第13回市民公開講座 質疑応答:講演1

講演1:将来母になるために~妊孕能温存のための卵子・卵巣凍結~

術後妊娠した場合、がん患者であった母体のがん細胞の遺伝子を受け継ぎやすいのでしょうか。

難しいご質問だと思います。ただ、遺伝性のがんであるかどうかが問題だと思います。その方が、がんであったかどうかが問題ではなく、母の遺伝子の半分は子に引き継ぐわけですから、資質や体質は、受け継ぐことになると思われます。ただし、それは、凍結保存とは直接関係はないこととなります。

卵巣凍結と、凍結した卵巣を体内に戻す治療にかかる費用はどの程度でしょうか。
保険外ということですが、トータルでいくらかかるのでしょうか。
卵子保存、卵巣保存の費用はどの程度でしょうか。保険適用はありますか。

現時点で、この治療法には、医療保険が適応されません。よって、自費の診療となっております。順天堂においては、全身麻酔下の2泊3日の腹腔鏡下手術で卵子・卵巣ともに凍結保存した場合、2年間の保存期間を含めて、約80万円になると思います。
移植に関しては、通常の腹腔鏡下手術に準じた自費治療に換算し、50万円ほどで行っております。

凍結した卵巣はどの程度(期間)有効でしょうか。

物理的な保存可能期間は、千年を越えます。例えば、すでに海外では一般的に行われている卵子提供の場合、ホルモン補充を行えば、閉経後でも妊娠は可能となります。しかしながら、私達の倫理委員会の規定では、ご本人のご年齢が、通常の妊娠が難しい年齢に達した時点で、卵子・卵巣は廃棄させていただくこととしております。
生殖医学会では、45歳ほどまでにするべきである、という意見があります。

家系的にがん家系の場合、一定年齢の時(25歳ぐらい)で保存は出来るのでしょうか。

理論的には可能ですが、私達の倫理委員会の規定では、あくまで、「化学療法や放射線治療の副作用により卵巣機能の廃絶が予測される患者」を対象としております。

卵子・卵巣凍結は、がんの部位に関わらず可能なのでしょうか。

化学療法や、放射線治療の副作用による卵巣機能廃絶回避のために行いますので、それに該当すれば、部位に関しての制限はありません。しかしながら、卵巣がんなど、卵巣そのものに悪性腫瘍細胞が混入している場合は、難しいと思われます。

全身性の疾患では卵子・卵巣凍結をするほうが良いとのお話でしたが、それは膠原病のSLEにも適応するのでしょうか。

卵巣機能に影響を及ぼすような化学療法を行わなければならない疾患であれば、SLEなども適応となります。

健康な女性が安全に出産を臨める年齢を教えてください。(がん治療は数年から十年間くらいかかるため)

35歳以上は、高年妊娠となるため、理想的にはそれまでご出産すべきでしょう。ただ、治療期間を考慮した場合は、それは非常に難しいと思われます。遅くても45歳までには出産を終了できればよいのではないでしょうか?

妊孕能温存したがん女性が、妊娠する時に考えるべきリスクはなんでしょうか。(例えば、ホルモン依存症のがん女性の場合)

乳がんなど、ホルモン依存性疾患の場合のことを想定されているのだと思われます。治療経過にもよると思われますので、原疾患の担当医と相談し、慎重に対応させていただくようにしております。

現在子宮筋腫手術の為、ホルモン治療中。卵巣凍結を治療前に希望したかったが未婚では難しい(受精卵凍結のため)と言われました。現在も未婚で40歳を超えてしまいました。妊娠の可能性を信じて筋腫の手術を受けることにしましたが、卵子凍結をお願いすることは可能でしょうか。
卵子・卵巣凍結は40歳でも希望すれば可能でしょうか。年齢制限はありますか。

生殖医学会では、40歳までに凍結保存、45歳までに使用すること、とされております。残念ですが、40歳を超えてしまった場合、凍結自体は可能かもしれませんが、妊娠の能力が著しく低下していることが予想されるため、残念ながら、妊娠・出産に結びつかない可能性が高くなります。

化学療法開始(1回)後でも治療は可能でしょうか。

使用された治療薬の種類にもよりますが、化学療法薬の容量依存的に卵巣機能は低下するため、一度のみであれば、十分機能が残っている可能性もあります。採血(AMH)などの検査を行い、機能が残存しているようでしたら、積極的に保存すべきと思います。