分野紹介

研究科長・教授  植木 純 (うえき じゅん)

プロフィール

植木 純

大学院

専門分野 内科学
呼吸器内科学
呼吸管理
リハビリテーション医学
画像診断学
研究キーワード COPD
呼吸リハビリテーション
セルフマネジメント教育
呼吸ケア
在宅酸素療法
胸部画像診断
授業科目区分 専門科目
博士前期課程
担当科目
ヘルスアセスメント特論
機能病態学特論
演習
特別研究
博士後期課程
担当科目
臨床病態看護支援特論
看護学演習
看護学特別研究

学部(医療看護学部)

所属 専門基礎(内科学)
授業科目 臨床医学Ⅰ
臨床医学Ⅱ
現代の医療と看護
異文化の医療と看護(海外研修)
臨床検査学

学位

博士(医学)  1992年

pagetop

研究テーマ

  • アプリケーションソフトウェアの開発と呼吸器診療への導入
  • 新しい呼吸リハビリテーション手法の開発と効果の検証
  • 日本の呼吸ケアの現状評価(白書の作成等)
  • 呼吸器診療の標準化(マニュアル、ガイドラインの編集等)

pagetop

最近の活動と研究

▶外来診療

  1. 順天堂大学医学部附属順天堂医院呼吸器内科外来(月曜午後)
    COPD専門外来
  2. 順天堂大学医学部附属浦安病院呼吸器内科外来(火曜午後)
  3. 社会医療法人社団順江会江東病院呼吸器内科外来(金曜午後)
    呼吸リハビリテーション専門外来呼吸リハビリテーション専門外来

▶主な学会・研究会等活動

  1. 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会、平成27年度会長
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会第25回学術集会第25回学術集会長会長
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会理事
  2. 日本呼吸器学会代議員
    日本呼吸器学会関東支部会「呼吸の日」平成28年度会長
  3. GOLD(Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease)Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease日本委員会理事、事務局
  4. COPDエデュケーターフォーラムジャパン(CEF-J)COPDエデュケーターフォーラムジャパン(CEF-J)代表世話人

▶英文原著
 (主な7論文:筆頭・第2著者の論文)

  1. Yoshimi K, Ueki J, Seyama K, et al. Pulmonary rehabilitation program including respiratory conditioning for chronic obstructive pulmonary disease (COPD): Improved hyperinflation and expiratory flow during tidal breathing. J Thorac Dis. 2012; 4 :259-64
  2. De Bruin PF, Ueki J, Pride NB, et al: Inspiratory reserve volume in boys with Duchenne muscular dystrophy. Pediatr Pulmonol 2001; 31: 451-457
  3. Obata K, Ueki J, Dambara T, et al: Repeated ultrasonically guided needle biopsy of small subpleural nodules. Chest; 116, 1999: 1320-1324
  4. De Bruin PF, Ueki J, Bush A, Kahn Y, Watson A, Pride NB: Diaphragm thickness and inspiratory strength in patients with Duchenne muscular dystrophy. Thorax 1997; 52: 472-475
  5. Ueki J, Bruin PFD, Pride NB: The in vivo assessment of diaphragm contraction by ultrasound in normal subjects. Thorax 1995; 50: 1157-1161
  6. Ueki J, Hughes  JMB, Peters AM, et al: Oxygen and 99mTc-MAA shunt estimations in patients with pulmonary arteriovenous malformations: effects of changes in posture and lung volume. Thorax 1994; 49: 327-331
  7. Ueki J, Rhodes CG, Hughes JMB, et al: In vivo  quantification  of pulmonary beta - adrenoceptor density in humans with (S)-[11C]CGP-12177 and PET. J Appl Physiol 1993; 75: 559-565

▶和文著書
 (主な7著書:筆頭・監修・編集の著書)

