診療科概要

大腸・肛門外科の歩み

順天堂医院は、始祖の佐藤泰然以来、外科系が主流となり、医専、医科大学、大学医学部と伝統は受け継がれています。

外科の基礎は昭和27年、第一外科として故福田保教授に始まります。そして昭和42年、胃がん手術で有名な故村上忠重教授、昭和48年、胃内視鏡の創始者の一人であった城所仂名誉教授、昭和62年 榊原宣名誉教授、平成10年1月より鶴丸昌彦教授、鎌野俊紀教授の体制となりました。

その後の外科学教室の臓器別再編に伴い、平成15年4月より、鎌野教授のもと大腸・肛門外科学として、より専門的診断治療・研究に取り組んできました。
そして、平成21年1月から、坂本一博教授を中心に、大腸肛門疾患の他、ヘルニア疾患を含めた一般消化器外科の診療を行っております。