研究

現時点での最良の治療法を提供することはいうまでもありませんが、将来に向けててんかんの病態や効果的な治療方法などを研究していくことは、大学病院であり、てんかんセンターである私たちの使命であると考えます。

研修プログラムおよびカンファレンス
毎週木曜日17:45-18:30で行っています。
参加者:脳外科、脳神経内科、小児科、メンタルクリニック、脳波技師、ME、看護師、神経心理士
毎回1~3名の症例検討および学会発表の予演、今後の研究についての議論を行っています。
参加される先生はオープンカンファレンスですので、てんかんセンター 脳神経外科 菅野にお問い合わせください。