分野紹介

教授  佐藤 まゆみ  (さとう まゆみ)

プロフィール

佐藤 まゆみ

大学院

専門分野 がん看護学
周手術期看護学
クリティカルケア看護学
研究キーワード がん看護
外来がん看護
外来看護師
周手術期看護
クリティカルケア
教育支援
授業科目区分 専門科目
博士前期課程
授業科目
クリティカルケア看護学特論Ⅰ(対象論)
クリティカルケア看護学特論Ⅱ(アセスメント論)
クリティカルケア看護学特論Ⅲ(治療管理論)
クリティカルケア看護学特論Ⅳ(看護援助論A)
クリティカルケア看護学特論Ⅴ(看護援助論B)
クリティカルケア看護実習Ⅰ(実践実習)
クリティカルケア看護実習Ⅱ(統合実習)
演習
演習(急性・重症患者看護CNS)
特別研究
課題研究(急性・重症患者看護CNS)
博士後期課程
授業科目
がん・クリティカルケア看護支援開発特論
看護学演習
看護学特別研究

学部(医療看護学部)

所属 成人看護学
授業科目 医療看護ゼミナール
生涯発達論
成人看護学概論
成人看護学実習Ⅰ
成人看護学実習Ⅱ
統合実習
医療看護研究Ⅰ

学位

博士(看護学)2001年

pagetop

研究テーマ

  • 周手術期にある患者・家族の体験と回復促進/社会復帰に向けた看護援助
  • クリティカルケアを必要とする患者・家族の体験と回復促進/社会復帰に向けた看護援助
  • 周手術期看護/クリティカルケア看護に携わる看護師への教育支援
  • がん患者・家族の体験とがんを抱えながらもその人らしく生活することができるための看護援助
  • がんの診断期、治療期、慢性期、終末期における看護援助
  • 外来通院するがん患者と家族に対する外来での看護実践方法
  • がん看護に携わる看護師への教育支援

pagetop

研究内容

  1. 周手術期看護学/クリティカルケア看護学
    周手術期にある患者と家族を中心に、クリティカルな状態にある患者と家族の体験を明らかにし、回復促進/社会復帰に向けた看護援助のあり方を探求しています。特に昨今、低侵襲手術の適用拡大、在院日数の短縮化とそれに伴う外来診療・看護への役割シフト、ICT技術の導入など、周手術期にある患者と家族をとりまく環境は大きく変化しています。また、社会の高齢化に伴い、集中ケアを必要とする救急患者/重症患者も増加しています。こういった医療情勢の変化に貢献できるよう、今日的な看護援助のあり方を探究していきたいと思います。また、周手術期看護/クリティカルケア看護に携わる看護師への教育支援のあり方についても探究していきたいと思います。

  2. がん看護学
    がんに罹患した患者と家族の体験を明らかにし、がんの診断期、治療期、慢性期、終末期において、患者と家族ががんを抱えながらもその人らしく生活することができるための看護援助方法を探究しています。特に、近年は、外来通院する患者と家族が主体的に治療を継続したり療養生活を送ったりすることを支援するための外来でのがん看護実践方法に関する研究に取り組んでおり、現在は、このような支援ができる外来看護師を育成するプログラムの開発を行っています。

pagetop

最近の活動と研究(過去5年間)

▶学会活動

  1. 日本がん看護学会理事(2010〜2017,2019〜)
  2. 日本がん看護学会編集委員会委員長
  3. 日本がん看護学会表彰委員会委員
  4. 日本看護科学学会代議員/社員(2011〜2019)
  5. 日本看護科学学会和文誌専任査読者
  6. 千葉看護学会専任査読者
  7. 所属学会
    日本看護科学学会
    日本がん看護学会
    日本クリティカルケア看護学会
    日本救急看護学会
    日本看護管理学会
    千葉看護学会

