口蓋、咽頭へんとう肥大

扁桃肥大の意味

扁桃は上気道に位置するリンパ臓器で上皮性リンパ組織と呼ばれます。生理的肥大は扁桃内部で展開される生体に有利な免疫現象の形態表現と考えられます。一方で扁桃はきわめて多くの外来抗原に早期に接触するため広範囲な病原微生物による感染症も成立します。急性扁桃炎や慢性扁桃炎時など扁桃はその生理的機能を逸脱して生体に不利に働く場合もありこれを病的肥大といいます。

症状

口蓋扁桃は4~5歳で肥大し7~8歳で最大となり、12~13歳で縮小し思春期を過ぎる頃には萎縮します。咽頭扁桃(アデノイド)はこれに先駆けて2~3歳で肥大し5歳で最大となり10歳頃までには退縮します。したがって幼児、学童期の扁桃肥大は基本的には生理的肥大であるので通常は臨床症状を伴わず、単に扁桃の肥大をもって手術などの治療の適応になることはありません。しかし肥大が過度になると呼吸障害、嚥下障害をきたし睡眠時無呼吸症候群の原因となり夜尿症、陥没呼吸による胸郭発育異常、肺性心、心不全を生じます。
成人でこれら扁桃の肥大を認める場合には反復感染による急性(習慣性)扁桃炎や慢性扁桃炎や悪性リンパ腫、癌などの腫瘍性病変による病的肥大を考慮する必要があります。
咽頭扁桃(アデノイド)の場合 アデノイドは左右耳管のまんなかにあるので耳管狭窄、
滲出性中耳炎の原因になったり、アデノイドの炎症が耳管経由で中耳に炎症が普及するため急性中耳炎を繰り返したりします。

検査

生理的肥大か病的肥大であるかの判断が必要となります。
視診 生理的肥大、慢性炎症による肥大は両側性です。慢性扁桃炎では扁桃の発赤、膿栓の付着を認めます。片側性の肥大は悪性リンパ腫や腫瘍を疑います。
触診 小児の生理的肥大では柔らかく表面が平滑であるものが多いです。慢性扁桃炎では膿汁の圧出がみられます。成人例では細胞間質、線維性分の増加により硬く、また埋没していることも多いです。
臨床検査 細菌学検査、血清ASO, ASK抗体測定、尿検査による溶連菌感染の関与、病巣感染症の有無の検索。腫瘍が疑われる場合は病理組織学的検査。
その他 いびき、睡眠時無呼吸がある場合にはアプノモニターによる測定と評価。

治療

保存的治療 臨床症状を伴わない生理的肥大は治療の必要はないです。
手術療法 肥大による不利益な臨床症状を来す場合が適応になる。口蓋扁桃摘出、アデノイド切除を行います。