メニエール病

概要

メニエール病は、聴覚や平衡感覚をつかさどっている内耳がむくんでしまうことで引き起こされます。これを内リンパ水腫と言います。内リンパ水腫は30〜50歳代の女性に多くみられ、過労や睡眠不足、ストレス、他に悪天候などが引き金となり症状が現れることが多いと言われています。めまいと共に難聴が出現することが診断の条件の1つであり、知名度ほど頻度としては高くありません。

症状

主に聴覚症状の他、めまい症状が引き起こされます。
聴覚:耳鳴り・難聴・耳閉感などが片方の耳に生じますが、症状が進行すると両側に生じる場合もあります。
平衡感覚:10分〜数時間続く回転性のめまい(グルグルめまい)と、それに伴った気分不快・嘔吐を生じる場合があります。ただし意識障害や麻痺などの症状はみられず、この場合は小脳梗塞など、頭の中の疾患を考えます。

検査

聴覚や平衡感覚に症状が現れる疾患は多くあるため、以下の様な検査を行い、鑑別しながら診断をつけます。
聴力検査
聞こえの検査です。メニエール病では低い音の聞こえが落ちることが特徴ですが、症状が進行している場合は低い音に限らず聞こえが低下することがあります。
平衡機能検査
1)眼振検査:めまい症状があるとき、眼振(無自覚な眼球の震え)が出現することがあります。この眼振を評価するために、フレンツェル眼鏡という特殊な検査用眼鏡を使用します。また眼球の動きを開眼・閉眼・暗所・明所に関わらず電気刺激としてとらえて評価する電気眼振図という検査を施行する場合もあります。
2)重心動揺検査:開眼・閉眼時の体のバランスを評価する検査です。
画像検査
造影剤を使用してMRI撮影することにより、内リンパ水腫の評価が行えます。メニエール病の場合、内耳がむくんでいるため、正常側の内耳と比較するとはっきり左右差を認めます。

治療

メニエール病の原因である内耳のむくみを軽減・改善するため、生活環境の見直しや、薬を用いた治療、機械を用いた治療、そして手術による治療が行われます。
  • 生活環境の改善:睡眠不足や過度のストレスがメニエール病の増悪因子と言われています。睡眠時間の確保やリフレッシュ、有酸素運動が必要となります。
  • 薬物療法:利尿薬を用いて内リンパ水腫の軽減を図り、内耳循環改善薬・ビタミンB12・漢方薬などを用いて症状を抑えます。
  • 中耳加圧療法:専用の機械を用いて耳の中に圧力を上昇させ、内耳のむくみをとることにより症状の改善を図ります。当院でも積極的に行っています。
  • 手術:上記の治療により改善を図れない、めまい症状が頻発する、難聴が増悪する場合、全身麻酔下で手術を行う場合があります。