診療科概要

順天堂医院眼科の歴史

順天堂の前身は、始祖の佐藤泰然(1804~1872)が天保9年(1838)に両国橋の薬研堀に開いた蘭学塾にさかのぼります。その後、新たに佐倉の地に塾を開いて順天堂と号したのが天保14年(1843)のことであり、170年以上の歴史があります。

昭和18年に佐藤勉が初代眼科教授に就任し、近視眼や乱視眼に対して角膜前後面切開を行ったこの研究は今日の屈折矯正手術に大きな影響を与えました。昭和27年にはアメリカで開発されたコンタクトレンズをわが国で最初に導入しています。

昭和35年に教授に就任した中島章は、眼球銀行協会の設立にも努力し、昭和38年わが国で最初に順天堂アイバンクが許可され角膜移植手術は多くの症例を手がけています。

平成元年に金井 淳が教授に就任し、研究テーマは角膜や網膜疾患の分子遺伝学的研究、免疫抑制剤の点眼への応用とアレルギー疾患への研究、エキシマレーザーによる屈折矯正手術、コンタクトレンズ、スポーツ眼科など多岐に亘るようになりました。

そして、平成15年1月より現教授である村上 晶が教授に就任し、現在では、今までの数多くの研究テーマを継承および発展しながら日々新しいことに目を向け、臨床についても附属病院、関連病院と連携をとり、患者さんへ専門性の高い診療を行いながらさらに若手医師の指導にも力を入れています。

また、昭和55年から平成28年まで眼科学教室内にWHO指定西太平洋地区失明予防協力センターが設置されグローバルな失明予防活動・研究を行ってきました。現在もその伝統を受け継ぎ国内外において視覚障害に関連する公衆衛生活動・研究を幅広く行っています。

関連病院について

関連する附属病院としては、御茶ノ水の順天堂医院の他に順天堂大学浦安病院【千葉県浦安市:海老原伸行教授】、順天堂大学静岡病院【静岡県伊豆の国市長岡:太田俊彦教授】、順天堂東京江東高齢者医療センター【東京都江東区:小野浩一准教授】、平成17年7月東京都練馬区に開院致しました順天堂大学練馬病院【東京都練馬区:横山利幸教授】があります。附属病院全体で年間約6,000件以上の手術を行っています。