  1. 植木 純:COPDに有効な呼吸リハビリテーションとは. EBM呼吸器疾患の治療2016-2017, 永井厚志(監)、中外医学社, 東京 2016, 12-16
  2. 植木 純:呼吸リハビリテーション. 3学会合同呼吸療法認定士「認定更新のための講習会」テキスト 2016年、3学会合同呼吸療法認定士委員会, 東京, 113-126, 2016
  3. 植木 純:呼吸リハビリテーション.呼吸器専門医テキスト, 日本呼吸器学会、南江堂, 東京 2015, 246-247
  4. 植木 純(監):呼吸系のアセスメント.フィジカルアセスメントがみえる、MEDICMEDIA社、東京, 88-124, 2015
  5. 植木 純:在宅酸素療法の適応と導入、特集COPD-予防から管理指導まで、呼吸器疾患最新の治療 2013-2015、144-148, 南江堂、東京、2013
  6. 植木 純、千住秀明(編). チームのための実践呼吸リハビリテーション. 中山書店, 東京, 2009
  7. 植木 純, 宮脇美保子(監・編). 看護に生かすフィジカルアセスメント, 照林社, 東京, 2007

▶和文総説
 (主な7論文:筆頭・第2著者の総説)

  1. 植木 純, 樋野恵子, 桒子嘉美:慢性閉塞性肺疾患と運動療法・スポーツ、特集 スポーツ・運動療法は患者治療にどこまで有効か. 成人病と生活習慣病2016; 46(6): 753-756
  2. 植木 純:呼吸リハビリテーションと身体活動性―身体活動性の向上・維持に関する現況と課題―、身体活動性をめぐるサイエンス. 日呼吸誌; 2015: 4: 36-40
  3. 植木 純:呼吸リハビリテーションとセルフマネジメント教育、実地医家のためのCOPD治療の実践法.Medical Practice 2014: 31: 631-636
  4. 植木 純:新しい局面を迎えた身体活動評価とCOPD、呼吸機能検査update.医学のあゆみ 2013: 244: 962-966
  5. 植木 純:全身性疾患としてのCOPD、COPD―病態と治療の最新治療.医学のあゆみ 2013: 245: 175-178
  6. 植木 純:運動療法とセルフマネジメント教育、日呼ケアリハ学誌 2012; 22: 335-338
  7. 植木 純: 在宅管理―在宅呼吸ケア白書2010―、COPDの治療・管理update. 日本胸部臨床 2011: 70(suppl), s174-s180

▶国際学会発表
 (主な7発表:筆頭・第2著者の発表)

  1. Sano Y, Ueki J, Tamura N, et al. Reduction in the number of COPD-related hospitalization by low-intensity low-frequency outpatient pulmonary rehabilitation - KORCH Intervention Am J Respir Crit Care Med 193; 2016: A3995(American Thoracic Society 2016 International Conference、2016年5月16日 米国サンフランシスコで発表)
  2. Ueki J, Takizawa M, Sano E, et al. Development of the novel interactive application software of iPad for COPD self-management education. Am J Respir Crit Care Med 191; 2015: A1112(American Thoracic Society 2015 International Conference、2015年5月17日 米国デンバーで発表)
  3. Ueki J. Current conditions of Pulmonary Rehabilitation in Japan and directions for the future. Tokyo Asia COPD symposium 2015 (2015年7月11日東京で発表)
  4. Sano Y, Ueki J, Tamura N, et al. The effect of pursed-lip breathing and synchronized breathing with steps on the prevention of desaturation while walking in patients with obstructive lung diseases. Am J Respir Crit Care Med 189; 2014: A1923(American Thoracic Society 2014 International Conference、2014年5月19日(月)米国サンディエゴで発表)
  5. Ueki J. Lessons learned from 10 years’ collaborations in Japan - evolution and perspectives from professional society viewpoint, Sharing common aim for better respiratory care - Professional Societies’ and Patient Organizations (Workshop). 18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology, Final Program 168p, 2013.(2013年11月12日横浜で発表)
  6. Ueki J, Mishima M, Oga T, et al. The Current Situation and the Perspective of Respiratory Care Revealed by Patient Survey in Japanese White Paper on Home Respiratory Care 2010, Am J Respir Crit Care Med 2011: 183; A5057(American Thoracic Society 2011 International Conference、2011年5月17日(火)デンバーで発表)
  7. Ueki J, Mishima M, Oga T, et al. The current situation and the perspective of respiratory care in Japanese COPD patients revealed by Japanese White Paper on Home Respiratory Care 2010 - COPD subgroup analysis –European Respiratory Journal 38(suppl 55) 230s, 2011 Annual ERS 2011 Congress、2011年9月25日(日)Amsterdam RAI Amsterdamで発表)

