分野紹介

准教授 加茂 敦子(かも あつこ)

プロフィール

加茂 敦子

大学院

専門分野 解剖生理学
痒み皮膚科学
研究キーワード 痒み
ドライスキン
皮膚バリア
表皮内神経線維
アトピー性皮膚炎
授業科目区分 専門科目
博士前期課程
授業科目
フィジカルアセスメント特論
機能病態学特論

学部(医療看護学部)

所属 専門基礎
授業科目 医療看護ゼミナール
生命現象の理解
形態機能学ⅠA/B
形態機能学Ⅱ
医療看護研究Ⅰ
医療看護研究Ⅱ
基礎看護学実習Ⅰ
基礎看護学実習Ⅱ

学部(保健看護学部)

所属 専門基礎
授業科目 形態機能学

学位

博士(医学)2011年

pagetop

研究テーマ

  • 難治性痒みの発生機序の解明

研究内容

ヒスタミンは痒みを引き起こす物質(起痒物質)として古くから知られ、痒みに対する治療には一般的に抗ヒスタミン薬が用いられる。しかしながら、アトピー性皮膚炎などの痒みには抗ヒスタミン薬が奏功しない。このことから痒みの発生機序にはヒスタミン以外の起痒物質も関与すると考えられ、現在までに様々な起痒物質、また痒み感覚の修飾因子が明らかになってきている。このような起痒物質の多くは皮膚を構成する細胞によって産生・分泌され、近傍の感覚神経(C-線維)上の受容体に結合することで、痒み刺激の始まりである活動電位の発生を誘導する。そこで我々は、皮膚構成細胞における起痒物質の産生・分泌につながるような外的、内的刺激の同定とその起痒メカニズムの解明に取り組んでいる。

pagetop

最近の活動と研究(過去5年間)

著書

  1. 渡辺皓、加茂敦子、石田陽子、三浦奈都子、松田友美、菅野恵美.新訂版 図解ワンポイント 解剖学.サイオ出版,2016

英文原著

  1. Kamo A, Umehara Y, Negi O, Iwata M, Kamata Y, Suga Y, Ogawa H, Tominaga M, Takamori K. Effects of Kakato-tsurutsuru socks on dry heels in healthy volunteer subjects. J Dermatol. 47: 413-417, 2020
  2. Iizumi K, Kawasaki H, Shigenaga A, Tominaga M, Otsu A, Kamo A, Kamata Y, Takamori K, Yamakura F.Tryptophan nitration of immunoglobulin light chain as a new possible biomarker for atopic dermatitis. J Clin Biochem Nutr. 63: 197-204, 2018
  3. Izumi R, Negi O, Suzuki T, Tominaga M, Kamo A, Suga Y, Matsukuma S, Takamori K. Efficacy of an emollient containing diethylene glycol/dilinoleic acid copolymer for the treatment of dry skin and pruritus in patients with senile xerosis. J Cosmet Dermatol.16: e37-e41, 2017
  4. Kamata Y, Kimura U, Matsuda H, Tengara S, Kamo A, Umehara Y, Iizumi K, Kawasaki H, Suga Y, Ogawa H, Tominaga M, Takamori K. Relationships among plasma granzyme B level, pruritus and dermatitis in patients with atopic dermatitis. J Dermatol Sci. 84: 266-271, 2016
  5. Kamo A, Tominaga M, Matsuda H, Kina K, Kamata Y, Umehara Y, Ogawa H, Takamori K. Neurotropin suppresses itch-related behavior in NC/Nga mice with atopic dermatitis-like symptoms. J Dermatol Sci. 81: 212-215, 2015
  6. Kamo A, Tominaga M, Kamata Y, Kaneda K, Chan Ko K, Matsuda H, Kimura U, Ogawa H, Takamori K. The Excimer Lamp Induces Cutaneous Nerve Degeneration and Reduces Scratching in a Dry-Skin Mouse Model. J Invest Dermatol. 134: 2977-2984, 2014
  7. Kamo A, Negi O, Tengara S, Kamata Y, Noguchi A, Ogawa H, Tominaga M, Takamori K. Histamine H4 Receptor Antagonists Ineffective against Itch and Skin Inflammation in Atopic Dermatitis Mouse Model. J Invest Dermatol. 134: 546-548, 2014
  8. Kamo A, Tominaga M, Taneda K, Ogawa H, Takamori K. Neurotropin inhibits the increase in intraepidermal nerve density in the acetone-treated dry-skin mouse model. Clin Exp Dermatol. 38: 665-668, 2013

和文原著

  1. 加茂敦子、小椋正道、北村周美、城生弘美、石井美里.「看護技術の経験記録」を用いた本学学生の看護基礎技術経験状況-2013、2014年度-.東海大学健康科学部紀要 第21号,43-48,2016

英文総説

  1. Kamo A, Tominaga M, Kamata Y, Takamori K. Mechanisms and Treatments of Dry Skin-Induced itch. J Clin Cosmet Dermatol. 1: doi http://dx.doi.org/10.16966/jccd.114, 2017

