分野紹介

教授  西田 みゆき (にしだ みゆき)

プロフィール

西田 みゆき

大学院

専門分野 小児看護学
研究キーワード 小児外科的疾患看護
排泄ケア
母親支援
子どもの自立
授業科目区分 専門科目
博士前期課程
授業科目
小児看護学特論Ⅰ(対象論)
小児看護学特論Ⅱ(サポートシステム論)
小児看護学特論Ⅲ(援助方法論)
小児看護学特論Ⅳ(高度看護実践論)
小児看護学実習
博士後期課程
授業科目
小児看護支援開発特論
看護学演習
看護学特別研究

学部(医療看護学部)

所属 小児看護学
授業科目 ゼミナール
医療看護研究Ⅰ
家族看護論
看護課題実習
小児の健康障害と看護
小児看護学実習
小児看護方法論

学位

博士(看護学)  2009年

pagetop

研究テーマ

  • 小児外科的疾患患児の看護に関する研究
  • 病児の母親へのケアに関する研究
  • 子どもの自立に関する研究

pagetop

研究内容

周手術期の看護とその後の発達を踏まえた外来在宅看護を視野に入れ、疾患を抱えながら成長していく子どもと家族のトータル的な看護ケアを確立していきたいと考えています。

pagetop

最近の活動と研究(過去5年間)

▶著書

  1. 小野正子、草場ヒフミ編集.野間口千佳穂、西田みゆき他:根拠がわかる 小児看護技術、メジカルフレンド社、2008
  2. 山口瑞穂子、関口惠子編集、青木きよ子、高谷真由美、大槻優子、西村あをい、西田みゆき他:疾患別看護過程の展開、学習研究社、2008
  3. 山口瑞穂子、関口惠子編集、青木きよ子、高谷真由美、大槻優子、西村あをい、西田みゆき他:疾患別病態関連マップ.学習研究社.2008
  4. 松本孚、森田夏実、岡本隆寛、西田みゆき、阿部由香、奥出有香子、他:わかりやすいケ-ス・スタディの進め方[第2版].照林社.2009
  5. 山高篤行、下高原昭廣監修、西田みゆき他:小児外科看護の知識と実際.メディカ出版、2010

▶論文

  1. 西田みゆき:排便障害児の排便の自立に関連した母親の情緒的要因.医療看護研究3(1)29-36.2007
  2. 小林八代枝.西村あをい.西田みゆき.尾崎正子.柏崎麻衣子:小児病棟における付添家族の疲労に関する支援.日本看護学会論文集(37) 312-314.2007
  3. 西田みゆき:小児外科的疾患患児の疾患と共に生きる過程.小児保健研究67(1).41-46.2008
  4. 西田みゆき:排便障害児の母親のためのエンパワ-メントプログラムの開発(博士論文).聖路加看護大学大学院.2009
  5. 西田みゆき、堀田久美:新生児のケアに関する情報の実態.保育と保健15(2).69-73.2009
  6. 江藤千里、萩本理恵子、栗原亜希子、西田みゆき:先天性横隔膜ヘルニア患児の周手術期看護の検討.医療看護研究.6(1).37-43.2010
  7. 西田みゆき:養育上の困難を抱える母親のempowermentの概念分析.日本看護科学学会誌.30(2).44-53.2010
  8. 西田みゆき:排便障害児の排便の自立に関する望まれるケア-文献検討からの現状-.小児保健研究71(6).837‐843.2012
  9. 西田みゆき、照沼則子、山高篤行、川口千鶴、岡田隆夫:排便看護ケア外来の準備と活動報告.医療看護研究9(2).44-49.2013
  10. 西田みゆき、東山峰子、込山洋美、宮腰綾子、横山友美:排便障害児のための支援教材を病棟に導入するプロセス.医療看護研究10(2).34-39.2014
  11. 西田みゆき、照沼則子、戸島郁子、山高篤行:排便看護ケア外来の活動報告 事例紹介.医療看護研究11(2).36-41.2015
  12. 西田みゆき:排便日誌による鎖肛やヒルシュスプルング病患児の排便状況の実態とその意義.日本小児看護学会24(1).17-23.2015

