第2回市民公開講座 報告

講演2:胃癌にならないために、胃癌になったら

平成20年11月28日(土)、がん治療センター・がん生涯教育センター主催の「第2回・市民公開講座」が有山登記念館において開催されました。
当日は土曜日で晴天にも恵まれ、たくさんの市民の皆様に参加していただきました。
今回は、放射線科・齋藤アンネ優子医師による「日米の放射線医療、医療費や医療制度の違い」と消化器内科・永原章仁医師による「胃癌にならないために、胃癌になったなら」の2講演でした。参加された皆様には「わかりやすかった」と大変ご好評をいただき、質疑応答も活発に行われていました。当日の講演映像と質疑応答を当ホームぺージに掲載しますので、どうぞご覧ください。

この「市民公開講座」は、今後も年に2回の開催を予定しております。"がん"についての情報や治療方法など、市民の皆様にわかりやすく、気軽にご参加いただける講座を目指しています。是非、お役に立てていただきたいと思います。
次回は、平成21年4月18日(土)開催予定です。皆様お誘いあわせのうえ、ご参加いただけますようお待ちしております。

第2回市民公開講座
第2回市民公開講座
第2回市民公開講座
第2回市民公開講座