8. 多田 久里守, 林 絵利, 小笠原 倫大, 山路 健, 田村 直人, 小林 茂人, 井上 久, 高崎 芳成: その他の膠原病 TNF阻害薬の変更を行った強直性脊椎炎患者4例の解析. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 59回 2015; 369.
  9. 土屋 尚之 長谷部 成美, 日高 操希, 佐田 憲映, 小林 茂人, 山田 秀裕, 古川 宏, 山縣 邦弘, 住田 孝之, 宮坂 信之, 當間 重人, 尾崎 承一, 松尾 清一, 橋本 博史, 槇野 博史, 有村 義宏, 針谷 正祥, 川崎 綾: ANCA関連血管炎のUpdate 日本人集団におけるANCA関連血管炎の遺伝素因. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 59回 2015:222.
  10. 谷口 義典, 小林 茂人, 公文 義雄, 寺田 典生, 岸本 暢将: 脊椎関節炎のUpdate(診断と治療) 脊椎関節炎の最新治療薬の話題. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 59回2015;189.
  11. 岸本 暢将, 小林 茂人, 谷口 義典, 冨田 哲也, 岡田 正人: 脊椎関節炎のUpdate(診断と治療) 診断・分類基準の進歩と問題点 誤りやすい症状の注意 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 59回2015;188.
  12. 小林茂人、多田久里守、田村直人、井上久: ACR・FDA・SPARTANからのASAS分類基準への提言 日本脊椎関節炎学会・第25回学術集会 2015年9月12日(土)倉敷アイビースクエア
  13. 多田久里守、田村直人、小林茂人、井上久、崎芳成: 当院の強直性脊椎炎47症例におけるHLA-B27保有率と臨床像 日本脊椎関節炎学会・第25回学術集会 2015年9月12日(土)倉敷アイビースクエア 
  14. 小林茂人: Vasculitis Clinical Research Meeting (Pre-ACR meeting) とDCVAS (Diagnostic and Classification in Vasculitis Study) 2015年12月4日、都市センターホテル、厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業:難治性血管炎に関する調査研究)分担研究
  15. 梁広石,坂本直治,高橋美妃,櫻井貴子,饗庭三代治,津田裕士,箕輪健太郎,林絵利: トシリズマブ投与中にニューモシスチス肺炎を発症した関節リウマチの1症例 第33回江戸川医学会、江戸川文化センター、2015年11月15日
  16. 鈴木清澄,林悠太,大塚博雅,桑名司,小豆畑丈夫,橋本賢一,笠巻祐二,矢内充,木下洪作,相馬正義: 壊死性筋膜炎、敗血症性肺塞栓症を合併したLemierre症候群の1例 第612回関東地方会・日内会館4階会議室・2015年2月14日
  17. 矢内充,里村厚司,林悠太,鈴木清澄,相馬正義: 菌血症を併発した尿路感染症における抗菌薬適正使用のための方策とその効果 第89回日本感染症学会総会・国立京都国際会館・2015年4月17日
  18. 林悠太,赤羽目翔悟,鈴木清澄,大塚博雅,橋本賢一,加藤公敏,矢久保修嗣,笠巻祐二,矢内充,相馬正義: 妊娠17週妊婦に発症した侵襲性肺炎球菌感染症の1例 第64回日本感染症学会東日本地方会学術集会・ロイトン札幌・2015年10月22日
  19. 徳永智彦,稲垣喜則,小長井誠,赤羽目翔悟,林悠太,鈴木清澄,大塚博雅,笠巻祐二,矢内充,相馬正義: 当院総合内科救急外来における血清プロカルシトニンの測定状況の検討 第64回日本感染症学会東日本地方会学術集会・ロイトン札幌・2015年10月23日
  20. 森田芙路子、松田直人、高橋雄一、福井早矢人、鈴木彰人、高橋宏瑞、種井実佳、加野美希、志賀教克、乾啓洋、上原由紀、藤林和俊、横川博英、内藤俊夫: 成人を対象とした感染性胃腸炎に対する五苓散とプロバイオティクスの効果に関するランダム化比較試験  第79回日本病院総合診療医学会学術総会,奈良,2015年9月4日
