後期臨床研修プログラム

はじめに

1895年にエックス線が発見されて以来、120年程の年月が経ちました。
医療における放射線は、より広く診断や治療に活用されており、もはや現代医療に不可欠なものとなっています。
放射線科では、いわゆる放射線診断・治療のみならず、MRIに代表される磁気を用いた検査や、超音波を用いた超音波断層検査なども行っています。放射治療に関しても、コンピュータを応用したより精密な照射による治療法が選択出来るようになっています。
我が国では放射線科医は十分に認知がされているとは言い難く、まだまだ不足しており、各種診断装置・治療装置の普及に追いつかないのが現状です。これは逆に、我々放射線科医にとって活躍のチャンスが多いということを意味しています。
画像診断に少しでも興味のある人や、がんの最先端医療の担い手となっている放射線治療に携わってみたい人は、是非門戸を叩いてみてください。

いつでも我々は君達を待っています。

放射線科に入局後の卒後教育カリキュラム

放射線科専門医育成コース

順天堂大学放射線医学講座は、日本医学放射線学会、日本放射線腫瘍学会、日本IVR学会、日本核医学会、日本超音波医学会の認定施設であり、これらの学会の専門医、認定医の取得を目指します。

【専門医コース】

  • 初期臨床研修医(2年間)修了後、所属(入局)します。放射線科後期研修(3年間)は、熟練した指導医(専門医)のもとで、放射線医学(診断一般、放射線腫瘍学、核医学、IVR)に関する技能と知識を修得するための研修を、原則として附属病院で行います。
  • 放射線科後期研修(3年間)修了後、日本医学放射線学会専門医試験を受験します。
  • その後2年程度は附属病院や関連病院に勤務します。専門医試験合格後2年間研修した時点で、日本医学放射線学会診断または治療専門医試験を受け、日本医学放射線学会診断または治療専門医を取得します。
  • 6年目からは、各自希望の専攻(subspeciality)を選択します。
    1. 放射線科専門医研修(3年間、順不同)
      本郷(本院)(一般、神経、治療、血管造影)、浦安、静岡、高齢者、練馬の附属病院を3ヵ月単位でローテーションし、研修。
      それぞれ特色のある附属病院をローテーションすることで、症例や検査内容の偏りなく研修できます。
    2. 日本医学放射線学会専門医試験受験(入局4年目の夏)
    3. 附属病院・関連病院研修(放射線科専門医研修修了後2年間)
      附属病院や関連病院に勤務
      後期研修で培った知識と技術の実践・向上
    4. 専門医試験合格後、2年間研修した後に日本医学放射線学会診断、または
      治療専門医試験受験、日本医学放射線学会診断または治療専門医取得
    5. 各自の専攻(subspeciality)を活かし、更なる専門医・認定医・指導医を取得
      • それぞれの研修期間に多少の延長・短縮は起こり得ます。
      • 日本医学放射線学会の専門医制度は平成25年度時点(第7回改訂平成21年5月1日)に基づいて、記載しています。

【大学院コース】

  • 初期臨床研修医(2年間)修了後、所属(入学)します。入局後、専門医コースの途中で入学することも可能です。
  • 入学時に研究テーマと指導教官を決定し、卒業に至るまで指導を受けます。
  • 定期的なカンファレンスを行い研究の進行状況を把握します。研究成果を段階的に学会・研究会などで発表し、研究を着実に進めていきます。
  • 放射線科専門医研修(3年間)修了後、日本医学放射線学会専門医試験を受験します。
  • 専門医試験合格後、2年間は本郷(本院)を中心に附属病院で研修します。その後、日本医学放射線学会診断または治療専門医試験を受け、日本医学放射線学会診断または治療専門医を取得します。
  • その他、専門医コース同様、自分の専攻(subspeciality)に合わせて各種専門医・認定医を取得します。
  • 研究活動と同時に臨床面でもリーダーシップをとるべく研鑽させ、大学院終了後の指導者・教員としての資質を獲得させるよう努めます。
    1. 放射線科専門医研修(大学院1、2、3年生)
      本郷(本院)を中心に附属病院で研修
      【上記研修期間内に、テーマに基づいた研究を行う】
    2. 日本医学放射線学会専門医試験受験(大学院4年生の夏)
    3. 附属病院研修、研究の完成と学位申請(大学院4年生)
      本郷(本院)を中心に附属病院で研修
      放射線科専門医研修で培った知識と技術の実践・向上
      【指導教官の指導のもと、研究論文を完成】
    4. 専門医試験合格後、2年間研修した後に日本医学放射線学会診断、または
       治療専門医試験受験、日本医学放射線学会診断または治療専門医取得
    5. 各自の専攻(subspeciality)を活かし、更なる専門医・認定医・指導医を取得
      研究テーマや専攻により、それぞれの研修期間に多少の延長・短縮が起こり得ます
    6. 研究テーマと指導教官