▶学会発表

  1. 西田みゆき:排便障害のある学童期の子どものための排便行動自立ツールの作成.第20回日本小児看護学会学術集会.2010.神戸
  2. 西田みゆき:排便行動自立ツールを用いたプログラム開発の試み.第20回日本小児看護学会学術集会.2010.神戸
  3. Miyuki Nishida :Development of teaching aids to facilitate independent defecation in school-age children with defecation disorders.21th International Nursing Research Congress Focusing on Evidence-Based Practice(Sigma Thera Tau International)in orando.2010
  4. 西田みゆき:排便障害児の母親のためのエンパワーメント看護介入プログラムの概念モデルの構築.日本看護科学学会学術集会.2010.札幌
  5. Miyuki Nishida :Development of a nursing intervention program to empower mothers of children with fecal incontinence. ICN International Conference in Malta. 2011
  6. Miyuki Nishida :A 3-group classification of caring style of mothers of children with Hirschsprung's disease or anorectal malformation. 10th International Family Nursing Conference in Japan Kyoto. 2011
  7. Miyuki Nishida : Process of empowerment in mothers of infants with defecation disorders. Honor Society of Nursing, Sigma Theta Tau International 22nd International Nursing Research Congress Cancun, Mexico 11-14 July 2011
  8. Miyuki Nishida :Incorporation of self-care training for school age children with defecation difficulties.World Academy of Nursing Science 2nd International Nursing Research Conference Cancun, Mexico 14-15 July 2011
  9. 西田みゆき:排便障害のある学童期の子どものためのセルフケアプログラムの試みと母親の変化.第21回日本小児看護学会学術集会.2011.大宮
  10. 西田みゆき,込山洋美:排便障害児へのトータル看護ケアプログラムのための支援教材の作成.第21回日本看護科学学会学術集会.2011.高知
  11. Miyuki Nishida : Nursing care of children with defecation disorders according to children's stage of development.The 9th International Conference of the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery in Japan Kobe.2012
  12. 松田光信.河野あゆみ.當目雅代.西田みゆき.川﨑絵里香:プログラム開発・評価研究のゴールはどこにあるのか(交流集会).第38回日本看護研究学会学術集会.2012.沖縄
  13. Miyuki Nishida:Educational program of self-care for children with defecation difficulties. The 10th Annual national Conference of the Asian American Pacific Islander Nurses Association in Hawaii.2013.3.19‐20
  14. 込山洋美.東山峰子 .西田みゆき.横山友美.宮腰綾子:看護師の視点から見た排便障害児のためのトータルケアプログラム・ガイドブックの活用方法.第23回日本小児看護学会学術集会.2013.高知
  15. 東山峰子 .西田みゆき.込山洋美.横山友美.宮腰綾子:排便障害児のための支援教材を病棟において導入するプロセス.第23回日本小児看護学会学術集会.2013.高知
  16. 西田みゆき.込山洋美.東山峰子:小児外来看護の向上のためのアクションリサーチ.第23回日本小児看護学会学術集会.2013.高知
  17. Miyuki Nishida:Development of a training program for promoting autonomous bowel management in children with Hirschsprung’s disease or anorectal malformation.Honor Society of Nursing, Sigma Theta Tau International 24nd International Nursing Research Congress in Prague.2013
  18. KYOKO SHIDA,Miyuki Nishida,TOMOKO SASAKI:A text mining study thoughts of NICU nurses about the construction of parent-child relationships,11th Advanced Practice Neonatal Nurses Conference in Honolulu Hawaii. 2014.4
  19. Miyuki Nishida:Developing an empowerment program for adolescents with defecation disorders.the 35th International Association for Human Caring Conference to be held in Japan, May 24-28, 2014
  20. 西田みゆき.及川郁子.林亮.野間口千佳穂:小児慢性疾患患児への自立支援の実態.第24回日本小児看護学会学術集会.東京.2014
  21. 西田みゆき.込山洋美.東山峰子:術後の排便障害児の家族へのガイドブックを用いた指導の時期.第24回日本小児看護学会学術集会.東京.2014
  22. Miyuki Nishida:Process involved in the introduction of action research. Maui Nursing & Allied Health Conference in Maui.2015.3