  21. 森田芙路子、上原由紀、松田直人、坂本梨乃、三橋和則、内藤俊夫: 抗菌薬療法のみで改善したPropionibacteriu acnesによる人工弁感染性心内膜炎の一例 第90回日本感染症学会学術講演会,京都,2015年4月17日
  22. 渋谷克彦: 血清フェリチンと肝機能障害との関連について 第56回日本人間ドック学会・横浜・2015年7月30日
  23. 福田洋: 企業従業員のヘルスリテラシーと生活習慣の関連 総合健診;42(1):208, 日本総合健診医学会第43回大会, 富山国際会議場,2015年2月20日
  24. 北島文子,福田洋,藤林和俊,羽二生知美,小林俊幸,永野貴裕,大池美希,横川博英,久岡英彦: 人間ドック受診者におけるヘルスリテラシーと生活習慣の関連 総合健診;42(1):209, 日本総合健診医学会第43回大会, 富山国際会議場,2015年2月20日
  25. 小林俊幸,藤林和俊,横川博英,羽二生知美,大池美希永野貴裕,久岡英彦,福田洋: メタボリックシンドローム構成因子を考慮した頸動脈硬化進展度とシスタチンCとの関連について 総合健診;42(1):141, 日本総合健診医学会第43回大会, 富山国際会議場,  2015年2月20日
  26. 福田洋: 職域におけるヘルスリテラシーと生活習慣の関連:分散事業所を含む中規模事業所 産業衛生学雑誌;57 Suppl:243, 第88回日本産業衛生学会, グランフロント大阪, 2015年5月15日
  27. 坂本侑香,森田理江,諏訪佳世,藤原章子,福田洋: ホワイトカラーの企業従業員におけるヘルスリテラシー(第3報)〜ライフスタイル・生産性との関連 産業衛生学雑誌;57 Suppl:382, 第88回日本産業衛生学会, グランフロント大阪, 2015年5月15日
  28. 志村麻衣子,福田洋,三輪真也,山下眞理子,脇神亜希子,原田健,福わかな,岡田真理子,高谷典秀,高谷純司,高谷雅史: 事後保健指導の有無による生活改善意識変化の評価・検討 産業衛生学雑誌;57 Suppl:437, 第88回日本産業衛生学会, グランフロント大阪, 2015年5月16日
  29. 福田洋: 職域における企業従業員のヘルスリテラシーと生活習慣病との関連:糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満とヘルスリテラシー 日本健康教育学会誌;23 Suppl:103, 第24回日本健康教育学会学術大会, 前橋市中央公民館, 群馬, 2015年7月5日
  30. 福田洋: 企業従業員のヘルスリテラシーと生活習慣及び生活習慣病との関連  人間ドック;30(2):278, 第56回日本人間ドック学会学術大会, パシフィコ横浜, 神奈川, 2015年7月31日
  31. Hiroshi Fukuda: Relation between health literacy and lifestyle, metabolic syndrome among Japanese company workers 人間ドック;30(2):139, 第56回日本人間ドック学会学術大会国際セッション, Kanagawa, June 31, 2015
  32. 宮上泰樹,藤林和俊,渋谷克彦,斎田瑞恵,横川博英,郡司俊秋,佐々部典子,奥村光絵,飯島喜美子,内藤俊夫,福田洋: 従来のメタボリックシンドロームの診断項目に尿酸値を加えた適性腹囲/BMI値カットオフ値の検討 第11回日本病院総合診療医学会学術総会 抄録集:55, 奈良春日野国際フォーラム, 2015年9月4日
  33. 高橋雄一,藤林和俊,渋谷克彦,横川博英,斎田瑞恵,小林俊幸,内藤俊夫,福田洋: 電子カルテビッグデータを用いた慢性疾患患者の癌スクリーニング検査施行率    第11回日本病院総合診療医学会学術総会 抄録集:122, 奈良春日野国際フォーラム, 2015年9月5日
  34. 福田洋: 企業従業員におけるヘルスリテラシーと生活習慣及び3大生活習慣病との関連. 日本公衆衛生雑誌;62(10):259, 第74回日本公衆衛生学会総会, 長崎ブリックホール, 2015年11月4日
  35. 福田洋, 全日本民医連T2DMU40スタディ研究班: 暮らし・仕事と40歳以下2型糖尿病についての研究(T2DMU40 Study):ヘルスプロモーションの視点から 日本ヘルスプロモーション学会第13回学術大会・総会:23, 看護リハビリ新潟保健医療専門学校, 2015年11月28日
  36. 幅 雄一郎(共著): 「腸閉塞を契機に診断し得た上腸間膜動脈症候群の1例」 2015.10.第43回日本救急医学会学術総会
