山髙副センター長挨拶

山髙篤行
小児外科・
小児泌尿生殖器外科

教授
山髙篤行

順天堂大学小児外科・小児泌尿生殖器外科は、昭和43年日本の医育機関で最初の小児外科学講座として誕生し、以来、我が国の小児外科のリーダーシップをとり、診療・研究・教育に大きく貢献しております。
当科では、日本小児外科学会認定指導医のもと、最先端の医療技術を用い、かつ安全・確実な治療を行っております。生まれたばかりの新生児から学童期までの患児を主な対象として手術を行っておりますが、年間総手術数約1200例、新生児手術数約60例は本邦有数を誇ります。従いまして、当センターの小児外科医・小児科医・産婦人科医は、様々な小児外科・小児泌尿生殖器外科疾患に精通しております。また、同様の理由で麻酔科医も、新生児・小児麻酔の豊富な経験を有しているため、当院では手術時も安全な麻酔が行われております。
腹腔鏡・胸腔鏡手術、並びにダヴィンチロボット支援下手術などが数多く行われており、新生児・小児に対する手術が低侵襲になる様、配慮しております。また、診療は24時間体制となっており、当直医・上級医・学会認定指導医の3人体制で常時臨んでおります。従いまして、より確実な診断、より安全な手術が提供できるものと考えております。
今回小児医療センター開設を機に、小児科並びに各関係診療科との協力体制を一層強化し、手術を必要とする小児およびその御家族の支援に貢献させて頂きたいと考えております。