▶社会活動

  1. 放送大学教員教授

▶受賞

  • 第10回佐川看護特別賞 2012年12月

▶著書

  1. 佐藤まゆみ:「第Ⅱ章手術前期の看護」pp.47-66,「第Ⅴ章退院に向けた指導・支援」pp.129-146.林直子,佐藤まゆみ(編),看護学テキストNiCE 成人看護学 急性期看護Ⅰ−概論・周手術期看護(改訂第3版),南江堂,2019.
  2. 佐藤まゆみ:「第Ⅰ章救急医療の現状 1.救急医療の歴史と動向,2.救急医療体制,3.プレホスピタルケア」pp.1-17,「第Ⅳ章救急看護の実際 2D.救急外来受診後に帰宅する患者への教育的支援」pp.85.佐藤まゆみ,林直子(編),看護学テキストNiCE 成人看護学 急性期看護Ⅱ-救急看護・クリティカルケア(改訂第3版),南江堂,2019.
  3. 佐藤まゆみ:「第Ⅳ章成人期にある人を看護するための基本的な考え方 2A.ストレス・コーピングを支える」pp.138-143,「第Ⅵ章成人看護を充実させる実践的環境 4A.専門看護師」pp.277-281.林直子,鈴木久美,酒井郁子,梅田恵(編),看護学テキストNiCE 成人看護学概論(改訂第3版),南江堂,2019.
  4. 佐藤まゆみ:「第2章手術を受ける患者の治療過程と生活過程での援助」pp.22-38,「第6章消化・吸収機能障害及び栄養代謝機能障害のある人への援助」pp.94-108.林直子,佐藤まゆみ(編),成人看護学,放送大学教育振興会,2018.
  5. 佐藤まゆみ:「成人看護学総論」pp.2-28,「呼吸器疾患患者の看護 第3章F手術をうける患者の看護」pp.150-157.齋藤英胤他(代表著者),新看護学9 成人看護1(第14版),医学書院,2018.
  6. 佐藤まゆみ:「第Ⅲ章救急時の看護技術 1.一次救命処置」pp.245-256.野崎真奈美,林直子,佐藤まゆみ,鈴木久美(編),看護学テキストNiCE 成人看護技術(改訂第2版),南江堂,2017.
  7. 佐藤まゆみ:「第3部成人への看護に有用な概念 16.危機」pp.238-246.安酸史子,鈴木純恵,吉田澄恵(編),ナーシング・グラフィカ 成人看護学① 成人看護学概論(第3版),メディカ出版,2015.
  8. 佐藤まゆみ:「第1部健康危機状況 2-4.心理的・精神的混乱への支援」pp.95-103.吉田澄恵,鈴木純恵,安酸史子(編),ナーシング・グラフィカ 成人看護学② 健康危機状況/セルフケアの再獲得(第1版),メディカ出版,2015.

▶論文

1)周手術期看護学/クリティカル看護学(主な論文のみ記載)

  1. 田口智恵美,佐藤まゆみ,三枝香代子,他:IAPB装着患者受け持ち未経験者に対するシミュレーション教育の実施.千葉県立保健医療大学紀要,11(1),27-34,2020.
  2. 田口智恵美,佐藤まゆみ,三枝香代子:緊急入室準備をするICU熟練看護師の臨床判断.千葉県立保健医療大学紀要,10(1),19-25,2019.
  3. 田口智恵美,佐藤まゆみ,三枝香代子,他:IABP装着患者への看護実践に焦点を当てたシミュレーション教育の実際.千葉県立保健医療大学紀要,9(1),43-48,2018.
  4. 田口智恵美、佐藤まゆみ、三枝香代子,他:経験の浅いICU看護師が看護実践で感じる困難.千葉看護学会会誌,19(1),11-18,2013.
  5. 広瀬由美子,佐藤まゆみ,泰圓澄洋子,他:若年女性生殖器がん術後患者の他者との関係における体験.千葉看護学会会誌,17(1),43-50,2011.
  6. 町本実保,佐藤まゆみ,佐藤禮子:冠動脈バイパス術を受ける患者の回復に対する認識と術後回復との関連.三重看護学誌,13,103-116,2011.
  7. 藤原知美,中田正浩,大坂美穂,佐藤まゆみ:3次救急医療施設に就職した既卒看護師が必要とする職場適応のための支援.日本看護学会論文集:看護管理,41,313-346,2011.

2)がん看護学(主な論文のみ記載)

