メニエール病

めまいの病気と考えられがちですが、これは主に難聴をきたす疾患です。
症状は繰り返す難聴と随伴するめまい症状です。内耳にはリンパ液という液体が常に流れています。
メニエール病は別名内リンパ水腫と言われ、内耳が水ぶくれになり機能障害を起こしているのが病態です。治療には尿を出す薬が使われ、これにより水ぶくれの状態は改善されます。
治療は入院が望ましいと考えられ、めまい、難聴の強さによっては入院を余儀なくされることもあります。難聴が強ければ、ステロイドホルモンの使用も併用します。