▶国外研究施設、患者会等での発表・講演
 (主な7発表・講演:筆頭・第2著者の発表)

  1. Ueki J. Development of a new form of self-management education for COPD patients using interactive iPad application software. (2015年6月3日タイ、タマサート大学ランシェットキャンパスで講演)
  2. Ueki J, Takizawa M, Ikeda M, et al. Integrated Care of COPD Patients: A New model using interactive application software for iPad - Hospital-led home-based self-management education -(2013年9月23日 モントリオールMcGill University Health Centreで発表)
  3. Ueki J, Fukuchi Y. What are the lessons learned from repeated catastrophic earthquakes in the urgent care for oxygen dependent respiratory patients. (Second World Conference of COPD Patient Organizations、2011年11月7日上海で発表)
  4. Ueki J, Fukuchi Y. What are the lessons learned from repeated catastrophic earthquakes in the urgent care for oxygen dependent respiratory patients. (Second World Conference of COPD Patient Organizations、2011年11月7日上海で発表)
  5. Takizawa M, Ueki J, Tobino K, Kawamoto F, Terunuma N, Fukuchi Y. Self-management education using COPD-specific e-Health system : A Pilot study.(Respiratory Epidemiology and Clinical Research (RECRU) seminar, McGill University Health Centre,  2009年11月25日(水)モントリオールで発表)
  6. Ueki J, Garrod R, Jones P、et al. The differences in physiotherapy techniques between Japan and UK for patients with chronic pulmonary diseases.(Respiratory Epidemiology and Clinical Research (RECRU) seminar, McGill University Health Centre,  2009年11月25日(水)モントリオールで発表)
  7. Ueki J. Japanese White Paper on Home Respiratory Care Subanalysis; The Current Situation and the Perspective of the Management of Patients with COPD in Japan. (2006年9月8日,Imperial College London Royal Brompton Hospital / National Heart & Lung Institute, Staff Roundで講演)

▶国内学会発表
 (主な7発表:筆頭・第2著者の発表)

  1. 植木 純. インタラクティブなアプリケーションソフトウェアが行う患者教育の効果. ワークショップ:モバイル&ウェアラブル端末が変える呼吸ケアの未来. 日呼吸雑誌 2016; 5(suppl): 36 (第56回日本呼吸器学会学術講演会, 2016年4月9日京都で発表)
  2. 植木 純. 身体活動性向上をターゲットとした呼吸リハビリテーション外来の効果. 共同企画1(日本呼吸ケア・リハビリテーション学会). 日呼吸雑誌 2016; 5(suppl): 50 (第56回日本呼吸器学会学術講演会, 2016年4月8日京都で発表)
  3. 植木 純. 呼吸リハビリテーション・セルフマネジメント教育の歩みと展望, 会長講演、日呼ケアリハ学誌 25(suppl); 2015: 89s(第25回呼吸ケア・リハビリテーション学会 2015年10月15日千葉で発表)
  4. 植木 純. 身体活動性の向上・維持をめざした呼吸リハビリテーション(教育講演). 第1回⽇本呼吸ケア・リハビリテーション学会関東地方会抄録集: 8p, 2014(2014年1月25日東京で発表)
  5. 植木 純. 呼吸リハビリテーションマニュアルー運動療法―第2版、1年を迎えて (教育講演). 日呼ケアリハ学誌23(suppl): 83s, 2013(第23回 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会、2013年10月10日東京で発表)
  6. 植木 純. 症状の重症度からみたCOPD診療の現状と課題 ―日本呼吸器学会在宅呼吸ケア白書より―、イブニングシンポジウム4、症状からとらえたCOPD.日呼吸会誌 49(Suppl):99 ,2011(第51回 日本呼吸器学会学術集会、2011年4月22日(金)東京で発表)
  7. 植木 純. 白書に基づいた在宅呼吸ケアの指針と提言、在宅呼吸ケア白書2010、特別ワークショップ. 日呼ケアリハ学誌20(suppl): 95s, 2010(第20回 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会、2010年10月2日(土)長崎で発表)