  37. 幅 雄一郎(共著): 「特発性縦隔気腫を呈した1例」 2015.10.第43回日本救急医学会学術総会
  38. 宮前みどり、平井由児: 下痢症状を呈する患者の複数発生を契機としたICT介入方法に関する検討 第30回日本環境感染学会総会、神戸、2015年2月20-21日
  39. 宮上泰樹: 従来 のメタボリックシンドロームの診断項目に尿酸値を加えた適正腹囲/BMI値カットオフ値の検討 第11回日本病院総合診療医学会学術総会:奈良:2015年9月4・5日
  【その他(広報活動を含む)】
  1. 内藤 俊夫、乾 啓洋、高橋 宏瑞、他: 世界が驚いたニッポン!スゴ〜イデスネ!!視察団[日本の病院&薬局2時間半SP] (テレビ朝日) 2015年4月4日 18:30〜20:54
  2. 乾啓洋: ヤンセンファーマ社内勉強会 2015年4月20日
  3. 小林茂人: 疾患の発症に関与する環境因子と遺伝因子 順天堂越谷病院 栄養科スタッフ勉強会 11月5日講義 2015年
  4. 小林茂人: 強直性脊椎炎 希少疾患ライブラリー 2015
  5. 小林茂人: 強直性脊椎炎が国の指定難病に 茶崖184号 2015
  6. 小林茂人: 悪性関節リウマチ(リウマトイド血管炎) 難病指定研修テキスト 難病情報センター 2015
  7. 小林茂人: ANCA関連血管炎 他科のエキスパートに聞く耳鼻咽喉科関連疾患 accENT express「ANCA関連血管炎」2015
  8. 小林茂人 濱野慶朋 猪原登志子 古田俊介 藤元昭一: アメリカリウマチ学会/ 欧州リウマチ学会による血管炎の分類・診断基準の作成(Diagnostic and Classification Criteria for Systemic Vasculitis:DC-VAS)に関する研究(国際研究協力分科会) 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業:難治性血管炎に関する調査研究)分担研究2015年度終了報告書
  9. 藤元昭一 小林茂人 濱野慶朋 猪原登志子 古田俊介 藤元昭一: 厚労省難治性血管炎に関する調査研究班・国際協力分科会報告 2015年7月4日 都市センターホテル
  10. 森田芙路子・鈴木清澄ほか: 順天堂大学総合診療科2015年研修医セミナー研修最前線1〜13(m3.com) 2015年7月9日〜12月22日
  11. 森田芙路子・鈴木清澄ほか: 順天堂大学総合診療科2015年研修医セミナー研修最前線1〜13(m3.com) 2015年5月〜12月 https://www.m3.com/clinical/articles/kenshuusaizensen?pageNum=1&seminarId=5
  12. 久岡英彦: 健康だより 旭海運社内誌「あさひ」・2015年1月号 No.348 p17
  13. 久岡英彦: 健康だより 旭海運社内誌「あさひ」・2015年4月号 No.349 p14
  14. 久岡英彦: 健康だより 小まめに水分補給を 熱中症の予防について 旭海運社内誌「あさひ」・2015年7月号 No.350 p1
  15. 久岡英彦: 健康だより 蕁麻疹について 旭海運社内誌「あさひ」・2015年10月号No.351 p17
  16. TERUHIKO HISAOKA, HIROMIZU TAKAHASHI: Thai Medical Doctors and Nurses Visit Juntendo University Hospital in Courtesy Call Juntendo Medical Journal ・2015.61.(6),564
  17. 木田一成: 骨粗鬆症の予防 平成27年1月1日 「健康」保健ニュース、順天堂健康管理センター、第78号
  18. 木田一成: インフルエンザ感染 2015年1月28日 順天堂越谷病院感染対策委員会講演会
  19. 木田一成: シェーグレン症候群の臨床と治療 2015年2月25日 吉川松伏医師会学術講演会
  20. 木田一成: 関節リウマチに関する治療について 2015年3月10日 参天製薬社内研修会
  21. 木田一成: 感染対策の基本 2015年12月2日 順天堂越谷病院感染対策委員会講演会
