顔面神経麻痺(リハビリテーションも含め)・顔面痙攣・眼瞼痙攣

顔面神経が麻痺すると片方の顔の動きが悪くなり、目を閉じられなくなったり、食べ物や水が口から漏れたり、味が分かりづらくなったりします。症状と原因にあった治療が必要になります。

顔面神経について

顔面神経は脳から出て側頭骨内を通り、耳の下から出てきて、顔の表情を作る筋肉に分布しています。この経路のうちいずれかが障害を受けると顔面神経麻痺になります。
顔面神経は顔を動かす筋肉に分布しています。その他にも涙や唾液を出したり、味覚にも関係しています。

顔面神経麻痺の症状

顔面の表情運動障害、涙分泌障害、味覚障害などの症状をきたします。
また、ヘルペスウイルスが原因による麻痺の場合は耳や口の中に湿疹ができ痛みを伴い、耳鳴り、難聴、めまいを伴うことがあります。

顔面神経麻痺の原因

  • 中枢性麻痺(脳腫瘍や脳血管麻痺)
  • 末梢性麻痺 ベル麻痺―特発性、原因不明。

ラムゼイ・ハント症候群―ヘルペスウイルスによるもので耳や口の中に湿疹ができ痛みを伴います。
その他、中耳炎、腫瘍、先天性など。

外傷による顔面神経麻痺

事故やけが等による側頭骨(頭がい骨)の骨折により起こった顔面神経麻痺では手術が必要になります。

顔面神経麻痺の検査

聴力検査、血液検査、味覚検査、あぶみ骨筋反射、シルマーテスト(涙の分泌試験)、頭部MRI、ENoG(誘発筋電図検査:顔面神経を刺激し筋電図として記録し左右を比較し、回復に要する時間も判定できます。)等。

顔面神経麻痺の治療

ベル麻痺は麻痺が軽度な場合は外来での内服治療を行いますが、麻痺が高度の場合は現在最も一般的に行われているステロイド大量療法で麻痺の改善を図ります。ラムゼイ・ハント症候群は抗ウイルス薬を併用します。その他、循環改善剤、ビタミン剤を用います。
また、リハビリとして顔の筋肉をほぐし、動きを良くする顔のマッサージも専門家の指導のもとに行います。
必要に応じて顔面神経減荷術という神経の圧迫をとる手術療法を検討します。

形成外科的手術

筋肉のつり上げ手術や目が閉じない場合にゴールドプレートを挿入し閉じるようにする手術も行っています。

治癒率

ベル麻痺 :91%の改善率
ハント麻痺:80%の改善率を認めています。