大学院教育の内容や各研究分野・研究施設、大学院入学試験の概要等、順天堂大学大学院医学研究科に関する様々な情報をご案内します。

閉じる

修士課程(医科学専攻) 理念・目的
カリキュラム・ポリシー

教育課程の編成・実施の方針

本専攻においては、医学分野以外の教育を受けた学生・社会人・外国人などに対し、医科学の基礎的知識を身に付け、更に専門的研究力を身に付けるための教育課程を編成します。
  1. 一般教育科目
    医科学分野の基礎的知識を修得し、のちに専門的研究力を身に付けるために必要となる基礎的な能力を修得するカリキュラムを編成します。
  2. 専門教育科目
    医療関連企業従事者、病院勤務者、大学・研究所勤務者などが、それぞれのキャリア・興味・関心に応じて、自らに不足している高度な専門的知識・技能及び研究を遂行できる能力を修得する授業を展開するとともに、研究者や高度専門職業人に求められる判断力、強い責任感及び高い倫理観を育むカリキュラムを編成します。
  3. 特別研究科目
    研究計画書に基づいて研究を遂行し、厳格な評価の下、研究成果の中間発表、修士論文の審査及び試験を適切に実施します。それらの評価結果の活用を通じて教育方法の改善を図ります。

1.一般教育科目

大学院教育に必要な科目として次の科目を必修科目として集中的に履修する。

【医科学コース】
  • 基礎医科学概論T(生化学・生理学)
  • 基礎医科学概論U(人体機能構造学)
  • 医科学研究方法論T(医学研究デザイン・演習)
  • 医科学研究方法論U(医学研究デザイン・演習)
  • 医学と社会医療T(医療倫理学)
【公衆衛生学コース】
  • 基礎疫学
  • 基礎生物統計学
  • 産業環境保健学概論(環境保健・産業保健)
  • 健康行動科学概論
  • 医療保健福祉法・政策概論

2.専門教育科目

専門性を高めるために、自分自身の学修に必要な科目を幅広く履修できる科目設定とした。

【医科学コース】
  • 医療疫学と統計
  • 臨床医学概論T(内科系分野)
  • 臨床医学概論U(外科系分野)
  • 医学と社会医療U(環境・社会生活と健康)
  • 低侵襲な診断と治療技術概論
  • 感染症の基礎と臨床
  • 生体防御機構の仕組みと破綻
  • 検査医学と病理
  • 脳科学の基礎と臨床
  • リハビリテーション医学
  • がんと遺伝子
  • 免疫の仕組みと疾患
  • 老人性疾患の病態と治療
  • メタボリックシンドロームの基礎と臨床
  • 人体の構造と機能の基本と演習
  • 人体の組織細胞学演習
  • 臨床統計
  • 大学院セミナー(※)
【公衆衛生学コース】
  • 臨床疫学
  • 臨床試験概論
  • 応用生物統計学
  • データ解析演習
  • 医療情報学
  • 臨床遺伝学
  • 公共政策学
  • ヘルスプロモーション
  • グローバルヘルス概論
  • 医療経済・経営学
  • 環境科学
  • 国際保健学
  • 国際感染症学
  • 医療管理・安全学
  • グローバルヘルス演習(海外フィールドワーク)
  • メディカルライティング入門
  • 医療倫理学
  • グローバルヘルスセミナー
  • 医療コミュニケーション
更に本専攻の学生は、本学医学研究科博士課程で開講している英語講義や大学院で単位認定講義として夜間開講している国内外からの招へい研究者による「Current Topics」を「大学院セミナー」として自由に履修することができるよう配慮し、グローバルに活躍できる人材養成を図った。

3.特別研究科目

関心のある分野を探求し、研究成果として修士論文を作成するために特別研究科目に医科学特別研究(研究・論文指導)を配置する。

大学院修了後、医療関連分野に多くの者が従事すると想定されることから、医療従事者からの基礎的、専門的知識に対する要請に十分に応えられる授業科目を一般教育科目、専門教育科目に配置し、医科学に関する十分な知識を背景に特別研究科目を通してプレゼンテーション能力が向上するよう各授業科目を構成し、学生スキルを向上させるように工夫した。
また大学院修了後、医学研究者として立ち位置を見定められるよう特別研究科目では多様な教育研究分野を定め、研究指導担当教員を中心に関連する多種多様な分野の教職員・若手研究者との交流を図ることにより十分な対応ができる内容とした。医学研究科博士課程への進学を目指す学生が、医科学研究者として、医学・医療の基礎知識を修得し、研究者としてスタートを切るための基礎的能力を身に付けられる指導体制を整備した。
また現在、本学は52の海外教育研究機関と協定を締結しており、毎年多くの留学生を受け入れるとともに、本学からも海外研究機関へ数多くの大学院生を送り出している。これらの機関との共同研究等、連携により学術交流が益々活発になることが予測され、グローバルな見方や考え方をトレーニングする環境条件が整備されている。