分野紹介

感染看護学分野

感染制御看護学

「感染症に対抗し、制御する」ための科学的根拠に基づいた看護実践法について、学問領域を超えて多面的・総合的に探求するとともに、安全で質の高い医療の提供に繋がる感染予防・感染制御の方略を探求しています。そのために、感染免疫の仕組みを明らかにしようとしています。また、感染制御の視点から医療関連感染における看護ケア実践の問題を追求し、エビデンスに基づいたよりよい実践方法を探求しています。一方で、地域・社会の感染症問題について考究し、感染免疫・感染制御の学識を基盤に看護実践法を論究しています。

当分野では、「感染症専門看護師」を目指したCNSコースとして課題研究を開講しています。本コースにおいて、易感染患者や感染症を抱える人々の複雑で解決困難な課題に対する看護実践を行うことで、感染予防・感染症の拡大防止の視点から、環境調整、身体的・心理的・家族的・社会的な問題、隔離を必要とする治療環境整備に関する問題などの解決法についての研究を臨床実践の場で行います。そして、病院施設内外を問わず、あらゆる状況において、感染症の発症予防・制御等の明確な戦略を立案し、実践指導ができる様になるための研究能力の獲得を目指します。

論文における研究方法は研究課題に応じて質的または量的研究を選択していますが、修士課程の学生の多くは量的研究を行っています。

担当教員

氏名 区分 博士前期課程 博士後期課程 E-Mail
浦安キャンパス
工藤 綾子
くどう あやこ
医療看護学部長
教授
特別研究指導
課題研究指導(CNS)
研究指導 akudou@
岩渕 和久
いわぶち かずひさ
教授 特別研究指導 研究指導 iwabuchi@
池田 恵
いけだ めぐみ
先任准教授 講義担当 meg-i@
川上 和美
かわかみ かずみ
准教授 講義担当 kzkawaka@
横山 久美
よこやま くみ
講師 講義担当 kmyokoya@

※E-Mailの@以降は「@juntendo.ac.jp」を加えてください。

担当科目

博士前期課程(修士課程)

  • 感染看護学特論Ⅰ(感染症制御論)
  • 感染看護学特論Ⅱ(感染予防・マネジメント論)
  • 感染看護学特論Ⅲ(感染症診断・病態論)
  • 感染看護学特論Ⅳ(感染症看護支援論)
  • 感染看護学特論Ⅴ(感染症制御システム論)
  • 感染看護学実習Ⅰ(感染看護高度実践/感染対策室実習)
  • 感染看護学実習Ⅱ(感染症診断実習)
  • 感染看護学実習Ⅲ(地域感染予防実習)
  • 演習
  • 演習(感染看護CNS)
  • 特別研究
  • 課題研究(感染看護CNS)

博士後期課程

  • 感染制御看護学特論
  • 看護学演習
  • 看護学特別研究

pagetop

大学院の研究論文テーマ一覧

修了年度 論文テーマ
平成29年度 災害経験のない人々の日常生活における災害時の感染対策準備状況
平成29年度 高齢者介護施設におけるノロウィルス胃腸炎に対する全職員が実施可能かつ有効な感染制御法の検討
平成29年度 精神科病棟における感染性胃腸炎に対する感染制御の実態調査
平成29年度 感染管理認定看護師が所属する施設のリハビリテーション室における理学療法士の感染予防意識と行動
平成28年度 病棟看護師のサージカルマスク着用の理由と行動要因との関連
平成27年度 内視鏡下後方経路腰椎椎体間固定術における手術部位感染の発生率とリスク要因の検討
平成26年度 初産婦と経産婦の予防接種に対する認識(課題研究)
平成26年度 感染症看護専門看護師としての倫理調整における現状と課題(課題研究)
平成25年度 MRSAサーベイランスの実践とフィードバックにおける感染管理担当看護師の役割と困難さに関する実態調査
平成23年度 保育所における感染対策の現状と看護職者の役割
平成23年度 蓄尿および尿量測定日数減少がグラム陰性桿菌検出数減少にもたらす効果
(課題研究)
平成23年度 抗がん剤治療を受ける患者の口腔ケアについての看護師の考えと実践行動
平成22年度 麻疹ワクチン接種率向上のための看護職者としての取り組み
平成20年度 アルコールベース速乾性擦り込み式手指消毒剤の使用による菌交代についての検討