放射線科医師募集について

はじめに

1895年にX線が発見されて以来、110年余りの年月が経ちました。
医療における放射線は、より広く診断や治療に活用されており、もはや現代医療に不可欠なものとなっています。
放射線科では、いわゆる放射線診断・治療のみならず、MRIに代表される磁気を用いた検査や、超音波を用いた超音波断層検査なども行っています。放射線治療に関しても、コンピュータを応用したより精密な照射による治療法が選択できるようになっています。
わが国では放射線科医は十分に認知がされているとは言い難く、まだまだ不足しており、各種診断装置・治療装置の普及に追いつかないのが現状です。これは逆に、我々放射線科医にとって活躍のチャンスが多いということを意味しています。
画像診断に少しでも興味のある人や、がんの最先端医療の担い手となっている放射線治療に携わってみたい人は、是非門戸を叩いてみてください。

いつでも我々は君達を待っています。

順天堂大学 放射線科医師募集

1)医療施設名

順天堂大学 放射線医学教室
勤務地:本院を含めた附属5病院(順天堂医院浦安病院練馬病院静岡病院江東高齢者医療センター

2)施設の概要

学祖・佐藤泰然の「仁」の理念に基づき、高度先端医療と地域への貢献に取り組む179年の歴史を誇る大学附属病院です。特定機能病院である順天堂医院(本院)をはじめ6病院で約3200床を有しています。詳しくはホームページ(http://www.juntendo.ac.jp/)をご覧下さい。
本院の機器はMRI 5台(うち3T装置3台)、CT 5台、PET-CT2台、シンチカメラ2台、血管撮影装置4台(うち心カテ用2台)、放射線治療4台(高精度治療専用機含む)、RALS装置1台などで、診断治療ともに豊富な症例数を誇ります。

3)募集対象

放射線科常勤医師:診断(含む核医学)/治療とも若干名
経験不問、45歳くらいまで

4)診療内容

現在医局には52名の医師(うち専門医27名)が在籍し、本院には26名(教授5、准教授5、助教3、助手10、大学院生3)おり、画像診断、放射線治療、IVR(心臓を除く)全般に従事しています。4病院で電子カルテ化、5病院でRISが整備されております。

5)身分、待遇

放射線科専門医育成コースのカリキュラムに従います。大学院コースと専門医・専攻生コースがあります。

6)問い合わせ

下記まで電話かE-mailでお問い合わせ下さい。
Tel: 03-3813-3111(内線5682)
E-mail:radio@med.juntendo.ac.jp
担当:白石 昭彦(医局長)