東京都医療連携手帳

順天堂医院では、医療連携の適した患者さんに、安全で質の高い医療を切れ目なく提供するため、5大がん(肺がん・胃がん・肝がん・大腸がん・乳がん)および前立腺がんの地域連携クリティカルパス「東京都医療連携手帳」を利用して、地域の医療機関との連携を図っています。

東京都医療連携手帳(がん地域連携クリティカルパス)とは

がん患者さんが、手術など専門的な治療を行った後に使用するもので、患者さんの5年ないし10年先までの診療の計画を立てたものを、1冊の手帳にまとめたものです。
また、他の医療機関を受診する際に、診察する医師が手帳から患者さんの病状やこれまでの診療状況を把握することができ、迅速で適切な対応が可能になります。

手帳を利用した医療連携のイメージ図

「東京都医療連携手帳」を利用し、地域の医療機関との連携を図っています

手帳を使うことによる利点

  • ①診察予定表により、「いつ」「どこで」「どんな」検査や診察を受ければよいかが分かります。
  • ②医療機関同士が患者さんの治療経過を共有できるので、より適切な診療が可能になります。
  • ③診療情報の共有により、連携医療機関(かかりつけ医)の診療を安心して受けることができ、 通院時間や待ち時間が短縮し、通院の負担が軽減されます。

5大がんおよび前立腺がんの東京都医療連携手帳

東京都PSA手帳について(参考)

前立腺がんの地域連携クリティカルパスに加え、前立腺がんが疑われ、精密検査の結果、がんなしと診断された方を対象としたものです。