  1. 佐藤まゆみ,片岡純,佐藤禮子,他:外来通院がん患者が主体性を発揮して生活することを支援するために外来看護師が重要と考える看護実践.医療看護研究,16(2),34-46,2020.
  2. 片岡純,佐藤まゆみ,佐藤禮子,他:外来通院がん患者が主体性を発揮して行動するために重要と評価する看護実践.愛知県立大学看護学部紀要,25,47-56,2019.
  3. 小澤桂子,森文子,遠藤久美,佐藤まゆみ,他:がん化学療法における貧血アセスメントツールの開発.千葉県立保健医療大学紀要,10(1),35-42,2019.
  4. 佐藤まゆみ,佐藤禮子,小澤桂子,他:がん化学療法患者のセルフケアにおける貧血アセスメントツールを活用した症状記録の有用性.千葉県立保健医療大学紀要,9(1),27-36,2018.
  5. 佐藤まゆみ、大内美穂子、豊島裕子,他:終末期がん患者の食事/栄養サポートにおいて訪問看護師が抱く困難.千葉県立保健医療大学紀要,8(1),9-18,2017.
  6. 増島麻里子、佐藤まゆみ、岡本明美、他:乳がん術後患者のためのサポートグループプログラム「ほっとカフェ」の効果 プログラム構成に着眼した参加者の体験分析.千葉看護学会会誌,20(2),41-49,2015.
  7. 渡辺美和、佐藤まゆみ、眞嶋朋子:終末期がん患者と配偶者の相互作用に関する研究.千葉看護学会会誌,20(2),31-39,2015.
  8. 佐藤まゆみ,佐藤禮子,片岡純,他:外来通院がん患者と家族が自分らしく生活するために求める外来看護師の関わり.千葉県立保健医療大学紀要,4(1),33-40,2013.
  9. 佐藤まゆみ、広瀬由美子,竹中敦子,他:終末期がん患者の在宅緩和ケア移行支援においてスタッフナースが必要とする知識とその獲得状況.千葉県立保健医療大学紀要,3(1),45-51,2012.
  10. 佐藤まゆみ、広瀬由美子、浅井美千代,他:スタッフナースが行う終末期がん患者への在宅緩和ケア移行支援における問題点−地域医療連携担当看護師の認識から−.千葉県立保健医療大学紀要,2(1),63-69,2011.
  11. 佐藤まゆみ、佐藤禮子、増島麻里子,他:外来通院するがん患者の主体性を活かす外来看護実践方法.千葉看護学会会誌,16(2),75-83,2011.

▶学会発表

1)周手術期看護学/クリティカル看護学(主な論文のみ記載)

  1. 田口智恵美,佐藤まゆみ,三枝香代子,他:ICU看護師の臨床判断能力を育成するシミュレーション教育方法の実施と評価(第2報).千葉看護学会第25回学術集会,2019.
  2. 山中紗都,佐藤まゆみ,八岡和歌子,他:頭頸部がん術後サバイバーの口腔関連の諸問題とその対処における質的研究.第27回一般社団法人日本有病者歯科医療学会総会・学術大会,2018.
  3. 田口智恵美,佐藤まゆみ,三枝香代子,他:ICU看護師の臨床判断能力を育成するシミュレーション教育方法の実施と評価.千葉看護学会第23回学術集会,2017.
  4. 塩原由美子,佐藤まゆみ:若年女性生殖器がん患者とパートナーの手術前の困難と対処および望む支援.第29回日本がん看護学会学術集会,2015.
  5. Yumiko Hirose, Mayumi Sato:Changes in the Relationship between a Young Cerivcal Cancer Patients who Underwent Radical Hysterectomy and Her Partner. 17th International conference on Cancer Nursing,2012.
  6. 大野木由美子,佐藤まゆみ,眞嶋朋子:低位前方術を受けた壮年期大腸がん患者の家族との関わり体験.第24回日本がん看護学会学術集会,2010.
  7. 白井弓子、根本恵美、西弘美、阿部恭子、佐藤まゆみ:術後の乳がん患者が退院後に在宅で継続可能なリハビリテーションの検討.第40回日本看護学会成人看護Ⅰ,2009.
  8. 増島麻里子、佐藤まゆみ、佐藤禮子、他:周手術期実習中の事故予防に関する実習前学習における看護学生の学び.日本看護学教育学会第19回学術集会,2009.

2)がん看護学(主な論文のみ記載)

