診療科概要

1903年(明治6年)皮膚泌尿器科として発足し、2003年に開設100周年を迎えた順天堂大学皮膚科は、 皮膚科学教室としては国内有数の規模を誇り活発に活動が行われています。「難治性皮膚疾患の病態と治療」をテーマとして診療・教育・研究において活発に活動を行っています。

入院は病床数22床で、年間入院患者数は平成22年には382名でした。天疱瘡などの血漿交換療法、アトピー性皮膚炎・汎発性脱毛症・尋常性乾癬の光化学療法、良性及び悪性腫瘍の手術、悪性腫瘍の化学療法、白斑に対する植皮術、先天性表皮水疱症及び難治性皮膚潰瘍に対する植皮術、重症型薬疹に対する血漿交換療法など、様々な難治性皮膚疾患に対する先進的な診療を行っています。