診療体制について

がん治療センターは、主に以下の3部門を柱としています。

がん治療センター3つの部門

外来化学療法室

外来化学療法室は

自宅で過ごしながら通院し点滴治療を行う場所です。専任の看護師が常駐し、少しでも快適な環境で治療を受けて頂くことを目指し点滴治療のサポートを行っています。また、治療に伴う副作用症状を適切な指標(CTCAE:有害事象共通用語基準)を使用して評価し、その結果を各担当診療科医師、看護師等と共有し、副作用症状の軽減に努めています。

緩和ケアセンター

がん治療を受けながらQOL(生活・生命の質)を高め、その人らしい生活が送れるよう支援します。入院では、がん治療医とともに、緩和ケア専門の医師、看護師、心理士、薬剤師で構成されている緩和ケアチームで緩和ケアを行っています。

患者相談室(がん相談支援センター)

がん治療中に生じるあらゆる心配事(日常生活、不安、治療や副作用、辛い症状、今後どうなっていくのか・・など)についての相談を内容に応じて看護師、心理士、薬剤師、医学物理士が担当します。がんに関する疑問や相談ごとについてお気軽にご相談下さい。