がん医療の要点

1.外来化学療法患者さんが自宅にいながら比較的自由に社会生活を維持され、本格的な治療が受けられます。
2.専門医によるチーム医療
(集中治療)
各領域の専門医が最新の技術と知恵をもって患者さんに安全でベストな治療をチームで行います。
3.がんの早期発見がんの発見は、患者さんの身体の異常から始まります。自覚的な異常や他覚的な異常を専門的に診て、常にがんの早期発見に力を注ぎます。
4.がん登録各種がんの発生状況や治療成績を基に、治療法の検討やがんによる死亡率を減少させるため、国立がん研究センターが中心となって院内がん登録が行われています。当センターでも医師と専任の事務職員が登録の作業に当たります。個人情報の保護については、万全を期して守ります。
5.緩和ケアがんの治療を受けながら、その人らしい生活が継続し、QOL(生活・生命の質)を高められるよう支援します。そのために、がん治療の専門診療科とともに、痛み、嘔気嘔吐・息苦しさなどの身体症状の緩和や、不安やイライラなどの心のケア、家族の方からの相談、在宅ケアや緩和ケア施設など療養場所に関する相談などをお受けし対応します。