診療方法について

お薬による治療、手術による治療のどちらか一方だけの治療にこだわることなく、各々の患者様に適切な治療を選択する方針です。また、順天堂てんかんセンターのみでは治療が困難と思われる患者さんには、他施設と協力をして診療を進めます。
治療方針が決定し、ご自宅の近くに我々のグループ病院がある場合には、そちらでの治療の継続をお勧めします。発作が再度出たり、その他の問題が起きた場合には、主治医とてんかんセンターが連携をして、検査や治療の再検討を行います。

基本的に検査は外来通院で行います。
小児や遠方からの患者さまの場合は入院検査を検討します。検査入院期間は5~10日です。