下咽頭癌

下咽頭癌とは

下咽頭は喉頭の後面にあり、食道の入り口に存在する部位です。下咽頭癌は同部に発生した癌で、発生部位(亜部位)により梨状陥凹癌、輪状後部癌、咽頭後壁癌に分けられます。

下咽頭癌の臨床的特徴

下咽頭癌は近年、増加しており喫煙や飲酒がリスクファクターとなります。病理組織型はほとんどが扁平上皮癌で、他の組織型は極めてまれです。亜部位の頻度では、全体の約70%を梨状陥凹癌が占め、ついで後壁癌が約25%、輪状後部癌が約5%となります。下咽頭癌全体では50~70歳代に好発し、男女比は2~4:1です。特に男性では梨状陥凹に多く、女性では輪状後部に多くなっています。予後は頭頸部悪性腫瘍のなかでも悪く、5年生存率は30~40%と言われています。

初発症状は咽頭痛やつかえ感などの咽喉頭異常感で、進行すると嚥下困難・嗄声・耳への放散痛などが出現します。また、下咽頭はリンパ網に富んでいるため早期に頚部のリンパ節への転移が出現します。初期症状に乏しく、これらの症状は比較的進行した状態で出現します。そのため進行した状態で発見される事が多く(約70%以上)、頚部のリンパ節腫脹を主訴に医療機関を受診するケースも多く認められます。

下咽頭癌の約20%程度に、他の部位に同時に悪性腫瘍を認めます。これを重複癌と呼び、他の頭頸部領域や食道に多く認められます。そのため下咽頭癌以外の臨床症状が無くても、術前にルゴール散布を用いた胃カメラなどでこれらの検索を行わなくてはなりません。

下咽頭癌の診断

咽頭痛やつかえ感、嚥下時痛などを訴えて受診した場合には、ファイバースコープ下に下咽頭を観察します。また、耳痛を訴えて受診することもあるので、耳内所見が無い場合などには本疾患も考えなくてはいけません。ファイバー下に粘膜の乱れや潰瘍、隆起性病変などを認めた場合には本疾患を強く疑います。通常のファイバー診察では病変を直視できないことも多くありますが、一側の梨状陥凹に唾液の貯留を認める場合などは本疾患を疑う兆候になります。また、息こらえ下でのファイバー診察や下咽頭ファイバーを用いての診察も有用です。腫瘍が疑われる場合には腫瘍の一部を採取し病理検査を行う必要があります。画像検査では、CTやMRIで腫瘍の進展範囲や転移の有無をチェックします。

下咽頭癌の治療

早期の癌にたいしては経口切除が近年では行われるようになってきました。入院し全身麻酔下に口から内視鏡を挿入し長い鉗子を使用して切除します。腫瘍の範囲が広い場合などには、本治療法が困難ですので放射線治療を行います。これ以上に進行している場合には放射線と抗がん剤を併用した治療を行い、機能を温存した治療を行いますが、治療後の嚥下障害や違和感、乾燥感などが避けられませんので声帯(機能)を温存した手術が可能な場合には手術を行うケースが多いです。
拡大切除では声帯を含めた切除が必要であり治療後のQOLの低下を伴いますが、一側の披裂部の固定や咽頭外に進展するような進行癌に対しては、前記の治療では根治の可能性が低いため手術療法が奨められます。手術は下咽頭・喉頭・頚部食道を切除し(咽喉食摘術)欠損した部位に対しては、腹部を切開し小腸(空腸)を採取して咽頭に移植する必要があります。本手術では声帯を合併切除するため基本的にはお話をすることは不可能となりますが、近年はボイスプロステーシスといって発声機能をとりもどす方法も行われるようになってきています。当科でも本方法をとりいれ多くの症例で施行しています。本方法を行うことによりほとんどの症例では音声によるコミュニケーションを回復できるようになっています。音声の質はやはり声帯の発声に比べると劣り、また自己管理も必要などのデメリットもありますが、以前と比べコミュニケーションがとれるようになったことは大きな進歩と思われます。