センター概要

目標

「特定機能病院」として最先端の医学・医療技術を安全に提供する病院を目指しています

目標

患者さん中心の医療を目指し、最新・最高の設備・機器と先進医療システムを進めています。また、全スタッフが医学と医療技術の発展に貢献するという意識をもって診療に当たり、社会に最善の医療・サービスの提供を目指しています。現在36診療科を擁し、2,000名の職員が皆さんのご期待に応えたいと医療とケアに専念しています。

組織・体制図

組織・体制図

がん治療センター センター長
  加藤俊介  教授 腫瘍内科科

がん治療センター 副センター長
  水嶋章郎  教授 緩和ケア科
  笹井啓資  教授 放射線科
  寺尾泰久  教授 産科・婦人科

当院のがんに関する診療機能や診療実績、地域連携に関する実績や活動状況の他、がん患者さんの療養生活の質について把握、評価し、課題認識を院内関係者で共有した上で、組織的な改善対策を実施しています。がん治療センター内委員会だけではなく、院内の各種会議等で評価改善活動を行っています。
その他、東京都のがん診療連携協議会や評価・改善部会等で、東京都がん診療連携拠点病院等と情報共有や相互評価を行っています。

PDCA

各実績に関しては、各部門のページをご覧下さい。