急性へんとう炎

急性扁桃炎は耳鼻咽喉科の日常臨床においてもっともしばしば遭遇する疾患ですが、意外と鑑別を要することも多く、局所的・全身的合併症をしばしば併発します。

原因

口蓋扁桃は他の扁桃組織と比べてその解剖学的特徴から絶えず外来抗原から暴露を受けやすい位置にあることから急性炎症を来しやすいです。咽頭、陰窩に付着した菌が感冒や疲労などによる抵抗力の低下により増殖をきたし、感染症として成立します。起因菌にはレンサ球菌、ブドウ球菌、インフルエンザ菌、肺炎球菌などがあります。小児~青年期に急激な悪寒戦慄を伴う高熱、咽頭痛、嚥下時痛を生じ食事の摂取が困難になります。

所見

病変は通常は左右両側に認められる。扁桃は発赤腫脹し膿栓が付着する。あごの下や首のリンパ節がはれ、痛みを伴います。

診断・検査

診断は自覚他覚所見から容易であるが状態の把握、鑑別診断、治療法の選択のためには次のような諸検査を行う。
細菌学的検査・血液一般検査・血液血清学的検査・尿一般検査

鑑別診断

ウイルスによる扁桃炎

  • 伝染性単核球症 EBウイルス(Epstein-Barr virus)の初感染により生じる扁桃炎。唾液を介して感染する経口感染であることからkissing diseaseともよばれます。抗生剤に反応しない高熱と両側の頸部リンパ節の著明な腫脹を認めます。扁桃には偽膜様の白苔が付着します。肝脾腫や全身に皮疹を認めることがあります。
  • 単純ヘルペスウイルスによる扁桃炎
HSV-1の感染による扁桃炎であるが、感染経路や感染様式の変遷により性感染症としてのHSV-2による扁桃炎もあります。症状は数日間の抗生剤投与で軽快しない高熱と摂食困難をきたす咽頭痛を訴えます。扁桃には白苔を伴う発赤腫脹を呈し口腔咽頭粘膜に多数のアフタを形成し頸部リンパ節の著明な腫脹を伴います。また皮膚や口唇に水疱、痂皮などのヘルペス疹を認めることが多いです。

治療

細菌性の場合にはペニシリン、セフェム系抗生剤を中心とした治療を行います。疼痛・発熱については非ステロイド性消炎鎮痛剤を使用し、症状が高度で摂食困難、脱水、肝機能障害などを来す場合には入院の上補液を行います。伝染性単核球症の場合、ペニシリン系抗生剤の使用は皮疹の出現、肝機能障害の増悪を来すことがあり使用しません。抗ウイルス薬(アシクロビル)は効果が認められないため、対症的な保存的治療が中心となります。