分野紹介

ウィメンズヘルス看護学分野

ウィメンズヘルス看護学

女性は男性と違ったかたちで人生を経験しますが、従来健康に関するリサーチやヘルスケアの多くは、女性と男性とが全く同じであるかのようにアプローチしてきました。
ウィメンズヘルスとは、女性を対象とした健康問題・健康課題を生物学的・心理社会的・政策的・経済的側面から包括的にみる概念であり、ジェンダーの視点が大変重要です。

ウィメンズヘルス看護学では、性や生殖の健康はもとより、病気の治療や予防にとどまらず、女性が健康において最良なウエルネスのレベルに達する可能性を高めることを目指します。博士前期課程では、これまでの研究コースとともに平成29 年度より母性看護専門看護師養成(サブスペシャルティは女性の生涯の健康)がスタートしました。

博士後期課程では、豪州での海外研修などにより最新のWomen’s Health Nursing Researchを探求していきます。

担当教員

氏名 区分 博士前期課程 博士後期課程 E-Mail
浦安キャンパス
髙橋 眞理
たかはし まり
教授 特別研究指導 研究指導 ma-takah@
増田 美恵子
ますだ みえこ
准教授 講義担当 m-masuda@
青柳 優子
あおやぎ ゆうこ
准教授 講義担当 yaoyagi@
大田 康江
おおた やすえ
准教授 講義担当 yohta@
三島キャンパス
古川 亮子
ふるかわ りょうこ
准教授 講義担当 r-furukawa@

※E-Mailの@以降は「@juntendo.ac.jp」を加えてください。

担当科目

博士前期課程(修士課程)

  • ウィメンズヘルス看護学特論Ⅰ
    (ウィメンズヘルス概論)
  • ウィメンズヘルス看護学特論Ⅱ
    (周産期ケア概論)
  • ウィメンズヘルス看護学特論Ⅲ
    (ウィメンズヘルスケア概論)
  • ウィメンズヘルス看護学特論Ⅳ
    (女性のヘルスプロモーション)
  • ウィメンズヘルス看護学特論Ⅴ
    (ウィメンズヘルスケアシステム論)
  • ウィメンズヘルス看護学実習Ⅰ
    (CNS役割実習)
  • ウィメンズヘルス看護学実習Ⅱ
    (女性の健康問題支援実習)
  • ウィメンズヘルス看護学実習Ⅲ
    (統合実習)
  • 演習
  • 特別研究
  • 演習(ウィメンズヘルス看護CNS)
  • 課題研究(ウィメンズヘルス看護CNS)

博士後期課程

  • ウィメンズヘルス看護支援開発特論
  • 看護学演習
  • 看護学特別研究

pagetop

大学院の研究論文テーマ一覧

修了年度 論文テーマ
博士論文
平成28年度 はじめて親となる夫婦への産後のメンタルヘルスの促進に向けたペアレンティングプログラムの開発とその効果
平成28年度 「産褥早期母児愛着形成支援」のための看護職トレーニングプログラムの介入効果
修士論文
平成28年度 思春期・若年成人(AYA世代)に初めてがんに罹患した女性の妊孕性温存療法に関する意思決定プロセス