  1. 佐藤まゆみ,大内美穂子,豊島裕子,他:終末期がん患者への食事/栄養サポートにおいて訪問看護師が抱く困難.第31回日本がん看護学会学術集会,2017.
  2. 佐藤まゆみ,片岡純、森本悦子,他:外来通院がん患者の主体性を活かして行う実践のための外来看護師育成プログラム:プログラムの妥当性を高めるための課題.第20回日本看護管理学会学術集会.2016.
  3. 佐藤まゆみ,片岡純、森本悦子,他:外来通院がん患者の主体性を発揮した問題解決を支援できる外来看護師育成プログラムの開発.第30回日本がん看護学会学術集会,2016.
  4. 佐藤まゆみ,塩原由美子,大内美穂子,他:外来通院がん患者の主体性を発揮した生活を支援するために外来看護師が重要と考える看護実践.第29回日本がん看護学会学術集会,2015.
  5. 片岡純,佐藤まゆみ,阿部恭子,他:外来通院がん患者が主体性を発揮して行動するために外来看護師に求める看護実践能力.第27回日本がん看護学会学術集会,2013.
  6. Mayumi Sato, Reiko Sato, Jun Kataoka, et al:Relationship with Clinic Nurses Demanded by Cancer Patients and Their Families in order to Live Way They Want While Having Cancer. 17th International conference on Cancer Nursing,2012.
  7. 佐藤まゆみ,佐藤禮子,小澤桂子,他:がん化学療法に伴う貧血アセスメントツールの有用性に関する研究 その1がん化学療法患者のセルフケアにおける有用性.第26回日本がん看護学会学術集会,2012.
  8. 高山京子,佐藤禮子,森文子,小澤桂子,佐藤まゆみ,他:がん化学療法に伴う貧血アセスメントツールの有用性に関する研究 その2看護師によるケア提供のための活用.第26回日本がん看護学会学術集会,2012.
  9. 佐藤まゆみ,広瀬由美子,浅井美千代,他:終末期がん患者への在宅緩和ケア移行支援に関する病院看護師の知識獲得状況.第25回日本がん看護学会学術集会,2011.
  10. Mayumi Sato, Mariko Masujima, Junko Shibata, et al:Consideration Points on Administering the Support Group for the Reccurent Breast Cancer Patients.16the International Conference of Cancer Nursing,2010.

▶研究助成

代表者として取得

  1. 令和2年度科学研究費補助金基盤研究(B)「がん患者の主体性を育み活用できる外来看護師育成プログラム:普及性向上のための改善」(2020年〜2022年)
  2. 平成27年度科学研究費補助金基盤研究(B)「外来通院がん患者の主体性を活かして行う実践のための外来看護師育成プログラムの洗練」(2015年〜2018年)
  3. 平成22年度研究費補助金基盤研究(B)「がん患者の主体性発揮を促進・活用する外来がん看護実践者の能力育成プログラムの開発」((2010年〜2013年)
  4. 平成15年度科学研究費補助金基盤研究(C)「再発乳がん患者のQOLを高めるためのサポートグループプログラムの開発に関する研究」(2003年〜2006年)
  5. 平成10年度科学研究費補助金奨励研究(A)「乳房温存療法をうけた患者の術後1年間における心理的苦悩の変化に関する研究」(1998年〜1999年)
  6. 平成8年度科学研究費補助金奨励研究(A)「乳房温存術をうける患者の心理的苦悩と看護援助に関する研究」(1996年)

分担者として取得(主なものを記載)

  1. 平成30年度科学研究費補助金基盤研究(C)「緊急に人工呼吸器を装着した患者へのコミュニケーション支援に関する国際比較」(2018年〜2021年)
  2. 平成30年度科学研究費補助金基盤研究(C)「フライトナースの臨床判断力の強化を支援するシミュレーション教育プログラムの構築」(2018年〜2020年)
  3. 平成30年度科学研究費補助金基盤研究(C)「骨転移に放射線治療を受けるがん患者の至適生活を支援する看護プログラムの洗練」(2018年〜2021年)
  4. 平成26年度研究費補助金基盤研究(C)「乳がん患者の療養を支援する外来看護相談支援プログラムの構築」(2014年〜2017年)
  5. 平成26年度研究費補助金基盤研究(C)「ICU看護師の臨床判断能力を育成するシミュレーション教育方法の実施と評価(2014年〜2017年)
  6. 平成23年度研究費補助金基盤研究(C)「自己評価に基づく自施設完成型教育担当者育成プログラムの洗練」(2011年〜2013年)
  7. 平成23年度研究費補助金基盤研究(C)「ICU看護師の臨床判断能力を育成・開発するためのシミュレーション教育方法開発」(2011年〜2013年)
  8. 平成20年度研究費補助金基盤研究(C)「新人看護師教育におけるプリセプター支援担当者育成プログラム開発」(2008年〜2010年)
  9. 平成20年度研究費補助金基盤研究(B)「乳がん患者のサポートグループの効果をたかめるプログラム構成と有効性に関する研究」(2008年〜2011年)
  10. 平成18年度研究費補助金基盤研究(B)「外来通院がん患者の主体性を育成・支援する看護実践能力および外来看護実践方法の開発」(2006年〜2008年)
  11. 平成18年度研究費補助金基盤研究(B)「がん患者の主体的療養を支援する外来看護モデルの外来看護実践への適用に関する研究」(2003年〜2005年)
  12. 平成11年度研究費補助金基盤研究(B)(2)「癌患者の主体的療養を支援するための外来看護モデルの構築に関する研究」(1999年〜2002年)
  13. 平成8年度研究費補助金基盤研究(C)「日本における癌看護研究の動向と今後の課題」(1996年〜1998年)