口腔癌・舌癌

口腔癌とは

口腔は口唇、舌、口腔底、頬粘膜、上下の歯肉、硬口蓋、臼後三角からなる範囲です。口腔癌はこれらの部位から発生する癌を指します。そのうち約60%を舌癌が占め、そのほとんどが扁平上皮癌です(その他の部位の場合、扁平上皮癌の割合は低くなります)。この項では、特に舌癌を中心に述べていきたいと思います。初期には口内炎と区別が難しく、治りの悪い口内炎は要注意です。

舌癌の臨床的特徴

舌癌は中高年の男性に多く、喫煙・飲酒・口腔内の不衛生などがリスクファクターとなります。また、歯牙との慢性的な接触も原因となることがあります。好発部位は舌側縁(舌の両サイド)で約90%を占めます。腫瘍の発育は外向性、表在性、内向性とさまざまです。症状の多くは痛みであり、大きな潰瘍や内向発育した大きな腫瘍では舌の運動障害により構音障害や嚥下障害をきたします。さらに潰瘍が大きくなって壊死組織が広がると口腔内の悪臭を生じるようになります。頚部リンパ節転移は比較的早期に生じやすく、原発巣が小さい段階でも注意が必要です。頚部リンパ節は予後因子として重要な要素の一つとなります。

診断

舌癌と特に鑑別が必要とされる疾患としては、口内炎や白板症などがあります。びらんを形成するような小さな病変では視診だけでは鑑別が困難で、診断がついたときには進行癌に進展しているケースもあります。そういったことを防ぐために触診を必ず行うようにします。触診によって病変の性状がある程度分かり、悪性腫瘍の場合には硬結として触知することができます。また、粘膜に異常が無いような場合にも粘膜下の状態が分かり診断の助けとなります。

表在性の病変の場合には白斑を伴う事が多く、白板症との鑑別が重要になってきます。白板症は前癌病変と呼ばれ長い経過で悪性化する可能性がありますので癌に準じた治療を行います。

最終的には生検による病理検査が必要です。腫瘍が外向発育性や表在性の小さなものでは病変の一部を取る生検ではなく、周辺の健常組織も含めて切除する切除生検を行い、診断と治療を兼ねる事もあります。

癌と診断されてからは、CTやMRIなどを行い、腫瘍の大きさ、発育の性状、周辺組織への進展具合(口腔底粘膜、舌根や扁桃などの中咽頭、外舌筋)、頚部リンパ節転移の有無などをしっかり把握します。また、消化管癌との重複癌の検査も忘れてはなりません。

治療

口腔癌は基本的に手術が治療法の中心となります。口腔は構音、嚥下機能に関して重要な役割を担っており、治療後の機能の保持も重要となってきます。切除の際には周辺に安全域をつけた一塊切除を心がけます。進行癌では手術による欠損部位が大きくなり、術後の構音・嚥下機能の低下の防止、死腔充填のために遊離皮弁等による再建術が必要となります。再建材料は患者の全身状態や体型なども考慮にいれて選択しますが、太ももの皮膚やおなかの皮膚を使用することが多いです。再建術を施行した場合でも、術後の嚥下等の機能低下は否めなく、嚥下訓練といったリハビリテーションが必要となります。

初診時に頚部にリンパ節転移を認めなくても、治療後数ヶ月して転移をきたすことがしばしばあるので、術後の経過観察では頚部のフォローアップも重要となってきます。