○ 神経放射線診断学コース(指導:青木教授)

中枢神経系はCT, MRIの臨床応用が最初に始まったことからも分かるように、技術の応用がまずこの分野からはじまることが多いです。CT, MRIによる精緻な解剖情報から機能局在により脳の機能にせまるだけでなく、functional MRIや核医学検査により直接脳機能の研究も行えます。そのため、高次脳機能研究での役割は大きいです。臨床研究での種々の疾患の画像解析のみならず、画像を用いた脳科学としての研究が広く行えるのがこのコースの特徴です。とくにMRIの拡散を用いた臨床研究では世界的にも第一線の水準で、東京大学、日本大学、東邦大学、大阪大学、千葉大学、九州大学、国立精神神経センター、放医研、都立長寿医療センターなど多くの施設と人的交流や共同研究を行っています。また、順天堂大学附属病院の豊富で多彩な疾患を経験することで、神経関係の臨床スキルも得られます。
現在の主たる研究テーマは、以下の通りです。

  1. 拡散テンソル画像DTIの臨床応用
  2. 拡散MRIの非ガウス分布による解析
  3. CT三次元画像表示と四次元への発展性
  4. Functional MRIによる脳機能解析
  5. MRI拡散強調画像の脊髄への応用
  6. 血管壁のMRIによる評価とMRIを用いた血流解析
  7. 難治性てんかんのIMZ-SPECTによる診断
  8. MRIの新撮像法(SWI等)の臨床的有用性
  9. MRI Perfusion Imageを用いた局所脳循環解析

○ 一般放射線診断学コース(指導:桑鶴教授)

解剖学的構築の把握を重視し、病理所見との対比をつぶさに行う、臨床画像診断の真髄に迫るような研究に取り組みます。
現在の主たる研究テーマは、以下の通りです。

(臨床研究)

  1. 腹部非造影MRA開発 特に肝動脈描出能について
  2. 子宮動脈 非造影MRAと血管造影における描出能の比較検討
  3. IVR(血管内治療)術別シュミレーションモデルの有用性について
  4. IVR(血管内治療)後の非造影MRAの有用性の検討(CTと比較)
  5. 超音波による肝機能評価
  6. 3TMRIによる乳腺画像診断
  7. 肝臓EOB造影検査のサブトラクション法
  8. 子宮のDTI関連 拡散テンソルトラクトグラフィを用いた子宮筋線維走行評価

(基礎研究)

  1. μCT血管造影法を用いた脂肪組織幹細胞による血管新生効果の3次元解析
  2. その他、脂肪組織幹細胞を用いた研究

○ 放射線腫瘍医コース(指導:笹井教授)

本コースの目的は放射線腫瘍学の専門医としての論理的思考法を習得し、放射線腫瘍学の発展に寄与する研究者を育成する事です。腫瘍学や病理学・放射線物理・生物学的素養を培い、視野の広い人材育成をめざします。
現在の主たる研究テーマは、以下の通りです。

  1. 放射線治療効果予測法の開発に関する研究
  2. 放射線効果の薬剤による修飾法の研究
  3. 乳房温存療法の乳房照射における最適照射法
  4. 画像ガイド下での前立腺癌に対する強度変調放射線療法に関する研究
  5. 食道癌に対する化学療法併用放射線治療に関する研究
  6. 前立腺癌に対する組織内照射の最適化に関する研究
  7. 画像ガイド下での早期肺癌に対する定位放射線治療に関する研究

○ 医学物理士コース(指導:笹井教授、杉本助教、黒河助教、臼井助手)

本コースの目的は、学術的教育に加え、放射線治療の臨床業務の実践的教育を通し、放射線治療の発展に貢献できる医学物理研究者を育成することです。卒業後には、放射線治療における品質管理と治療技術向上に向けた研究開発を行うことができる医学物理士として、臨床現場の即戦力となることをめざします。
現在の主たる研究テーマは、以下の通りです。

  1. Cone Beam CTを用いた高精度位置照合に関する研究
  2. リニアックコミッショニングに関する研究
  3. IMRT・VMAT治療計画検証に関する研究
  4. X線、粒子線、中性子線線量計算の高速化に関する研究
  5. EPIDを用いた4D in vivo線量評価の研究
  6. 全身照射線量評価の研究(測定、モンテカルロ計算)
  7. 小照射野の出力係数の評価(測定、モンテカルロ計算)