分野紹介

小児看護学分野

小児看護学

子どもの成長発達、子どもと親・家族の関係、子どもを取り巻く環境に関する理論について学際的に学ぶとともに、子どもおよび子どもの生活に関する最新の知見について探究しています。保健医療・福祉・教育における小児看護学の役割と機能について理解するために、社会におけるサポート・システムについて概観し、あらゆる健康レベルに応じた子どものサポート・システムの動向について学びます。また、小児分野の看護実践に関する理論や論文を通して家族および個人中心型医療における科学的・効果的な看護実践方法について追求しています。

小児分野における看護専門職として、専門的かつ高度な看護実践方法を展開するための関係職種との連携、ケアシステムおよびケアマネージメントにおける看護専門職者の役割と社会資源の開発について探究します。また、フィールドワークを通して小児看護実践の現状を分析し、看護専門職の課題および期待される役割について追及しています。当分野では、小児看護CNSコースを開講し、高度医療および地域医療において、複雑な問題を抱える子どもと家族への看護実践を通して、小児看護CNSとして独立した活動のための高度な看護実践能力を修得します。小児看護実践における問題および課題に関する検討から見出された研究課題に沿って研究を遂行し、看護実践において必要な研究能力を養います。

一方、修士課程において国内外の文献検討を基に自己の研究課題を明らかにし、課題に即して帰納的質的もしくは量的な研究方法を選択して論文を作成しています。

担当教員

氏名 区分 博士前期課程 博士後期課程 E-Mail
浦安キャンパス
伊藤 龍子
いとう りゅうこ
教授 特別研究指導
課題研究指導(CNS)
研究指導 r-ito@
西田 みゆき
にしだ みゆき
先任准教授 特別研究指導
課題研究指導(CNS)
研究指導 mnishida@
込山 洋美
こみやま ひろみ
講師 講義担当 hkomiyam@
三島キャンパス
川口 千鶴
かわぐち ちづる
教授 特別研究指導 ckawagu@

※E-Mailの@以降は「@juntendo.ac.jp」を加えてください。

担当科目

博士前期課程(修士課程)

  • 小児看護学特論Ⅰ(小児看護対象論)
  • 小児看護学特論Ⅱ(小児サポートシステム論)
  • 小児看護学特論Ⅲ(小児援助方法論)
  • 小児看護学特論Ⅳ(小児高度看護実践論)
  • 小児看護学特論Ⅴ(小児疾病病態論)
  • 小児看護学実習Ⅰ(CNS役割・機能実習)
  • 小児看護学実習Ⅱ(小児診断・治療実習)
  • 小児看護学実習Ⅲ(統合実習)
  • 演習
  • 演習(小児看護CNS)
  • 特別研究
  • 課題研究(小児看護CNS)

博士後期課程

  • 小児看護支援開発特論
  • 看護学演習
  • 看護学特別研究

pagetop

大学院の研究論文テーマ一覧

修了年度 論文テーマ
博士論文
平成29年度 幼児後期および学童期の子どもの強みを引き出す看護実践プログラムの開発
修士論文
平成28年度 幼児期のきょうだいをもつ気管切開児の母親が捉える安全な在宅療養生活への配慮
平成27年度 広汎性発達障害児の母親が自己肯定感を抱く経験とそのプロセス
平成27年度 アドレナリン自己注射薬を管理する保育所および幼稚園の食物アレルギーに対する管理体制-米国疾病管理予防センターのガイドラインを用いた提言-
平成25年度 医療的ケアを必要とする子どもの家族へ在宅移行支援を行う看護師の困難
(課題研究)
平成24年度 看護師のプレパレーション実践に対する意識の変化
-看護師への教育プログラムの実施から- (課題研究)
平成23年度 軽度発達障害児をもつ母親の育児上の体験に関する質的研究
平成20年度 採血を受ける幼児のケアにおける看護師の思い、意識、行動
-子どもの権利の視点から-
平成20年度 小児科外来で点滴を受ける子どもへの説明に対する母親の思いと期待