滲出性中耳炎

鼓膜の内側に無菌性の滲出液がたまってしまうために音がこもってしまう状態です。活動性のある細菌がいないため痛みは伴いませんが、逆に小児の場合は自覚症状がないため家族が気付かないことがあります。これは急性中耳炎、上気道炎の後や、耳管機能障害により、鼓膜が内側にへこんだ状態が続くと水分を細胞から吸い取るかたちとなり、また排水口となるべき耳管機能障害により、滲出液がたまった状態になります。呼びかけに対して子供の反応が悪かったり、テレビの音が大きい場合は一度聞こえの検査をしてみるとよいでしょう。成人では早期から難聴、耳閉感、耳鳴、自声強聴、頭重感など症状が出現します。治療は内服治療や通院により鼻水をきれいにすることとなります。鼓膜を切開し滲出液の排出することにより、速やかに難聴は消失しますが、原因に対する検査と加療をしなければ症状を繰り返すこともあります。
また、滲出液の粘調度が非常に高い場合は繰り返し発生するため、鼓膜チューブを入れることもあります。