  22. 鈴木彰人・海渡翔:  『Problem listの作り方』 Case Presentation 2015年6月15日 順天堂大学医学部本郷キャンパス内発表
  23. 海渡翔: 第18週「NEJMケースレポート」m3.com 順天堂大学医学部総合診療科2015年研修医セミナー
  24. 平井由児・海渡翔: 6.抗菌薬 臨床研修医マニュアル2015(順天堂)
  25. 福田洋監修: ハイ!リスクマネジメント健康講座・糖尿病の治療とは?〜高血圧の治療とは? けんぽだより, 株式会社サンライフ企画, 2015年春・夏・秋・冬号:8-9
  26. 福田洋監修: 健康な職場づくりのヒント〜今こそ!職場の“ヘルスプロモーション”を へるすあっぷ21, 株式会社法研, 2015年6月号;368:8-11
  27. 福田洋: 第3回保健師等連絡協議会研修会・データヘルス「重症化予防」 けんぽれんあいち, 健康保険組合連合会愛知連合会, 2015年11月号;326:6
  28. 福田洋監修: 人間ドック総合ガイド2016・「大丈夫」のつくりか 博報堂健康保険組合, 2015
  29. 福田洋: 予防と臨床のはざまで・129〜ICOH産業保健サービス・調査・評価に関する科学分科会(前編)〜140〜さんぽ会夏季セミナー「SPK48劇場」 公衆衛生, 株式会社医学書院;79(1)〜(12):69,139,212,285,346,428,500,572,644,696,811,886, 2015
  30. 福田洋: セミナー(学術委員会企画)・研究・実践からアドボカシー(政策提言)へ・産業保健活動から、ヘルシーカンパニー・健康経営へのアドボカシー 一般社団法人日本健康教育学会, 東京, 2015年1月25日
  31. 福田洋: 地域保健活動推進研修会・健康・栄養サポートにおけるコミュニケーション〜ヘルスリテラシーの観点から〜 神奈川県鎌倉保健福祉事務所, 神奈川, 2015年2月13日
  32. 福田洋: 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク2015記念講演会・看護師の為の日常臨床から臨床研究へ〜ツールとしての統計・疫学入門〜 泉州糖尿病看護を考えるネットワーク・日本イーライリリー株式会社, 大阪, 2015年3月14日
  33. 福田洋: 第65回健康教室・ヘルスリテラシー向上に繋がる保健事業の計画と評価 健康保険組合連合会東京連合会, 東京, 2015年3月23日
  34. 福田洋: 第18回ヘルスケアcafeオープン・ブレスト・働き盛り世代のヘルスプロモーションとヘルスリテラシー 株式会社新産業文化創出研究所, 東京, 2015年3月27日
  35. 福田洋:  平成27年度看護師研修会・働き盛り世代のメタボ・生活習慣病への効果的な保健指導について 三菱マテリアル株式会社,東京, 2015年8月18日
  36. 福田洋: 産業保健スタッフのための疫学・統計学 株式会社ワコール,京都, 2015年9月3日
  37. 福田洋: 平成27年度健康管理セミナー・働き盛りの生活習慣病を放置しない方が良いワケ〜生活習慣病・喫煙の最新治療と職場でできること 小田急グループ健康保険組合,神奈川, 2015年10月2日
  38. 福田洋: 平成27年度地域・職域連携推進事業関係者会議・働き盛り世代の生活習慣病対策とヘルスプロモーション 〜地域・職域連携を見据えて〜 厚生労働省健康局がん対策・健康増進課保健指導室,東京, 2015年10月16日
  39. 福田洋: 第66回文天ゼミシンポジウム・激論!どうする重症化対策 医療法人社団同友会,東京, 2015年10月27日
  40. 福田洋: 東京都糖尿病予防対策講演会・糖尿病・メタボ予防で考える「健康な職場」の作り方 東京都福祉保健局保健政策部健康推進課,東京, 2015年11月13日
  41. 福田洋: 平成27年度東北大学産業医学研修会・職場における健康づくりとヘルスプロモーション 宮城県医師会・東北大学医師会,宮城, 2015年11月14日
  42. 福田洋: 平成27年度保健師・看護師等研修会(保健指導コース)・特定保健指導に必要な知識〜保健指導からデータヘルスまで 公益社団法人全国労働衛生団体連合会, 大阪, 2015年12月11日
  43. 平井由児: Sanford Guide 2015 部分翻訳 ライフサイエンス出版2015
 
Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.