▶その他
 (ガイドライン、白書等の作成への参加)

  1. ワーキンググループ長:在宅呼吸ケア白書・COPD(慢性閉塞性肺疾患)患者アンケート調査疾患別解析.日本呼吸器学会、2013
    (http://www.jrs.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=3患者アンケート調査疾患別解析.日本呼吸器学会
  2. 委員会委員:COPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン第4版.日本呼吸器学会, 東京, 2013
  3. ワーキンググループ長、事務局(編集):呼吸リハビリテーションマニュアルー運動療法— 第2版. 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 日本呼吸器学会, 日本リハビリテーション医学会, 日本理学療法士協会, 東京. 2012
  4. 副ワーキンググループ長, 事務局(編集):日本呼吸器学会在宅呼吸ケア白書2010. 日本呼吸器学会, 東京, 2010
  5. 委員会委員:COPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン第3版.日本呼吸器学会, 東京, 2009
  6. ワーキンググループ, 事務局(編集):呼吸リハビリテーションマニュアルー患者教育の考え方と実践—. 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 日本呼吸器学会, 日本リハビリテーション医学会, 日本理学療法士協会, 東京. 2007
  7. 委員会委員, 事務局(編集):日本呼吸器学会在宅呼吸ケア白書. 日本呼吸器学会, 東京, 2005
  8. 委員会委員, 事務局(編集):COPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン第2版.日本呼吸器学会, 東京, 2004
  9. ワーキンググループ, 事務局(編集):呼吸リハビリテーションマニュアルー運動療法—. 日本呼吸管理学会, 日本呼吸器学会, 日本理学療法士協会, 東京. 2003

▶公的研究助成

  1. 研究代表者:第10期環境保健調査研究、独立行政法人環境再生保全機構「タブレットPCを用いた教育ツールの開発とCOPDエデュケーター育成による効果的なセルフマネジメント教育の実践・普及に関する調査研究」平成26~28年度
  2. 研究代表者:第9期環境保健調査研究、独立行政法人環境再生保全機構「タブレットPCを用いたCOPD患者のセルフマネジメント教育システムの開発と効果的な介入方法に関する調査研究」平成24~25年度
  3. 研究代表者:文部省科学省研究費補助金基盤研究C「慢性呼吸器疾患を対象とした欧米型セルフマネジメント教育の導入と効果の検証」、平成21~23年年度
  4. 研究代表者:文部省科学省研究費補助金基盤研究C「呼吸リハビリテーションにおける呼吸コンディショニングの標準化と効果の検証」、平成19~20年度
  5. 分担研究者:厚生労働科学研究費補助金「慢性閉塞性肺疾患に対する漢方治療の有用性評価に関する研究」、平成17~18年度
  6. 分担研究者:文部省科学省研究費補助金基盤研究C「慢性閉塞性肺疾患における気流制限の新しい評価―安静換気時のNegative expiratory pressure(NEP)法を用いた評価、平成12~13年度
  7. 研究代表者:文部省科学研究費補助金基盤研究C「慢性閉塞性肺疾患における呼吸リハビリテーションの新しい評価―呼吸筋の形態・分子病理学的評価」平成11~12年度

▶留学

▶賞・奨学金

  1. ベストプロフェッサー賞(宮崎・小川賞)、平成27年
  2. 第1 回呼吸機能イメージング研究会優秀演題賞、平成21年
  3. American Thoracic Society Travel Grant、平成14年
  4. 第9回ニューモフォーラム賞、平成12年
  5. 第8回ニューモフォーラム賞、平成11年
  6. 公益信託グラクソ・スミスクライン国際奨学基金(ブリティッシュ・カウンシル公募)、平成2~4年