和文総説

  1. 冨永光俊、加茂敦子、鎌田弥生、高森建二.痒みのメカニズム:痒みの難治化を中心に.特集I/痒み―最近の話題―. 神経内科.89:14–22、2018
  2. 冨永光俊、加茂敦子、本田耕太郎、鎌田弥生、高森建二.Gastrin-releasing peptideおよび brain-natriuretic peptideと掻痒.臨床免疫・アレルギー科.69:356-361、2018
  3. 加茂敦子、高森建二. 光線療法. Monthly Book Derma. No. 214, 35-40, 2014
  4. 加茂敦子、冨永光俊、高森建二. アトピー性皮膚炎と皮膚感覚受容器. 顕微鏡. 46: 233-237, 2012
  5. 加茂敦子、高森建二. 乾燥肌とかゆみ. Monthly Book Derma. No. 196, 41-45, 2012
  6. 加茂敦子、高森建二. 紫外線療法. 最新医学 別冊 新しい診断と治療のABC アトピー性皮膚炎 改訂第2 版. 111-117, 2011

国際学会発表

  1. Kamo A, Tominaga M, Ogawa H, Takamori K. Neurotropin, an analgesic agent, suppresses itch in NC/Nga mice with atopic dermatitis-like symptoms. 46th Annual European Society for Dermatological Research (ESDR) Meeting, September 7-10, Munich, Germany, 2016.
  2. Kamo A, Tominaga M, Kamata Y, Takamori K. Excimer lamp directly induces cutaneous nerve degeneration in animal models of pruritus. 22nd Congress of the European Academy of Dermatology and Venereology, October 2-6, Istanbul, Turkey, 2013.
  3. Kamo A, Tominaga M, Kamata Y, Noguchi A, Kimura U,? Negi O, Taneda K, Takamori K. Anti-pruritic effects of neurotropin in NC/Nga mice? with atopic dermatitis-like symptoms. 7th World Congress on Itch 2013, September 21-23, Boston, USA, 2013.
  4. Kamo A, Tominaga M, Kamata Y, Takamori K. Effects of excimer lamp radiation on rat dorsal root ganglion nerve fibers: implications for possible application to intractable pruritus. International Investigative Dermatology, Edinburgh, UK, May 8-11, 2013

国内学会発表

  1. 加茂敦子、梅原芳恵、根木治、岩田まこ都、鎌田弥生、須賀康、冨永光俊、高森建二.踵部皮膚乾燥に対するかかとつるつるソックス着用の効果.第118回日本皮膚科学会総会、名古屋、2019年5月
  2. Kamo A, Tominaga M, Kamata Y, Kaneda Y, Ko KC, Matsuda H, Kimura U, Takamori K. Irradiation by excimer lamp induces intraepidermal nerve degeneration and inhibits itch-related behavior in a dry-skin model. The 39th Annual meeting of the Japanese society for investigative dermatology, December 12-14, Osaka, Japan, 2014.
  3. 加茂敦子、冨永光俊、高森建二. アトピー性皮膚炎モデルマウスの痒みに対するノイロトロピンの有効性の検討.第4回基礎科学をもとにしたCo-Medical研究会,山形,2016年11月12日
  4. 加茂敦子、冨永光俊、高森建二. 表皮内神経線維に対するエキシマランプ照射の影響-難治性痒み治療としての有用性の検討-.第4回基礎科学をもとにしたCo-Medical研究会,山形,2014年11月8日
  5. 加茂敦子、冨永光俊、鎌田弥生、高森建二.エキシマランプによる痒みの抑制メカニズム.第113回日本皮膚科学会総会,京都,2014年6月1日
  6. 加茂敦子、冨永光俊、鎌田弥生、野口篤、木村有太子、根木治、種田研一、高森建二.皮膚の乾燥を伴う痒みに対するノイロトロピンの有効性の検討.第9回日本加齢皮膚医学研究会,山口,2013年7月6日‐7日
  7. 加茂敦子、冨永光俊、鎌田弥生、高森建二 乾燥皮膚で誘発される表皮内神経の増生に対する保湿性オリゴマーエステルD/DCの効果.第112回日本皮膚科学会,横浜,2013年6月14‐16日
  8. 加茂敦子、冨永光俊、鎌田弥生、高森建二.ラット後根神経節細胞の神経線維に対するエキシマランプ照射の影響.第22回国際痒みシンポジウム,東京,2012年10月
  9. Kamo A, Tominaga M, Kamata Y, Takamori K. Effects of excimer lamp irradiation on rat dorsal root ganglion nerve fibers: implications for possible application to intractable pruritus. The 37th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology, Okinawa, Dec 7-9, 2012
  10. 加茂敦子、冨永光俊、高森建二.光線療法の出番は?第17回アトピー性皮膚炎治療研究会,東京,2012年2月

研究助成

  1. 令和2~4年度科学研究費助成事業 基盤研究(C)皮膚バリア機能における表皮内浸透圧の役割の解明とスキンケアへの応用、研究代表者
  2. 平成27~29年度科学研究費助成事業 若手研究(B)ドライスキンの痒みにおける表皮内浸透圧の役割、研究代表者
  3. 平成25~28年度科学研究費助成事業 基盤研究(C)難治性痒みにおける脊髄グリア細胞の役割の解明と新規治療法の開発、研究分担者(研究代表者:高森建二)
  4. 平成24~26年度科学研究費助成事業 若手研究(B)エキシマランプ照射の神経変性作用の解明と痒み治療への応用、研究代表者