▶報告

  1. 田中恭子、西田みゆき、込山洋美、早田典子:小児科外来における認知発達に応じた小児へのインファームド・アセンドプレパレーションの試み.順天堂医学56(1).84‐85.2010
  2. 西田みゆき、石川早苗、渡部知子、石川あけみ、宮腰綾子、込山洋美、宮脇りさ、石田弘美:排便障害児へのトータルケアプログラムの作成.医療看護研究6(1).2010
  3. 浦尾正彦, 藤原なほ, 宮野武, 児島邦明, 藤澤稔, 町田理夫, 北畠俊顕, 西田みゆき:へそを使う手術・つくる手術 腹腔鏡下虫垂切除術における臍創の大小に対する意識調査.小児外科42(5).512-520.2010
  4. 山高篤行,岡崎任晴,西田みゆき:小児外科鏡視下手術の低侵襲性の評価 看護学的ならびに臨床病理学的視点から.順天堂医学57(1).73.2011
  5. 樋口キヱ子, 青木きよ子, 西田みゆき, 青柳優子, 服部惠子, 工藤綾子, 高谷真由美, 山口忍, 岡本隆寛, 岡田隆夫:卒業前看護技術強化プログラムの実施経過と課題.医療看護研究7(1).73-76.2011
  6. 西田みゆき,浦尾正彦:腹腔鏡下手術における臍創に対する若者のニーズ.医療看護研究7(1).90.2011
  7. 西村あをい,新町豊子, 西田みゆき,厚美彰子:子どもの検査・処置に関する看護師の説明とプレパレーションの実態.医療看護研究7(1).95.2011
  8. 樋口キヱ子,新山裕恵,西田みゆき,小元まき子,仁科聖子,大園康文,中野誠一,関口麻緒,岡田隆夫:家庭で役立つ応急処置 日頃からの備えで安心を. 医療看護研究8(2).27‐30.2012
  9. 小谷野康子,工藤綾子,岡田綾,吉武久美子,杉山智子,西田みゆき,樋口キヱ子,原田静香,永野光子,青柳優子,田中朋子,岡田隆夫:看護倫理と臨地実習 実習場面で指導者が向き合う倫理的ジレンマ 第23回実習指導者研修会を振り返って.医療看護研究8(2).31‐38.2012
  10. 西田みゆき,込山洋美,宮腰綾子,横山友美,東山峰子,堀川香織:排便障害児へのトータル看護ケアプログラムのための支援教材の評価.医療看護研究9(1).40.2012
  11. 永野光子、田中朋子、西田みゆき、他7名:平成23年度卒業前技術強化プログラムの評価と課題.医療看護研究9(2).59-63.2013.3
  12. 西田みゆき,込山洋美,東山峰子,他3名: 支援教材を用いた排便障害児家族への退院指導の試み.医療看護研究 10(1).87-88.2013.10
  13. 西田みゆき,込山洋美,東山峰子,他3名: 支援教材を用いた排便障害児家族への退院指導-退院指導の時期に焦点を当てて-.医療看護研究 11(1).98.2014.10
  14. 古屋千晶,西田みゆき,川口千鶴:小児看護学における看護技術演習が臨地実習に及ぼす影響.医療看護研究.11(1).99.2014.7

▶その他

  1. 西田みゆき(研究代表者):財団法人 在宅医療助成金勇美記念財団2007年度在宅医療助成「排便障害のある小児の在宅ケア支援プログラムに関する研究」
  2. 西田みゆき(研究代表者):平成20-22年度文部科学省科学研究費補助金 基盤C研究「小児外科的疾患患者の外来看護ケアシステムの構築」. 
  3. 柳井晴夫(研究代表)、西田みゆき(研究分担者)他:平成20-22年度文部科学省科学研究費補助金 基盤研究A「臨地実習生の質の確保のための看護系大学共用試験(CBT)開発的研究」
  4. 西田みゆき(研究代表者):平成23-25年度文部科学省科学研究補助金 基盤研究(C)「排便障害児のエンパワーメント看護ケアプログラム構築のためのアクションリサーチ」
  5. 柳井晴夫(研究代表者)、井部俊子、太田喜久子、野島佐由美、西田みゆき、他42名:平成23-25年度文部科学省科学研究補助金基盤研究A「臨地実習生の質の確保のための看護系大学共用試験(CBT)の開発とその実用化」
  6. 水口雅(研究代表者)平成25-27年度厚生労働科学研究補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)「 慢性疾患に罹患している児の社会生活支援ならびに療育生活支援に関する実態調査およびそれらの施策の充実に関する研究」 分担研究:患者・家族に対する支援体制の構築に関する研究(研究代表者:及川郁子).西田みゆき(研究協力者)
  7. 西田みゆき(研究代表者):平成27-30年度文部科学省科学研究補助金 基盤研究(C)「小児外科的疾患患者のための性教育を含めた疾患の理解に関する研究」

▶社会活動

  • 2010年:日本小児看護学会 総務委員
  • 2011年:日本小児看護学会 災害対策支援委員
  • 2011年:日本小児看護学会 専任査読者
  • 2013年:日本糖尿病教育・看護学会 第18回学術集会協力委員
  • 2014年:日本小児看護学会 第24回学術集会実行委員
  • 2014年:聖路加看護学会 第19回学術集会企画委員