めまい(良性発作性頭位めまい症)

めまいと一口に言ってもその症状は様々です。ぐるぐる回転するようなめまい、フワフワするような浮動感、一時的なチラチラ(一過性動揺視)、足元のふらつき(不安定感)、目の前が真っ暗になる眼前暗黒感や立ちくらみ等々多種多様です。回転性のめまいは耳(内耳)の病気で起こることが多く、非回転性のめまいは脳の病気でおこることが多いと言われていますが、症状だけですべてがわかるわけではありません。めまいの原因を明らかにしていくためにも、きちんと検査を行なうことが必要です。下記に代表的なめまいの病気をあげます。

耳(内耳)の病気によりおこるめまい

内リンパ水腫(内耳はリンパ液で満たされていますが、このリンパの増加や排泄障害がおこるとめまいを生じます。) → メニエール病
内耳の器官の一部(耳石)がはがれて浮遊する → 良性発作性頭位眩暈
循環障害やウイルス感染 → めまいをともなう突発性難聴
前庭神経(内耳でとらえた情報を伝える神経)の炎症 → 前庭神経炎
リンパ液の漏れ → 外リンパ漏

脳の病気によりおこるめまい

脳血管の障害 → 脳出血、脳梗塞、椎骨脳底動脈循環不全等
腫瘍 → 聴神経腫瘍、小脳腫瘍等

全身の病気によりおこるめまい

不整脈 → 房室ブロック、心房細動等
血圧の変動 → 起立性低血圧、高血圧等
その他 → 不安、疲労、低血糖、貧血、高脂血症、甲状腺機能障害、自律神経失調等